派遣社員への偏見、差別の実態、バカにされ、負け組と言われることも。

スポンサーリンク

派遣社員への偏見、差別の実態、バカにされ、負け組と言われることも。

派遣社員で働いている中で、派遣であることを馬鹿にされたり、負け組と言われたりした経験をある人もいるでしょう。

また、実際に言われないまでも、見下した態度をとられた経験がある人は多いのではないでしょうか。

今回は、派遣社員に対する偏見、差別の実態について紹介します。

派遣社員として働いている人の為の転職サイト

派遣社員への偏見、差別の言動

派遣社員で働いて、実際に差別的発言をされたという人はたくさんいます。

いくつか例を紹介しましょう。

底辺、負け組

ストレートに派遣社員のことを底辺、負け組扱いしてくる人がいます。

確かに、派遣社員は一般的に正社員に比べて給料が低く、雇用も不安定であるとされています。

また、派遣社員は正社員になれなかった人がなるという誤認識もあります。

だからといって、それをストレートに言ってくる人は人としてどうかしているとは思いますが。

将来どうするの

派遣社員なんてやってて将来どうするの?

非常に余計なお世話。

そんなことは、本人が一番わかっていることだし、言われる必要もありません。

言ってくる人は、馬鹿にして言ってくる人もいれば、本当に心配して言ってくるような人もいますが。

給料を馬鹿にする

給料低くてどうやって生活してるの?生活苦しいでしょ。

そんなことを言ってくる人もいますね。

強制参加の飲み会に参加させておいて、お金きついでしょなんて言ってくる人もいます。

そんな心配するなら飲み会断らせろという感じ。

気楽でいいね

派遣社員は責任なくて気楽でいいよね。早く帰れていいね。

正社員と派遣社員では仕事が違う為、そういったことを言われた経験がある人も多いのではないでしょうか。

じゃあ派遣社員になればいいじゃんって言いたくなりますね。

挨拶の無視

派遣社員に対して、挨拶を無視するといったあからさまな行動をする人もいるみたいです。

社会人としてのマナーができていない人もいるのです。

なぜ派遣社員は偏見、差別されるのか

なぜ派遣社員に対して偏見を持ったり、差別するような人がいるのでしょうか。

大きく2つの原因があります。

  • 派遣社員に対して勘違いしている
  • 優越感を得たい

派遣社員に対して勘違いしている

正社員として働いている人の中で、派遣社員に対して勘違いしている人がいます。

まず仕事面。

正社員とは経験も違いますから、能力で劣るのは当然のことです。

にも関わらず、同様のことを求める人がいます。

できて当然と勘違いしているのです。

そもそも派遣社員は契約内容に応じた仕事をします。

ただ、実際に周りで働いている人が、その契約内容を知らずに、何でもかんでも仕事をさせていい、正社員同様の仕事をさせていいと思ってます。

結果として、能力に満たない、仕事ができないことに対していらだちを覚えたりし、派遣社員は使えない、仕事ができないといったイメージを持ってしまっています。

また、その働き方に勘違いをしている人も多いです。

派遣社員は正社員になれなかった人ではないし、望んで働いている人もいます。

正社員で働いている人は、正社員で働くという選択肢が正しいと思っている為、その働く方を受け入れることができないのです。

優越感を得たい

仕事に対するストレスが多く、日々イライラしている人で、優越感を得て、満足しようとする人がいます。

自分は偉い、自分はすごいと心のどこかで思いたいんでしょうね。

だいたい、こういった人は劣等感を持っています。

他の同僚に対してであったり、できる派遣社員に対してであったり。

それをごまかそうと、くだらない優越感に浸ろうとするのです。

もし直接的に言われたら

正直言って、くだらないことを言ってくる人はいます。

もし言われたらどうすればいいでしょう。

もし我慢できるのであれば、我慢してもいいですがあまりにひどい場合は行動にうつしたほうがいいです。

誰がそういったことをしてくるかにもよりますが、

派遣先の上司に直接相談するというのは有効な手です。

もし、上司もそういった発言をしてくるのであれば、派遣元の会社に相談しましょう。

そして、契約更新をせずに辞めるのが得策です。

こういった問題であれば、新たな派遣先もすぐに紹介してくれるでしょう。

そんな会社で働き続けるメリットはありません。

さっさと辞めるのがいいでしょう。

正社員に向けた取り組みとしてまずやらなくてはいけないのが転職サイトと転職エージェントへの登録です。

転職サイトでまずおすすめなのがMIIDAS

登録が非常に簡単で質問事項に答えていくだけ。しかもその質問に答えるとあなたの想定年収を推定してくれます。

このサイトの最大のメリットは自分で積極的に動かなくても企業側から面接確約のオファーを貰えるという点。

他の転職サイトのように出ている求人から自分に応募するわけではなく、企業からアクションをとって貰う形になるので、ミスマッチによる無駄な応募が減り、転職活動の手間は格段に減るでしょう。

最初にとりあえず登録しておけば他の転職サイト、転職エージェントを利用しながら、良いオファーが来たら応募するという形でもOK。

手間は全くかからないのに有益性があることを考えたら、絶対に登録しておきたいサイトとなっています。

ちなみに大手企業もそこそこあります。今までどんな企業があるか気になる方は公式HPを見てみてください。

公式HP:MIIDAS

他には転職サイトならリクナビNEXT、転職エージェントならリクルートエージェントハタラクティブがおすすめです。

求人の量、質、スカウト機能の充実度、エージェント会社なら担当者の質といったものが他に比べて優れています。

リクナビNEXTは国内No.1の転職サイトであり、求人数はもちろん機能面での充実度が高いので転職を希望している人はまず登録しておくべきサイトです。

公式HP:リクナビNEXT

リクルートエージェントのメリットは非公開求人の量とエージェントの質。エージェント会社としてもNo.1となっているだけあってかなりしっかりしています。

非公開求人の紹介はもちろんですが、転職に関する様々なサポートを受けることができるので合格率に大きな差がでてしまう為です。

公式HP:リクルートエージェント

ハタラクティブは他の転職エージェントと比べて未経験可の内定難易度が低い求人が揃っているというメリットがあります。

派遣からいきなり高い経験を求められるような企業に応募したところで内定には至りません、まずは正社員になることが大事であるということを考えた時、このサイトを使う意味は十分にあると思います。

公式HP:ハタラクティブ

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ