派遣社員、契約社員で働いていてもキャリアアップができない理由

スポンサーリンク

派遣社員、契約社員で働いていてもキャリアアップができない理由

今の仕事を続けていればいつかはキャリアアップできるかもしれない。そう思いながら派遣社員や契約社員として働いている人は少なくないかもしれません。

ただそういった人は今一度しっかり考えておく必要があります。

本当にキャリアアップできるのか、どのようにキャリアアップしていくことができるのか。

その現実が本当に自分とあっているのかを考えなくてはなりません。

派遣社員や契約社員としてキャリアアップはできるのか?

仕事での経験を積み、専門性を深めたり、仕事の幅を広げることによって、地位向上、年収アップを実現するキャリアアップ。

派遣社員や契約社員として働くことによってこれを実現することは果たして可能なのでしょうか。

仕事内容にもよりますが、確かに仕事をすれば全くの未経験者よりも仕事の能力面でアップするのは確かでしょう。派遣1年目の人と派遣3年目の人では仕事の出来が違いますしね。

また派遣社員や契約社員などの非正規社員に対して教育研修等も行われるようになったので、資格取得なんかもできる場合があります。

ただできるのはそこまで。派遣社員として、契約社員として働いているままでは地位向上や年収アップということはほぼできません。

派遣として働いている限りは時給があがることはあまりないし、契約社員として経験があるから次の仕事で高い年収の仕事が得られるわけではない。それが現実です。

いくら多少仕事での経験があっても、いくら資格をとったとしてそこまでなのです。

そして残念ながら派遣社員や契約社員として経験を積んできたことが、その先に正社員になることに繋がっていくかというと残念ながらそういうわけではありません。

むしろ派遣社員や契約社員として働いてきたことがマイナスになる場合がほとんど。だからこそキャリアアップをすることを考えている人はそのまま派遣社員や契約社員として働くことに対して疑問を持たなくてはなりません。

派遣社員や契約社員がキャリアアップできない理由

ではなぜ派遣社員や契約社員として働いているとキャリアアップができないのでしょうか、なぜ正社員に繋がっていかないのでしょうか。

正社員とは仕事が違う

まず一つ目が正社員とは仕事が違うという点です。

結局派遣社員や契約社員に回ってくる仕事は割と簡単な仕事ばかり。

誰でもできる仕事とは言いませんが、結局入社3年目くらいの人がする仕事程度にとどまり、同じ会社で経験を積んできた人がする仕事とは同様の仕事はできないし、与えられることもありません。

また責任という部分でも大きな違いがあります。たとえ同じ仕事をしたとしても感じる責任の重さはやっぱり全然違います。

その結果、長く派遣社員や契約社員として働くにつれて正社員として働いてきた人とは差が開いていくでしょう。

自分にすれば最初の頃より確かに色々とできるようにはなっているかもしれません。しかしその成長スピードは遅いと考えてください。

中途採用の場で求められるのは年齢相応の経験。年齢が高くなればなるほど、派遣社員や契約社員として働けば働くほどに求められるものからかけ離れていってしまうのです。

会社も育てようとは思わない

会社としても、わざわざ派遣社員や契約社員を育てようなんてことを思いません。

結局長くは働かないとわかっている派遣社員や契約社員。その人自身の為にはなると言っても会社にとってはそんなこと知ったことではなく、わざわざ育てるよりも、できる仕事を任せるのは当然です。

教育をしたり、新しい仕事を覚えてもらうことには、お金も時間もかかります。

正社員であればそれでも将来的に会社の為にはなりますが、派遣社員や契約社員だとそうはなりませんから、わざわざ育てるわけがないんです。

あなたが目指している姿は今のままで達成できますか?

派遣社員として働くこと、契約社員として働くことが必ずしも悪いわけではありません。

その働き方にはその働き方のメリットがあります。

しかしもし働いている理由がキャリアアップであるならば、少しそのまま働き続けることに疑問を持ちましょう。

正直なところ、さっさと正社員を目指して転職活動をするべき。正社員になって初めてキャリアアップすることができると考えなくてはなりません。

正社員に向けた取り組みとしてまずやらなくてはいけないのが転職サイトと転職エージェントへの登録です。

今はただでさえ人手不足の企業が多く過去にないくらい正社員になりやすいタイミングとなっていますから、できるだけ早く動くようにしてください。

転職サイトではリクナビNEXTMIIDAS(ミーダス)、転職エージェントではリクルートエージェントハタラクティブがおすすめです。

求人の量、質、スカウト機能の充実度、エージェント会社なら担当者の質といったものが他に比べて優れています。

リクナビNEXTは国内No.1の転職サイトであり、求人数はもちろん機能面での充実度が高いので転職を希望している人はまず登録しておくべきサイトです。

これから転職しようと思っているならまずは情報収集から。そうなると外すことはできない転職サイトでしょう。

>>公式:リクナビNEXT<<

MIIDAS(ミーダス)は簡単な登録をするだけで自分の市場価値(年収相場)を見ることができるとともに、自分が何をしなくても多くの企業からオファーが届きます。しかもそのオファーは面接確約。

大手転職サービスDODAを運営しているインテリジェンスが運営しているので、過去の豊富なデータに基づいているので安心ですし、自分と同じようなキャリアの人がどうだったかということを見ることもできます。

>>公式:MIIDAS(ミーダス)

リクルートエージェントのメリットは非公開求人の量とエージェントの質。エージェント会社としてもNo.1となっているだけあってかなりしっかりしています。

転職したいなら転職エージェントの利用は必須。

非公開求人の紹介はもちろんですが、転職に関する様々なサポートを受けることができるので合格率に大きな差がでてしまう為です。

>>公式:リクルートエージェント<<

ハタラクティブは他の転職エージェントと比べて未経験可の内定難易度が低い求人が揃っているというメリットがあります。

派遣からいきなり高い経験を求められるような企業に応募したところで内定には至りません、まずは正社員になることが大事であるということを考えた時、このサイトを使う意味は十分にあると思います。

>>公式:ハタラクティブ<<

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ