あなたが派遣を選んだ理由は?転職面接時に答えるなら

スポンサーリンク

あなたが派遣を選んだ理由は?転職面接時に答えるなら

あなたが派遣社員として働くことを選んだ理由はなんですか?

正社員を目指して転職活動を行っていると、その質問を聞かれる場合が多々あります。

おすすめ;派遣社員として働いている人の為の転職サイト

派遣社員を選ぶ理由

なぜ派遣社員として働くことをを選んだのか、それは人によって様々でしょう。

まずは、よくある理由について紹介してみます。

正社員に受からなかったから

本当は正社員で働きたかったのだけれど、仕事が決まらなかった為、仕方なく派遣社員として働いている。

そういった人はかなりの数います。

実際、正社員になる難易度は、派遣社員として働くことに比べればかなり高いのが現実です。

派遣社員の方が仕事が楽だから

正社員にあると、仕事の責任は重いし、面倒な仕事をさせられることが多いが、

派遣社員であれば正社員ほどきつくはなく、仕事自体が楽だから、とりあえず派遣社員として働いている。

仕事が正社員に比べればきつくないというのも、派遣社員のメリットですから、そういう理由の人もいるでしょう。

時間の融通が利く

正社員で働くと、最低でも週5日、1日8時間の勤務は必要になり、残業もしなければいけないことが多いです。

しかし、家庭の事情や、勉強したいといった理由から、そういた働き方ができなかったり、嫌であるという場合も多々あります。

派遣社員は働く時間、そして働く期間を決める自由度が高い為、派遣社員で働いているという人は多いです。

やりたい仕事ができる

やりたい仕事に就きたいと思っても、正社員だと難しいのが実情です。

そもそも難しい正社員が、仕事を絞ることでさらに難しくなってしまいますし、

異動などもあり、例え正社員になれたとしてもやりたいことができるとは限りません。

しかし、派遣社員であれば、やりたい仕事を限定して登録することで、自分の希望通りの仕事に就きやすいです。

これを派遣社員で働く理由にあげる人も多いです。

転職活動時、面接で聞かれたら?

では、転職活動時に面接で派遣社員で働いている理由を聞かれたら、なんて答えるといいでしょうか。

別に、わざわざ本当の理由を言う必要はありません。

少なくとも転職活動で不利になるような理由は述べてはいけません。

派遣社員で働いていた理由として、大切なのは一貫性と、キャリアプランです。

一貫性

派遣社員で働いていた理由、そして今正社員として働きたいと考える理由、これが一貫している必要があります。

例えば、元々正社員で働きたかったけれど、仕事が決まらなかった為に派遣社員として働いていた。ただ、やはり正社員で働きたいから今目指している。

これは非常に納得がいきます。

家族の介護の為、時間的に融通が利く派遣社員でしか働けなかった。しかし、時間的な縛りがなくなった為に正社員を目指している。

これも納得は行きます。

仕事が楽だから派遣社員として働いていたけれど、より給料が高い正社員を目指している。

これでは納得いきません。

キャリアプラン

例え納得の行く理由だとしても、キャリアプランがなければ意味はありません。

なぜ派遣社員として働いていたのかというのは、派遣社員として働いていた事実だけでなく、どういった意図をもって働いていたのかということも問われています。

例えば正社員になりたかったけれどなれなかった場合について考えてみましょう。

正社員になれなかったから、とりあえず生活費を稼ぐ為に派遣社員として働いていた。

これだと、自分のキャリアについて何も考えていないと思われてしまいます。

キャリアについてしっかり考えている人であれば、正社員になれなかったからといってそれで終わらず、

正社員になる為には、どういったスキルを身につける必要があるかを考え、より正社員に近づける派遣の仕事を選ぶと考えます。

ただ働くのではなく、将来についても考えてその道を選ぶ必要があるのです。

何を聞かれているのかを理解することが重要

今回は、派遣を選んだ理由について紹介しました。

ただ、どんな質問であっても、どういったことを聞かれているのだろうと考える癖をつけるようにしましょう。

面接ではあくまで人を評価する為に質問をしているのです。

今回のように派遣を選んだ理由で、その事実を述べても、企業がその人を評価することはありません。

どういった目的だったのか、何を見据えていたのか、そして今はどう考えているのかということをトータルで知りたいのです。

質問の意図をくみ取るというのは、正社員として働きだしてからも必要な能力です。

聞かれたことに対し、その意図をくみ取る練習はしておいたほうがいいです。

正社員に向けた取り組みとしてまずやらなくてはいけないのが転職サイトと転職エージェントへの登録です。

今はただでさえ人手不足の企業が多く過去にないくらい正社員になりやすいタイミングとなっていますから、できるだけ早く動くようにしてください。

転職サイトではリクナビNEXTMIIDAS(ミーダス)、転職エージェントではリクルートエージェントハタラクティブがおすすめです。

求人の量、質、スカウト機能の充実度、エージェント会社なら担当者の質といったものが他に比べて優れています。

リクナビNEXTは国内No.1の転職サイトであり、求人数はもちろん機能面での充実度が高いので転職を希望している人はまず登録しておくべきサイトです。

これから転職しようと思っているならまずは情報収集から。そうなると外すことはできない転職サイトでしょう。

>>公式:リクナビNEXT<<

MIIDAS(ミーダス)は簡単な登録をするだけで自分の市場価値(年収相場)を見ることができるとともに、自分が何をしなくても多くの企業からオファーが届きます。しかもそのオファーは面接確約。

大手転職サービスDODAを運営しているインテリジェンスが運営しているので、過去の豊富なデータに基づいているので安心ですし、自分と同じようなキャリアの人がどうだったかということを見ることもできます。

>>公式:MIIDAS(ミーダス)

リクルートエージェントのメリットは非公開求人の量とエージェントの質。エージェント会社としてもNo.1となっているだけあってかなりしっかりしています。

転職したいなら転職エージェントの利用は必須。

非公開求人の紹介はもちろんですが、転職に関する様々なサポートを受けることができるので合格率に大きな差がでてしまう為です。

>>公式:リクルートエージェント<<

ハタラクティブは他の転職エージェントと比べて未経験可の内定難易度が低い求人が揃っているというメリットがあります。

派遣からいきなり高い経験を求められるような企業に応募したところで内定には至りません、まずは正社員になることが大事であるということを考えた時、このサイトを使う意味は十分にあると思います。

>>公式:ハタラクティブ<<

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ