派遣法改正で、派遣社員は正社員になりやすくなった?正社員になるまでに何年かかる?

スポンサーリンク

派遣法改正で、派遣社員は正社員になりやすくなった?正社員になるまでに何年かかる?

2015年に派遣法が改正されました。

改正の目的は、派遣労働という働き方、およびその利用は、臨時的・一時的なものであることを原則とするという考え方のもと、常用代替を防止するとともに、派遣労働者のより一層の雇用の安定、キャリアアップを図るためであるとされています。

派遣社員を雇うのは一時的なものとして、ずっと派遣社員を使うのは辞め、もっと派遣社員として働いている人の雇用を安定するようにしていきましょうと言うものです。

確かに、正社員に限定した場合の有効求人倍率が1倍を切っているように、正社員の枠は少なく、その変わりに企業は人手不足を補う為に派遣社員を雇用します。

それが慢性化し、たとえずっと人が必要な仕事であっても、派遣社員を雇い続けるようになってしまっています。

では、今回の派遣法改正によって正社員になりやすくなったのでしょうか。

派遣法改正で派遣社員は3年まで

元々、派遣社員として働くのは3年までというルールがありました。

しかし、専門性が必要ないわゆる「26業務」についてはこのルールが適用外となり、何年でもはたらくことが可能でした。

今回の改正では、この適用外が外され、どんな業務であっても期間は3年までと制限されることになりました。

派遣法の内容

もう少し、3年ルールについて詳しく紹介していきます。

派遣法で禁止されているのは、3年以上同じ派遣社員が同じ組織で働くことです。

あくまで同じ組織であり、会社とは違います。

例えば、同じ会社であっても課が変われば、派遣期間はリセットされ働くことが可能になります。

派遣法

また、もともと派遣社員を雇用いた組織は、これまでいた派遣社員を継続して雇用することはできませんが、違う派遣社員であれば雇用することが可能です。

参考:厚生労働省「派遣法改正

正社員ではなくても良いことに注意

もし、派遣社員が優秀で3年を超えても働き続けてほしいと企業側が思った時、正社員になることが可能だと思ったら、それは間違いです。

その人に継続して働いてもらうには、直接雇用する必要がありますが、直接雇用するというのは正社員として雇用されるというわけではありません。

契約社員も直接雇用なのです。

実際、派遣社員から直接雇用された人の多くが契約社員として雇用されています。

正社員になる為にはどれくらいかかる?

では、もし派遣社員から正社員になりたいと思っている場合、どれくらいで正社員になることは可能でしょうか。

途中で契約を切られないとして8年

もし、派遣社員として継続して雇用され続け、運よく契約社員として雇用されたとします。

その後、契約社員から正社員に転換できたとします。

この場合ですと、派遣社員として最大3年、契約社員として最大5年が法律で決まっていますから、合算して8年間となります。

ようは、どんな優秀な人材でも、企業側は8年間は非正規社員として引っ張ることができるわけです。

ほとんどの会社では3年以内に辞めさせる

上記の例は、あくまで上手くいった時の一例にすぎません。

基本的には派遣社員として働くことができる3年以内に辞めさせます。

例え辞めさせたとしても、また次の派遣社員を雇用することが可能となりますから、人材不足にはなりません。

もちろん、3年経験した派遣社員と、新たに雇用する派遣社員では仕事ぶりに違いがあります。

ただ、そうであっても直接雇用するリスクをとることを選択しません。

中には1年で正社員になれた人も

もちろん、中には派遣社員であっても正社員にすぐになれた人もいます。

最初は派遣社員として働いたが、1年程度で正社員の話を持ち掛けられ、そのまま正社員になったというわけです。

特に契約社員になることもなく、すぐに正社員になれるのです。

ただ、やはりそれはかなり低い確率であり、かなり優秀であると認められること、会社が優秀な人材を正社員にする意思があることの両方が必要になります。

かなりハードルが高く、淡い期待は単に時間の無駄になることも

派遣社員から正社員になることを考えた時、やはりハードルが高いと言わざるを得ず、淡い期待をもって派遣社員として働いいても、結局無駄になることが多いのが現状です。

今回の派遣法では、専門26業種であっても3年までと制限されるようになりました。

その結果は、3年以上働いてもらう為に正社員として雇用するのではなく、単に違う派遣社員を雇用するか、契約社員として雇用するかを選びます。

その為、やはり正社員にはなりにくく、非正規社員として働き続けることを強いられる状況になってしまっています。

もし、正社員として働きたいと考えているならば、自分で転職活動を進めなければなりません。

正社員に向けた取り組みとしてまずやらなくてはいけないのが転職サイトと転職エージェントへの登録です。

今はただでさえ人手不足の企業が多く過去にないくらい正社員になりやすいタイミングとなっていますから、できるだけ早く動くようにしてください。

転職サイトではリクナビNEXTMIIDAS(ミーダス) 、転職エージェントではリクルートエージェントハタラクティブがおすすめです。

求人の量、質、スカウト機能の充実度、エージェント会社なら担当者の質といったものが他に比べて優れています。

リクナビNEXTは国内No.1の転職サイトであり、求人数はもちろん機能面での充実度が高いので転職を希望している人はまず登録しておくべきサイトです。

これから転職しようと思っているならまずは情報収集から。そうなると外すことはできない転職サイトでしょう。

>>公式:リクナビNEXT<<

MIIDAS(ミーダス)は簡単な登録をするだけで自分の市場価値(年収相場)を見ることができるとともに、自分が何をしなくても多くの企業からオファーが届きます。しかもそのオファーは面接確約。

大手転職サービスDODAを運営しているインテリジェンスが運営しているので、過去の豊富なデータに基づいているので安心ですし、自分と同じようなキャリアの人がどうだったかということを見ることもできます。

>>公式:MIIDAS(ミーダス)

リクルートエージェントのメリットは非公開求人の量とエージェントの質。エージェント会社としてもNo.1となっているだけあってかなりしっかりしています。

転職したいなら転職エージェントの利用は必須。

非公開求人の紹介はもちろんですが、転職に関する様々なサポートを受けることができるので合格率に大きな差がでてしまう為です。

>>公式:リクルートエージェント<<

ハタラクティブは他の転職エージェントと比べて未経験可の内定難易度が低い求人が揃っているというメリットがあります。

派遣からいきなり高い経験を求められるような企業に応募したところで内定には至りません、まずは正社員になることが大事であるということを考えた時、このサイトを使う意味は十分にあると思います。

>>公式:ハタラクティブ<<

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ