30代で派遣から正社員に転職できた秘訣とは?私が行ってきた転職活動の取り組み方

スポンサーリンク

30代で派遣から正社員に転職できた秘訣とは?私が行ってきた転職活動の取り組み方

私は大学を卒業して以来、正社員に転職するまでずっと派遣社員として色々な仕事をしてきました。

別に仕事でやりたいこともなかったし、仕事ばかりの人生が嫌だったし、大学時代に遊んでばかりで就職活動もしていなかったので、自然と派遣社員になってそのまま時間が過ぎていきました。

リーマンショックの際は派遣切りも経験して、かなりしんどい思いもしました。

30代で初めて正社員になれました

私が正社員に向けて転職活動を始めたのは33歳の時。

特に大きなきっかけがあったというわけではないんですが、将来への不安や同年齢との格差、周囲に言動など色々なことが積み重なって、正社員になろうと決めたんです。

30代になって今更正社員になろうと思ったって、そう簡単になれるものではないということはよく知っていました。

とはいえ、このまま派遣社員を続けていたところで、正社員になれる可能性はどんどん減っていくだけ。今やらなきゃまずいと自分に言い聞かせていました。

結果からいうと、転職活動をした期間は11ヶ月。76社受けてようやく1社から内定がでて、今は正社員として働いています。

正社員になるまで

11ヶ月で76社って、平均からみれば相当時間も労力もかかっていると思います。

まあ正直大変でしたね、なんてたって最初は右も左もわからない状態。

とりあえず転職サイトに複数登録して、転職サイト経由で応募したりハローワークから求人を探して応募する日々が続きました。

しかし結果はことごとく惨敗。まず書類選考にも全然受からないし、唯一受かったものも1次面接で落とされました。

まあ今考えれば当たり前。履歴書はなんとなく自分で考えて書いていたので質がめちゃくちゃ低いし、面接も練習なんてしていないからグダグダ。

ただでさえこれまで派遣しかしてこなかったということで不利なのに、これではどうしようもありません。

半年くらいそんな感じで過ごしていたんですが、あまりに受からなさに一度心が折れました。そして約3ヶ月間、求人を見るくらいで応募もせずにだらだら過ごす日々を送っていました。

ただ3ヶ月くらいたったあたりからまたモチベーションが復活して、再度本格的に転職活動をすすめることになります。

さすがにこのまま同じように転職活動をしても、いつまでたっても結果はでないだろうと思って、そこからは色々と改善に取り組みました。

自分なりにやらなくて行けないと思ったのが以下の三つのこと。

  • 履歴書の質をあげる
  • 面接はしっかり練習する
  • 身の丈に合った会社から選ぶ

最初は面談とかが面倒だったので、転職エージェントの利用も避けていたんですが、上記のことをやろうと思うと自分ひとりでは無理だったので利用しました。

転職エージェントは、私のように派遣で30代の人間に対して厳しく、紹介できる仕事がないと断られることもあると聞いていたのですが、私の場合には特にありませんでしたね。

再開した転職活動は、転職エージェントの手助けや自分自身の意識の変化によって、それまでやっていたものとは変わりました。

書類選考もぼちぼち受かり、面接に挑めるようになっていったのです。

ただ面接はなかなか受かりません。練習はしてもやっぱ本番とは違いますね。上手く答えられないことが毎回ありました。

それでも本番に挑んだこと自体が大きな経験となって、とうとう1社から内定を貰うに至りました。そして11ヶ月の長い転職活動が幕をとじたのです。

内定後はわりとすんなりいきました。

会社から1ヶ月後には来てほしいと言われていたのですが、契約期間が残り2ヶ月あり、契約途中で辞めざるを得なくなったのですが、派遣会社の担当者や派遣先企業の上司も理解してくれて契約途中でもすんなり退職することができました。

怒られるどころか、おめでとうという言葉をかけられとてもありがたかったです。

妥協しないなんて無理

転職する際には、妥協してはいけないだとかいう言葉もありますが、30代でこれまで派遣しかやってこなかった人間が、自分が本当に望んでいる企業なんていけるわけありません。

私だって理想は年間休日は120日以上、給料は同年齢の平均程度がいいですよ。

でもこれまでたいした経験もせず、年齢相応のスキルも身についていない人間が、そんなことを望んだところで希望通りの会社に行ける可能性なんて限りなく低いのが現実です。

絶対に何かしらの妥協は必要だと思います。

私も色々なことを妥協しました。

妥協することは悪いことばかりではないです。現に私は派遣の頃に比べれば今のほうが全然幸せです。

理想ばかり追い求めて希望の会社に受からないまま派遣を続けるよりはずっと良かったと思います。

正社員に向けた取り組みとしてまずやらなくてはいけないのが転職サイトと転職エージェントへの登録です。

今はただでさえ人手不足の企業が多く過去にないくらい正社員になりやすいタイミングとなっていますから、できるだけ早く動くようにしてください。

転職サイトではリクナビNEXTMIIDAS(ミーダス)、転職エージェントではリクルートエージェントハタラクティブがおすすめです。

求人の量、質、スカウト機能の充実度、エージェント会社なら担当者の質といったものが他に比べて優れています。

リクナビNEXTは国内No.1の転職サイトであり、求人数はもちろん機能面での充実度が高いので転職を希望している人はまず登録しておくべきサイトです。

これから転職しようと思っているならまずは情報収集から。そうなると外すことはできない転職サイトでしょう。

>>公式:リクナビNEXT<<

MIIDAS(ミーダス)は簡単な登録をするだけで自分の市場価値(年収相場)を見ることができるとともに、自分が何をしなくても多くの企業からオファーが届きます。しかもそのオファーは面接確約。

大手転職サービスDODAを運営しているインテリジェンスが運営しているので、過去の豊富なデータに基づいているので安心ですし、自分と同じようなキャリアの人がどうだったかということを見ることもできます。

>>公式:MIIDAS(ミーダス)

リクルートエージェントのメリットは非公開求人の量とエージェントの質。エージェント会社としてもNo.1となっているだけあってかなりしっかりしています。

転職したいなら転職エージェントの利用は必須。

非公開求人の紹介はもちろんですが、転職に関する様々なサポートを受けることができるので合格率に大きな差がでてしまう為です。

>>公式:リクルートエージェント<<

ハタラクティブは他の転職エージェントと比べて未経験可の内定難易度が低い求人が揃っているというメリットがあります。

派遣からいきなり高い経験を求められるような企業に応募したところで内定には至りません、まずは正社員になることが大事であるということを考えた時、このサイトを使う意味は十分にあると思います。

>>公式:ハタラクティブ<<

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ