派遣として働く場合の事務の仕事内容、正社員との違いは?

スポンサーリンク

派遣として働く場合の事務の仕事内容、正社員との違いは?

派遣社員として働く中で、事務の仕事を選ぶ人は多いのでしょうか。

派遣の仕事として募集されている中でも、件数が多く、特別なスキルが必要となるわけではないので、人気のある仕事です。

そこで、今回は派遣として働く場合の事務の仕事内容や、正社員との違いについて紹介していきます。

おすすめ;派遣社員として働いている人の為の転職サイト

事務の仕事内容

事務として仕事を行う場合、以下のような仕事を行うことが多いです。

  • 電話応対
  • 来客応対
  • 印刷、コピー
  • 書類作成
  • 会議準備
  • 備品管理
  • データ整理

さらに、ここから、事務の種類によっては、仕事が増えます。

医療事務であれば、医療費の計算や受発注業務も行う営業事務、英語にスキルを生かした英語事務なんかもあります。

また、上記で上げた仕事は一般的に言われている仕事であり、企業によってや、配属先の部署によって、仕事内容が多少変わってきます。

派遣として働く場合、あらかじめどんな仕事内容なのかを確認しておくといいでしょう。

求められるスキル

医療事務、英語事務であればスキルも必要となりますが、

一般事務であれば、仕事を行う上で、特別なスキルを求められることは少ないです。

ただ、事務である以上、PCのスキルやビジネスマーは身につけておく必要があります。

PCのスキルは、エクセルやワードなどの基本操作ができ、書類作成ができることが必要となります。

また、電話応対や来客応対を行う以上、ビジネスマナーは必要です。

派遣社員であろうとも、その会社の顔になるわけですから、失礼のない行動ができるようになっていなければなりません。

他には、気遣いができる、コミュニケーション能力が高いといった点も、仕事をする上では役立つでしょう。

正社員とはどう違う?

事務の仕事は、企業も派遣社員を活用することが増えてきましたが、もちろん正社員を雇用している会社も多くあります。

では、正社員と派遣社員では仕事内容にどういった違いがあるでしょうか。

会社によっては、正社員の事務と、派遣社員の事務が全く同じ仕事をしている場合も多々あります。

正社員は責任が重く仕事が辛い、派遣社員は責任が軽い仕事は楽。

そう思われるかもしれませんが、まったくそんなことがない場合もあります。

ただ、会社によっては、正社員に対しては、上記であげた仕事以外の、責任の重い仕事であったり、職場環境の改善等の課題を与える場合もあります。

正社員である限り、仕事は限定的にならず、追加で仕事を与え、時には残業を命じる場合もあります。

事務職を目指すなら

もし、事務で働きたいと考えているならば、フルタイムであれば正社員、時間の都合に合わせて働きたいのであれば派遣社員として働くのがいいかもしれません。

ただ、事務だと派遣を活用する場合があるので、正社員は狭き門となっています。

正社員を目指すのであれば、何らかのプラスαを武器にする必要があります。

正社員に向けた取り組みとしてまずやらなくてはいけないのが転職サイト等への登録です。

転職サイトでおすすめなのが、MIIDAS(ミーダス)リクナビNEXT

MIIDAS(ミーダス)は簡単な登録をするだけで自分の市場価値(年収相場)を見ることができるとともに、自分が何をしなくても多くの企業からオファーが届きます。

しかもそのオファーは面接確約。書類選考が必要なくなります。

大手転職サービスDODAを運営しているパーソルキャリアが運営しているので、過去の豊富なデータに基づいているので安心ですし、自分と同じようなキャリアの人がどうだったかということを見ることもできます。

最初に登録しておけばあとは待っていれば良いので、とりあえず最初にさっと登録しておきたいサイトです。

公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

そしてメインで使っていきたいのが最大手で求人数が多く、サービスも充実しているリクナビNEXT

完全無料で利用でき、登録もメールアドレスのみで可能なので簡単に終わります。

見つけた求人に応募することはもちろん、スカウト機能に登録してオファーを待ってみるのもあり(意外にたくさん来ます)。

診断テストをやってみて自分の傾向を掴んでみるのも良いでしょう。

また転職エージェントもリクルートエージェントへの登録申請ができるとともに、連携して利用することができます。

公式サイト:リクナビNEXT

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ