29歳で派遣社員から正社員に転職した1年で感じたこと、派遣からの脱出はやっぱりメリットが大きかった

スポンサーリンク

29歳で派遣社員から正社員に転職した1年で感じたこと、派遣からの脱出はやっぱりメリットが大きかった

リーマンショックが起きて数年間は、日本国内全体が不況となり赤字企業が増加しました。

企業は採用を控える一方で、経営悪化によって倒産によって職を失う人がいたり、派遣切りやリストラなども相次ぎ、失業者が非常に増えてしまい、正社員どころか、派遣としてすら仕事ができないという人も多いような状況になってしまいました。

しかしその状況は一変。

現在は逆に人手不足で困っている企業は増え、派遣から正社員になるということが非現実的なものではなくなってきました。

もちろんそれでも希望通り正社員になれない人もいます。特に年齢が高くなると正社員になるのがまだまだ難しいというのが現実。とは言えそれでも以前よりはましな状態です。

ただ正社員として働くことができたとしても、色々不安なことがあって正社員になることを躊躇してしまっている人というのもいるでしょう。特に若い人には多いと思います。

今回紹介するのは大学を卒業してから29歳まで派遣として働き、正社員として転職した人の話。実際正社員に転職して1年働いてみたらどうだったかということを紹介します。

29歳で派遣から正社員に転職

私は約1年前にそれまでしていた派遣の仕事から、正社員に転職することができました。

新卒で入社した会社を半年で退職。正社員に転職しようかと思ったこともありますが、最初の仕事がかなり大変だったこともあったのでまたそうだったら嫌だという気持ちが強くなってしまい、結局割と仕事が楽な派遣という仕事を選び、29歳まで続けてきました。

たださすがに30代目前で派遣として働いていると将来に対する不安は大きくなり、また給料もずっと変わらない状況にあったことに不満を感じ正社員への転職を決意。

派遣で経験があった仕事を中心に20社程度受けてなんとか正社員に転職することができました。

派遣から正社員になって感じたこと

派遣として働いていた中ではたくさん大変なこともありました。

正社員と同様の重たい責任の仕事をさせられていたこともあるし、毎日2、3時間の残業をしなくてはいけない場合もありました。

ただそれでもやっぱり正社員として働くことには不安がありましたね。

ただなんだかんだで1年間無事働くことができていますし、今のところは辞めようという気持ちも全くありません。

ここでは1年間働いてみてどうだったかについて話をしていきたいと思います。

給料はそこまで変わらないが、年収としてはアップ

まずは給料。

派遣の時はだいたい時給1300円程度で、残業あわせて月給は25万円程度。ただGWなどがあると勤務日数が減るので給料は減りました。

正社員になった時の給料は額面25万円、残業代を合わせると27万円程度でそこまで大きなアップとはなりませんでした。

ただボーナスがあり、最初のボーナスは査定期間を働いていないので寸志として3万円しか貰えませんでしたが、次は40万円程度も貰えることがあったので、年収としてはかなり大幅増になりました。

また会社には寮があり家賃がかなり低い為、生活費がかからなくなんていうメリットがありましたね。

周囲の目を気にしなくなった

まあこれは勝手な思い込みもあったのかもしれませんが、大学を卒業して20代後半になっても派遣社員として働いているということに対して、周囲からバカにされているんではないかと気にすることは多かったです。

新しい派遣先に行った時にもそうだし、職業欄に派遣先の会社を書くことがあった時も気にしていました。

正社員になれてそういったことで気にすることがなくなったというのは私にとっては大きかったですね。

自分の中で気にしていないつもりでしたが、正社員になってめちゃくちゃ気にしていたんだということに気づきました。

仕事が全然違う、大変にはなった

仕事に関して言うと、派遣で働いていた頃とはやっぱり違います。どっちが大変かと言えば正社員として働くほうが何かと大変。

仕事の責任、プレッシャーは違うし、直接的な仕事以外にも教育関係で色々とやらなくてはいけないことがあったり、付き合いも気にしなくてはいけなかったりで、精神的に疲れることも多いです。

派遣として働いていた頃、なんで正社員と同じような仕事をさせられなければならないのかと思ったこともあったんですが、いざ正社員になると仕事は同じでも実は感じる責任の重さというのは違って、負担は全然違うんだなーと実感しています。

ただ大変でも仕事はそこまで辛いものではないです。むしろ自主的に取り組むことができるようになったので、やりがいに関しては増えました。

半年たったくらいからだいぶ楽に

仕事自体は半年たったくらいからだいぶ楽になりました。仕事を覚え、なんとか自分でできるようになったことが大きかったです。

最初は正直大変でしたね。新入社員と違ってもう29歳。周りもそんなに甘くはないし、自分より年下でばりばり仕事をしている人がいる状況ですから、ゆっくり仕事を覚えていけばいいと言われても居心地の悪さはありました。

新入社員としてその職場で一番下の年齢としてゆっくり仕事を覚えていけるというのは本当に幸せ。最初の大変さは乗り越える覚悟は必要だと思います。

毎月変わらない給料がありがたい

ちなみに自分にとって一つありがたかったのは、毎月給料が変わらないこと。厳密に言うと残業時間によって多少上下しますが、まあ大きな数字ではありません。

派遣の時は稼働日が少ない月の給料は本当に少なくなってしまいましたからね。GWのある5月は数万円少なくなってしまいますから。

変わらない給料をもらえて休日を満喫できる。これは本当にありがたいことです。

なんだかんだ派遣を脱出できて本当に良かった

派遣から正社員になって、確かに仕事自体は大変になりました。

ただそれでも他の色々なことを考えると派遣を脱出できて良かったとしみじみ思います。

1年前の自分は将来が不安で不安で仕方がなかったですしね。

もし正社員になろうかどうか迷っている人がいるならばぜひなった方がいいと思います。

だめなら派遣社員に戻ればいい、派遣社員に戻ることはそれほどハードルが高いことではありませんですから。

派遣から正社員に転職する為に

正社員に向けた取り組みとしてまずやらなくてはいけないのが転職サイトと転職エージェントへの登録です。

今はただでさえ人手不足の企業が多く過去にないくらい正社員になりやすいタイミングとなっていますから、できるだけ早く動くようにしてください。

転職サイトではリクナビNEXTMIIDAS(ミーダス)、転職エージェントではリクルートエージェントハタラクティブがおすすめです。

求人の量、質、スカウト機能の充実度、エージェント会社なら担当者の質といったものが他に比べて優れています。

リクナビNEXTは国内No.1の転職サイトであり、求人数はもちろん機能面での充実度が高いので転職を希望している人はまず登録しておくべきサイトです。

これから転職しようと思っているならまずは情報収集から。そうなると外すことはできない転職サイトでしょう。

>>公式:リクナビNEXT<<

MIIDAS(ミーダス)は簡単な登録をするだけで自分の市場価値(年収相場)を見ることができるとともに、自分が何をしなくても多くの企業からオファーが届きます。しかもそのオファーは面接確約。

大手転職サービスDODAを運営しているインテリジェンスが運営しているので、過去の豊富なデータに基づいているので安心ですし、自分と同じようなキャリアの人がどうだったかということを見ることもできます。

>>公式:MIIDAS(ミーダス)

リクルートエージェントのメリットは非公開求人の量とエージェントの質。エージェント会社としてもNo.1となっているだけあってかなりしっかりしています。

転職したいなら転職エージェントの利用は必須。

非公開求人の紹介はもちろんですが、転職に関する様々なサポートを受けることができるので合格率に大きな差がでてしまう為です。

>>公式:リクルートエージェント<<

ハタラクティブは他の転職エージェントと比べて未経験可の内定難易度が低い求人が揃っているというメリットがあります。

派遣からいきなり高い経験を求められるような企業に応募したところで内定には至りません、まずは正社員になることが大事であるということを考えた時、このサイトを使う意味は十分にあると思います。

>>公式:ハタラクティブ<<

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ