派遣イジメの実態。私はこうして派遣の仕事を辞めた。辞めたい人はすぐ辞めたほうがいい

スポンサーリンク

派遣イジメの実態。私はこうして派遣の仕事を辞めた。辞めたい人はすぐ辞めたほうがいい

派遣先の職場でいじめにあっている、そんな悩みを抱えている人も結構多いかもしれませんね。

職場でのイジメは派遣社員に限る話ではなく、正社員として働いている人にもあるにはありますが、派遣社員の場合は職場に相談できる相手がいない、その職場での経験が少ない、正社員と立場が違うなどの理由から悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

実際に派遣社員が退職する理由として人間関係が悪いというのが常に上位にいます。

そこで今回は派遣イジメの実態や、職場イジメの体験談について紹介していきます。

よく聞く派遣イジメの実態

派遣イジメ。具体的にどういったことをされるのでしょうか。

仕事を教えて貰えない

まず一つ目の例が仕事を教えて貰えないということ。

指導を任された人が、特別忙しいわけでもないのにろくに仕事を教えてくれなかったり、上司もそのことについて改善しようと動いてくれなかったり、こっちには仕事のやる気があるにも関わらずやれるような環境を整えてくれないなんてことはよく聞きます。

にも関わらず仕事ができなかったり、わからないというと上司に怒られ、最終的にやる気がない、能力が低いという理由から更新をきられるなんてこともあるみたいですね。

派遣であることを馬鹿にされる

周りの正社員として働いている人から、「なんでそんな年で派遣なんてやってるの?」だとか「給料も低いしボーナスもないんでしょ?」だとか、デリカシーがない言葉を言われるなんてことは多くの人が経験しているでしょう。

ただそれは単にデリカシーがない人だけではなく、悪意を持って、馬鹿にするという意思を持って言ってくる人もいるのです。

他にも「派遣だから使えない」、「派遣だから仕事ができない」なんて言葉を言われたという人もいるそうです。

無視される

仕事を教えて貰えないどころか、聞いた質問にすら答えてもらえなかったり、挨拶をしても無視されたりしたことがあるという人もちらちら聞きます。

それも一人や二人でなく職場全体としてそういった行為に及ぶ場合もあるみたいです。

良い大人が、ただ立場が違うというだけで無視をする。そんなくだらないことが現実にあるのです。

無茶苦茶な仕事の与え方

私の知人で派遣社員をしていた友人は、上司からの仕事の振り方が単に嫌がらせとしか思えなかったということを理由に仕事を辞めました。

明らかに誰もが嫌がる仕事ばかりを与えたり、できるわけがない仕事を与えたりと、上司の性格が悪いとかなり苦労します。

職場でのイジメ体験談

ここからは、実際に派遣社員として働いていた中でイジメにあった話を紹介します。

私は新卒で正社員として働いていた会社を2年で辞め、それ以降派遣社員として働くようになりました。派遣を選んだ理由は、正社員ほど仕事を頑張る気にはなれないというのが本音でした。

まあそんな話はおいといて、実際に私が派遣でいじめにあった話を紹介したいと思います。

あれは28歳になった頃。24歳から派遣を始めて、3社目の会社に派遣されました。

派遣された会社はそこそこ大手で、仕事内容としては事務。それまでも事務としての経験はあったし、そこそこ大手だから制度面等も充実していることから働き出すまでは不安はありませんでした。

ただ、残念なことに私にとってその職場は最悪な職場だったのです。

入社してからというもの本来私に仕事を教えてくれるはずの人が、忙しいの一点ばりで全然仕事を教えてくれませんでした。最初は忙しいから後でだとか、手が空いたらだとか言われていたのでとりあえず本来の自分の仕事ではなくても自分でできる仕事を見つけて働いていました。

しかしそれが2週間続き、さすがにまずいと思った私はその職場の上司に相談しました。もちろん言い方を考えて、あまりその人を悪者にはしないようにしたつもりです。

その結果、上司はその指導担当の人を注意しました。私としては担当の人を変えて貰いたかったのですが、そう上手くはいきませんでした。

ただこれによって事態はさらに最悪になります。

その指導担当の人はは職場にもともとあったペラペラのマニュアル書だけを与え、何の説明もしてくれず教えてもいないことを教えたと言い張り仕事を与え、それができない私を怒ってきます。

しかも仕事ができないというその結果だけを上司に言ったり、他の同僚にも言いふらし、私が職場に居づらい環境をどんどん作っていったのです。最終的には他の人からも馬鹿にされるようになってしまいました。

たぶん純粋に私のことが嫌いだったんだと思います。だからと言ってそんな仕打ちはないでしょ。

結果私は最初の更新時点でその会社を辞めることにしました。派遣会社にはいじめについて相談もしましたが、いじめがなくなったところで居づらいことに変わりはなかったんでいじめの事実の報告と更新しない意思をつげて終わりです。

更新は3ヶ月おきだったんですが、1ヶ月半の時点ではもう更新しないと告げましたね。たぶん私が更新を希望しても派遣先の上司が拒否すると思ったんですが、それは腹がたったので先手をうちました。

その後はまた違う会社にすぐ派遣してもらうことができました。早く更新しない意思を告げたことが良かったみたいです。

ちなみにその後、32歳で正社員として働くまでに2社経験しましたが、どちらもそこそこ働きやすい環境ではありました。

いじめにあったら辞めるという選択肢をもとう

派遣社員として働くメリットは、1社だけに縛られずに働きにくい会社はこちらから拒否できるという点。

実際に派遣いじめがあるからこそ、そのメリットを生かし辞めるといった選択肢を持つことも時には必要なことです。

無理に働き続け、ストレスをため込むことのないように気を付けましょう。

正社員に向けた取り組みとしてまずやらなくてはいけないのが転職サイトと転職エージェントへの登録です。

今はただでさえ人手不足の企業が多く過去にないくらい正社員になりやすいタイミングとなっていますから、できるだけ早く動くようにしてください。

転職サイトではリクナビNEXTMIIDAS(ミーダス) 、転職エージェントではリクルートエージェントハタラクティブがおすすめです。

求人の量、質、スカウト機能の充実度、エージェント会社なら担当者の質といったものが他に比べて優れています。

リクナビNEXTは国内No.1の転職サイトであり、求人数はもちろん機能面での充実度が高いので転職を希望している人はまず登録しておくべきサイトです。

これから転職しようと思っているならまずは情報収集から。そうなると外すことはできない転職サイトでしょう。

>>公式:リクナビNEXT<<

MIIDAS(ミーダス) は簡単な登録をするだけで自分の市場価値(年収相場)を見ることができるとともに、自分が何をしなくても多くの企業からオファーが届きます。しかもそのオファーは面接確約。

大手転職サービスDODAを運営しているインテリジェンスが運営しているので、過去の豊富なデータに基づいているので安心ですし、自分と同じようなキャリアの人がどうだったかということを見ることもできます。

>>公式:MIIDAS(ミーダス) <<

リクルートエージェントのメリットは非公開求人の量とエージェントの質。エージェント会社としてもNo.1となっているだけあってかなりしっかりしています。

転職したいなら転職エージェントの利用は必須。

非公開求人の紹介はもちろんですが、転職に関する様々なサポートを受けることができるので合格率に大きな差がでてしまう為です。

>>公式:リクルートエージェント<<

ハタラクティブは他の転職エージェントと比べて未経験可の内定難易度が低い求人が揃っているというメリットがあります。

派遣からいきなり高い経験を求められるような企業に応募したところで内定には至りません、まずは正社員になることが大事であるということを考えた時、このサイトを使う意味は十分にあると思います。

>>公式:ハタラクティブ<<

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ