つなぎ派遣しながら転職活動する場合の注意点

スポンサーリンク

つなぎ派遣しながら転職活動する場合の注意点

正社員になれずにとりあえずつなぎ派遣として働きながら転職活動を進めることを考える人もいるかと思います。

ただ、働きながら転職活動を進めることは大変であったり、制約されることもあります。

おすすめ;派遣社員として働いている人の為の転職サイト

つなぎ派遣で転職活動すると

派遣しながら転職活動する際、知っておきましょう。

契約期間内の退職は基本的にできない

派遣社員として働き出すと、基本的に契約期間内は退職することができません。

正社員であれば、転職先が決まったので退職する意思を告げれば、2週間で辞めることができます。

しかし、有期雇用である派遣社員の場合、退職にはやむを得ない事情が必要となり、転職先が決まったという理由では退職できないでしょう。

もちろん、絶対退職ができないわけではありません。

派遣元の会社、派遣先の会社の了承を得ることができれば契約中であっても退職することが可能になります。

もし転職先が見つかったら、派遣先、派遣元の会社に退職の了承を得るか、契約期間が終わるまで転職先の会社に待ってもらう必要があります。

面接に休みをとる必要がある

転職の面接は基本的に平日の就業時間内に行われます。

ですから書類選考が通過し、面接を受ける場合には休みをとる必要があります。

正社員でさえ有給休暇が使えない会社が多い中で、派遣社員の立場でとることはちょっと難しいかもしれません。

働き出してから間もないと、そもそもないかもしれません。

もちろん、有給休暇は権利なので気にせずとってもいいのですが、職場での人間関係が悪くなってしまうこともありえます。

その為、なんとかうまい理由を使って休む必要があるでしょう。

仕事で疲れて転職活動が進まない

派遣しながら転職活動を進める上で、日々の仕事に疲れてしまって転職活動がなかなか進まないというリスクがあります。

実際に転職活動をしてるとわかりますが、企業研究をして受ける企業を決めたり、履歴書を書いたり、面接の練習をしたりと、それなりにやることがあります。

仕事が終わって疲れているとついつい後回しにしてしまい、応募にすらなかなかたどり着かないという状態になってしまう人も多いです。

転職活動時の注意点

では、つなぎ派遣しながら転職活動をする際の注意点を紹介します。

派遣は契約期間が短いものを選ぶ

できれば派遣は契約期間が短いものを選びましょう。

2ヶ月や3ヶ月程度なら、転職先が決まってからの残りの契約期間も短く、転職先に待ってもらえることが多いです。

しかし、半年や1年だと契約期間中に退職しなければならないことになり、面倒が生まれてしまいます。

契約期間中に退職する場合は誠実に理由を話す

中にはどうしても契約期間中に退職しなければいけないこともあるでしょう。

そうなったら仕方がありませんから誠実に理由を話しましょう。

まずは派遣元会社に相談し、その後派遣先の上司に相談するようにしてください。

基本的には派遣社員から正社員に転職が決まったことを前向きに捉えて送り出してくれる場合が多いです。

派遣先の上司とは良好な関係を築いておく

派遣先の上司とはできる限り良好な関係を築いておいてください。

仕事をする面でもやりやすくなるだけでなく、転職活動に対して応援してくれる場合も多々あります。

そうなると面接がある場合に休みをとりやすくなったり、もし契約期間内に退職することになっても、快く送り出してくれます。

休みをとれなくても対応してもらうことはできる

万が一休みがとれないという状況に陥った場合もあきらめないでください。

転職先の企業も働きながら転職活動をする人に対して理解を示してもらえます。

そして、就業時間後に面接を行ってくれるなどの対応をとってくれる場合が多いです。

もし休みがとれない場合は、転職エージェントなりに相談するといいでしょう。

忙しさを言い訳に転職活動を後回しにしない

決して忙しさを言い訳に転職活動を後回しにしないでください。

いつまでたっても転職先は見つからず、正社員にはなりません。

だいたい後回しにする人は結局転職活動をしなくなり、派遣社員として働き続けることになります。

そして、年齢が高くなった時になんであの時やってなかったんだろうと後悔することになります。

モチベーション維持が大切

働きながら転職活動を行うのはやはり大切です。

ですから、自分なりに奮い立たせるように心がけてください。

正社員になるのは若ければ若いほうが有利です。

年齢が高くなるほど不利になります。

ですから、後回しにせず今やらなければなりません。

多少きつくとも、将来の為に粘り強く続けていきましょう。

正社員に向けた取り組みとしてまずやらなくてはいけないのが転職サイトと転職エージェントへの登録です。

今はただでさえ人手不足の企業が多く過去にないくらい正社員になりやすいタイミングとなっていますから、できるだけ早く動くようにしてください。

転職サイトではリクナビNEXTMIIDAS(ミーダス) 、転職エージェントではリクルートエージェントハタラクティブがおすすめです。

求人の量、質、スカウト機能の充実度、エージェント会社なら担当者の質といったものが他に比べて優れています。

リクナビNEXTは国内No.1の転職サイトであり、求人数はもちろん機能面での充実度が高いので転職を希望している人はまず登録しておくべきサイトです。

これから転職しようと思っているならまずは情報収集から。そうなると外すことはできない転職サイトでしょう。

>>公式:リクナビNEXT<<

MIIDAS(ミーダス) は簡単な登録をするだけで自分の市場価値(年収相場)を見ることができるとともに、自分が何をしなくても多くの企業からオファーが届きます。しかもそのオファーは面接確約。

大手転職サービスDODAを運営しているインテリジェンスが運営しているので、過去の豊富なデータに基づいているので安心ですし、自分と同じようなキャリアの人がどうだったかということを見ることもできます。

>>公式:MIIDAS(ミーダス) <<

リクルートエージェントのメリットは非公開求人の量とエージェントの質。エージェント会社としてもNo.1となっているだけあってかなりしっかりしています。

転職したいなら転職エージェントの利用は必須。

非公開求人の紹介はもちろんですが、転職に関する様々なサポートを受けることができるので合格率に大きな差がでてしまう為です。

>>公式:リクルートエージェント<<

ハタラクティブは他の転職エージェントと比べて未経験可の内定難易度が低い求人が揃っているというメリットがあります。

派遣からいきなり高い経験を求められるような企業に応募したところで内定には至りません、まずは正社員になることが大事であるということを考えた時、このサイトを使う意味は十分にあると思います。

>>公式:ハタラクティブ<<

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ