派遣社員、契約社員でもボーナスは貰うことができるの?非正規社員のボーナス事情

スポンサーリンク

派遣社員、契約社員でもボーナスは貰うことができるの?非正規社員のボーナス事情

派遣社員、契約社員でもボーナスを貰うことができるのか。

派遣社員や契約社員として働くことを考えている人にとっては気になるのではないでしょうか。

そこで、今回は非正規社員のボーナス事情について紹介していきます。

おすすめ;派遣社員として働いている人の為の転職サイト

ボーナスの位置づけ

そもそもボーナスがどういったものかご存じでしょうか。

企業がボーナスを支給する義務はありません。ですから正社員であってもボーナスを支給しなくてはいけないということはありません。

中小企業は特に、正社員であってもボーナスが貰えないという人も多いです。

ただ、企業にとってボーナスを支給することにはメリットもあります。

まず、社員のモチベーションアップにつながること。モチベーションアップの手段として、やはりお金を与えるということが最適な手段となります。

次に、業績に応じて変動できるという点。ボーナスではなく、基本給をあげてしまうと、なかなか減らすことはできません。

しかし、ボーナスであれば、業績に応じて変動させることが容易である為、業績によって下げることもできますし、時にはゼロとすることも可能になります。

派遣社員、契約社員のボーナス事情

ボーナスはないよりもあるほうが良いに決まっています。では派遣社員や契約社員のボーナス事情はどうなっているでしょうか。

派遣社員のボーナス

派遣社員はボーナスを貰うことができないというイメージを持っている人が多いかもしれませんが、派遣社員の形態によっては必ずしも貰えないわけではありません。

登録型派遣は基本的にボーナスはない

派遣会社に登録して、時給で働く登録型派遣の場合、基本的にはボーナスを貰うことができません。

中には、少しだけ貰うことができる場合もあるそうですが、ほぼ貰うことができないと考えていいでしょう。

派遣社員は基本給は低い若手の正社員に比べて、月給が高くなる場合もありますが、正社員にはボーナスが支給されることによって、結果的に年収では正社員の方が高くなることも多いです。

常用型派遣はボーナスを貰えることもある

派遣社員であっても、常用型派遣であればボーナスを貰える場合も多いです。

常用型派遣は、派遣会社に正社員として雇用された上で、派遣先の企業に派遣されるという派遣形態です。

正社員ですから、時給制ではなく月給制であり、ボーナスもある場合があります。

派遣会社ではなくても、正社員でボーナスがない会社はあるように、ボーナスがあるかないかは会社次第です。

契約社員のボーナス

契約社員の場合には、ボーナスが支給されることも多々あります。

会社によっては、正社員、契約社員ともにボーナスが貰える場合、正社員は貰えるが契約社員はボーナスが貰えない場合、正社員、契約社員ともにボーナスが貰えない場合があります。

ですから、ボーナス支給があるかも会社選びの際の一つの理由として考えておいたほうがいいでしょう。

ボーナスの金額は、貰えるとして正社員に比べて少ないことがほとんどです。

正社員は給料の2ヶ月分だとしても、契約社員は1ヶ月分しか貰えなかったり、同じ2ヶ月貰えるとしても基本給が少ない為、金額が少なくなります。

また、契約が短期間である場合は貰えないことがあります。

ボーナスは、例えば冬のボーナスの場合、4月から9月まで在籍していなければいけないということが多く、10月から働きだしたとしても冬のボーナスをもらうことができません。

10月から3月まで在籍すれば、夏のボーナスを貰うことができますが、契約期間が半年で終わってしまうと1度も貰うことができずに終わってしまうのです。

登録型派遣社員にとってボーナス時期は辛い

ボーナス時期は派遣社員にとて辛い時期ですね。

特に登録型派遣で働いている場合は、同じ職場の人が正社員として働いているわけですからボーナスを貰っています。

周囲がボーナスを支給されて、盛り上がっている中で、一人だけ貰えないのは非常に辛いです。

中にはボーナスを支給されたからと、職場で飲み会で開かれる場合なんかもあります。

もう少し、正社員は気を使う必要があるのかなと感じます。

正社員に向けた取り組みとしてまずやらなくてはいけないのが転職サイトと転職エージェントへの登録です。

今はただでさえ人手不足の企業が多く過去にないくらい正社員になりやすいタイミングとなっていますから、できるだけ早く動くようにしてください。

転職サイトではリクナビNEXTMIIDAS(ミーダス) 、転職エージェントではリクルートエージェントハタラクティブがおすすめです。

求人の量、質、スカウト機能の充実度、エージェント会社なら担当者の質といったものが他に比べて優れています。

リクナビNEXTは国内No.1の転職サイトであり、求人数はもちろん機能面での充実度が高いので転職を希望している人はまず登録しておくべきサイトです。

これから転職しようと思っているならまずは情報収集から。そうなると外すことはできない転職サイトでしょう。

>>公式:リクナビNEXT<<

MIIDAS(ミーダス)は簡単な登録をするだけで自分の市場価値(年収相場)を見ることができるとともに、自分が何をしなくても多くの企業からオファーが届きます。しかもそのオファーは面接確約。

大手転職サービスDODAを運営しているインテリジェンスが運営しているので、過去の豊富なデータに基づいているので安心ですし、自分と同じようなキャリアの人がどうだったかということを見ることもできます。

>>公式:MIIDAS(ミーダス)

リクルートエージェントのメリットは非公開求人の量とエージェントの質。エージェント会社としてもNo.1となっているだけあってかなりしっかりしています。

転職したいなら転職エージェントの利用は必須。

非公開求人の紹介はもちろんですが、転職に関する様々なサポートを受けることができるので合格率に大きな差がでてしまう為です。

>>公式:リクルートエージェント<<

ハタラクティブは他の転職エージェントと比べて未経験可の内定難易度が低い求人が揃っているというメリットがあります。

派遣からいきなり高い経験を求められるような企業に応募したところで内定には至りません、まずは正社員になることが大事であるということを考えた時、このサイトを使う意味は十分にあると思います。

>>公式:ハタラクティブ<<

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ