クビになりやすい派遣社員の特徴、長く働くには?

スポンサーリンク

クビになりやすい派遣社員の特徴、長く働くには?

派遣社員はクビを切られやすいというのはよく言われることです。

とは言え、簡単にクビを切られてしまうと収入は途絶え、生活に影響がでてしまいますから、なんとか避けたいものです。

そこで、今回はクビになりやすい派遣社員の特徴を紹介します。

おすすめ:派遣社員として働いている人の為の転職サイト

派遣社員のクビ切り

正社員をクビにすることは、法律上難しいが、それに比べると派遣社員をクビにすることは比較的容易です。

企業もその柔軟性から派遣社員を雇っているという一面もあります。

基本的に契約途中での解除はNGですが、契約更新しないのはやりやすく、そして契約期間も多く場合3ヶ月程度と短い期間に抑えられています。

契約期間を短くして、更新を繰り返すという形は必ずしも悪いわけではなく、労働者側にとっても、辞めたい時にはすぐ辞めることができるというメリットもあるのですが、一方で雇用者も辞めさせるということが容易になるのです。

ただ、クビにする際にはルールがあります。

ルールについて知りたいならば、以下の記事を参考にしてください。

派遣社員、契約社員は解雇されやすい?雇い止めの実態とは。

派遣先から突然解雇!派遣社員が解雇された時の対処法

クビになりやすい派遣社員の特徴

正社員に比べると、派遣社員はクビになりやすいと言えます。

とは言え、派遣社員であってもクビになりやすい人、クビになりにくい人がいます。

クビになりやすい人はどのような特徴を持っているのでしょうか。

紹介していきます。

どうせ派遣だからという気持ちがある

派遣社員として働くことのメリットに、職責が軽いという点があります。

その分、正社員に比べると給料が安いです。

だからといって、与えられた仕事を適当にしてはいけません。

派遣社員であっても、お金を貰っている限りはしっかり働く必要があります。

どうせ派遣だからといった気持ちを持っていると、手を抜いてしまいがちで、そのことで派遣先の会社に迷惑をかけることになり、その結果クビになってしまうということにつながります。

できないのが当然だと考える

派遣社員として、新たな職場で働きだすと、仕事の仕方もわからす、当然仕事はできません。

それは仕方ないことですし、自分はだめだなんて思う必要もありません。

ただ、派遣社員だから、入ったばかりだということで、できないのが当然だと思ってはいけませn。

派遣社員を雇用する理由は、多くの場合、人手不足が理由です。

いつまでも仕事ができないと、人手不足の解消どころか、むしろ悪化させてしまうことにつながるのです。

成長が見られない

どうせ派遣だから、できなくて当然というと気持ちから、全然成長が見られないと、雇用し続けることを選びません。

派遣社員と言えども、成長していくことは必要と言えるでしょう。

社会人マナーが身についていない

派遣社員と言えども、働く上で社会人マナーが身についていることは必須。

どのレベルで必要かということは、企業によって異なってきますが、最低限のマナーは必ず押さえておきましょう。

中には遅刻早退を繰り返したり、何かと理由をつけて頻繁に休んだり、言葉遣いが悪かったりという人もいます。

これは、派遣元の会社に迷惑をかけることになりますから、注意しましょう。

派遣社員として働くときに心がけたいこと

いくら正社員に比べて給料が安いと言っても、労働力の対価として、お金を貰っていることを忘れてはいけません。

そして、派遣社員を雇う企業は、時給の数倍の額を派遣会社にはらっているわけですから、その分は働いてもらわないと雇う意味がありません。

もちろん、派遣社員で働いていると理不尽なことは多いです。

貰っている給料は安いにもかかわらず、正社員と同じ仕事、責任の重い仕事を押し付けられたり、

全然働かない正社員にこき使われたり。

派遣社員として働いていると、どうしてもそういったことはあります。

ただ、多少は割り切って働くか、正社員に転職するかが必要になります。

正社員に向けた取り組みとしてまずやらなくてはいけないのが転職サイトと転職エージェントへの登録です。

今はただでさえ人手不足の企業が多く過去にないくらい正社員になりやすいタイミングとなっていますから、できるだけ早く動くようにしてください。

転職サイトではリクナビNEXTMIIDAS(ミーダス)、転職エージェントではリクルートエージェントハタラクティブがおすすめです。

求人の量、質、スカウト機能の充実度、エージェント会社なら担当者の質といったものが他に比べて優れています。

リクナビNEXTは国内No.1の転職サイトであり、求人数はもちろん機能面での充実度が高いので転職を希望している人はまず登録しておくべきサイトです。

これから転職しようと思っているならまずは情報収集から。そうなると外すことはできない転職サイトでしょう。

>>公式:リクナビNEXT<<

MIIDAS(ミーダス)は簡単な登録をするだけで自分の市場価値(年収相場)を見ることができるとともに、自分が何をしなくても多くの企業からオファーが届きます。しかもそのオファーは面接確約。

大手転職サービスDODAを運営しているインテリジェンスが運営しているので、過去の豊富なデータに基づいているので安心ですし、自分と同じようなキャリアの人がどうだったかということを見ることもできます。

>>公式:MIIDAS(ミーダス)

リクルートエージェントのメリットは非公開求人の量とエージェントの質。エージェント会社としてもNo.1となっているだけあってかなりしっかりしています。

転職したいなら転職エージェントの利用は必須。

非公開求人の紹介はもちろんですが、転職に関する様々なサポートを受けることができるので合格率に大きな差がでてしまう為です。

>>公式:リクルートエージェント<<

ハタラクティブは他の転職エージェントと比べて未経験可の内定難易度が低い求人が揃っているというメリットがあります。

派遣からいきなり高い経験を求められるような企業に応募したところで内定には至りません、まずは正社員になることが大事であるということを考えた時、このサイトを使う意味は十分にあると思います。

>>公式:ハタラクティブ<<

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ