派遣社員と契約社員のどっちで働く?難易度や福利厚生、給料など

スポンサーリンク

派遣社員と契約社員のどっちで働く?難易度や福利厚生、給料など

派遣社員で働くか、それとも契約社員で働くか。

どちらも正社員と違い有期雇用ですが、それぞれにメリット、デメリットがあります。

とりあえず派遣社員、とりあえず契約社員と適当に決めるのではなく、それぞれの働き方を理解して、働き方を決めましょう。

おすすめ:派遣社員として働いている人の為の転職サイト

派遣社員と契約社員どっちがいい?

働き方を考える要素として、給料、福利厚生など様々なものがあります。

それぞれについて紹介して行きましょう。

給料

給料面では、派遣社員だから高い、契約社員だからと言って一概には言えないです。

登録型の派遣社員は時給で働くことがほとんどですが、時給の高い仕事に就くことができれば、月30万円になることもあります。

しかし、年末などの長期休暇の場合には、働くことができずに給料が下がってしまいます。

一方、契約社員の場合は、月給制であることが多く、月々の給料が低くても、大型連休があっても給料が変動しないというメリットがあります。

派遣会社に正社員として雇用される特定派遣も月給制であることがほとんどです。

ボーナス

登録型派遣の場合、ボーナスは基本的にありません。

一方、契約社員や派遣会社の正社員である特定派遣は、ボーナスがでることもあります。

採用の難易度

採用の難易度は、派遣社員に比べて契約社員のほうが難しいことが多いです。

特に、契約社員でも正社員同様に大手企業になるほど難易度が高くなってきます。

しかし、正社員の採用に比べると難易度はかなり低く、大手企業へ採用される可能性も十分にあるため、積極的にチャレンジしたほうが良いでしょう。

正社員へのなりやすさ

派遣社員であれば、派遣先への直接雇用。契約社員であれば、雇用先での正社員登用。

一応、正社員になること道はそれぞれあります。

どちらも、難易度は非常に高いものとなりますが、どちらかというと契約社員のほうが正社員になりやすい傾向があります。

ただ、もし正社員になりたいのであれば直接雇用や正社員登用ではなく、転職活動を目指したほうが可能性は高いですから、働きながらでも転職活動を進めましょう。

雇用期間

有期雇用である派遣社員、契約社員は最大の雇用期間が決まっています。

派遣社員の場合は最大3年。契約社員の場合は最大5年となっています。

福利厚生

福利厚生は、派遣社員であれば派遣元の派遣会社、契約社員であれば直接雇用されている会社に準ずることになります。

福利厚生が充実している大手企業に入ることができたら、保養所などの施設も使えたり、格安で保険の契約をすることができたりもします。

契約社員であれば、大手企業に入ることもそこまで難しくありませんから、良い面であると言えるでしょう。

働きやすさ

派遣社員と契約社員のどちらが働きやすいか。

派遣先、雇用先の会社によっても違ってきますが、派遣社員の方が気が楽と思う人が多いようです。

派遣社員の場合、雇用されているのはあくまで派遣元の派遣会社ですから、何かあった時に派遣元の会社に相談することができます。

しかし、契約社員の場合は直接雇用されているわけですから、直接自分で言わなければなりません。

サービス残業も、派遣元の会社とトラブルになることを避けるために、派遣社員に強いることは少ないです。

安定性

派遣社員にしろ、契約社員にしろ有期雇用である為、安定性の面では正社員に比べ大きく劣ります。

ただ、どちらかというと契約社員のほうが切られる可能性は少なくなります。

しかし、契約社員の場合はもし切られた場合、次の会社も自分で探さなくてはなりません。

派遣社員の場合は、契約社員に比べて切られやすい一方で、もし切られても派遣会社に次の会社を紹介してもらうことができます。

将来性、安定性を考えるなら正社員

派遣社員か契約社員のどちらにするkは、自分の望む働き方に合わせて決めればよいでしょう。

しかし、将来性、安定性を考えるならばやはり正社員です。

もし、正社員になりたいけどなれないから非正規雇用を選んでいるのであれば、正社員になることはあきらめてはいけません。

転職活動は働きながら行うようにしましょう。

正社員に向けた取り組みとしてまずやらなくてはいけないのが転職サイトと転職エージェントへの登録です。

転職サイトでまずおすすめなのがMIIDAS

登録が非常に簡単で質問事項に答えていくだけ。しかもその質問に答えるとあなたの想定年収を推定してくれます。

このサイトの最大のメリットは自分で積極的に動かなくても企業側から面接確約のオファーを貰えるという点。

他の転職サイトのように出ている求人から自分に応募するわけではなく、企業からアクションをとって貰う形になるので、ミスマッチによる無駄な応募が減り、転職活動の手間は格段に減るでしょう。

最初にとりあえず登録しておけば他の転職サイト、転職エージェントを利用しながら、良いオファーが来たら応募するという形でもOK。

手間は全くかからないのに有益性があることを考えたら、絶対に登録しておきたいサイトとなっています。

ちなみに大手企業もそこそこあります。今までどんな企業があるか気になる方は公式HPを見てみてください。

公式HP:MIIDAS

他には転職サイトならリクナビNEXT、転職エージェントならリクルートエージェントハタラクティブがおすすめです。

求人の量、質、スカウト機能の充実度、エージェント会社なら担当者の質といったものが他に比べて優れています。

リクナビNEXTは国内No.1の転職サイトであり、求人数はもちろん機能面での充実度が高いので転職を希望している人はまず登録しておくべきサイトです。

公式HP:リクナビNEXT

リクルートエージェントのメリットは非公開求人の量とエージェントの質。エージェント会社としてもNo.1となっているだけあってかなりしっかりしています。

非公開求人の紹介はもちろんですが、転職に関する様々なサポートを受けることができるので合格率に大きな差がでてしまう為です。

公式HP:リクルートエージェント

ハタラクティブは他の転職エージェントと比べて未経験可の内定難易度が低い求人が揃っているというメリットがあります。

派遣からいきなり高い経験を求められるような企業に応募したところで内定には至りません、まずは正社員になることが大事であるということを考えた時、このサイトを使う意味は十分にあると思います。

公式HP:ハタラクティブ

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ