派遣先から突然解雇!派遣社員が解雇された時の対処法

スポンサーリンク

派遣先から突然解雇!派遣社員が解雇された時の対処法

派遣社員は、正社員に比べると不安定な面は多く、派遣契約期間中に突然解雇されたということもたまに聞きます。

もちろん正社員でも突然解雇されてしまうということはありますが、割合は派遣社員のほうが多いのが現実です。

ただ、それを大人しく受け入れるだけではいけません。

今回は派遣として働いている中で突然解雇された場合の対処法を紹介します。

おすすめ;派遣社員として働いている人の為の転職サイト

派遣先に解雇を言われたら

派遣社員として働いている際、突然の解雇を派遣先の上司に言われたなんてことをよく聞きます。

しかし、勘違いしてはいけないのが派遣先の会社とあなたに雇用関係は無く、解雇する権利はないということです。

その上司は、派遣社員ではなく、派遣元の会社に言うべきことなのです。

もしも派遣先から解雇を言い渡されたら、すぐに派遣元の会社に相談しましょう。

そして、どうするかは派遣元の会社に従うようにしてください。

派遣元の会社が派遣先の会社と雇用契約の途中解除について決めます。

もし、派遣元の会社と派遣先の会社で派遣契約が途中解除されることが決まったとしても、それだけであなたが解雇されるわけではありません。

あなたが雇用契約を結んでいる派遣会社から解雇を言い渡されて、はじめて解雇となるのです。

途中解除された場合に知っておきたいこと

正社員だろうと、派遣社員だろうと突然解雇されると生活に大きな影響を及ぼします。

その為、労働者を保護する為に解雇については労働基準法で決められています。

派遣会社から解雇された場合

派遣先会社との契約解除にともない、雇用契約期間内にも拘わらず派遣会社から解雇される場合には、解雇予告が必要です。

労働基準法第20条第1項では、使用者が労働者を解雇しようとする場合、少なくとも30日前に予告しなければならないと定められています。

もし、30日を待たずに解雇する場合にはには、30日に不足する日数分の平均賃金を使用者は労働者に払わなくてはなりません。これを解雇予告手当と言います。

もしも突然解雇されたのであれば、解雇予告手当を貰えまずし、もし貰えないのであれば請求することができます。

派遣会社には解雇されない場合

派遣先会社と系客解除になったとしても、解雇されない場合もあります。

この場合、派遣会社はあなたに違う仕事を提供する義務があります。

ただ、すぐには違う仕事を提供することが困難な場合には休業という形をとることもあります。

この場合には平均賃金の60%が支払わなければなりません。

休業から解雇という形もあり

解雇予告は30日前に必要で、もしそれより短いのであれば不足日数分を支払わなくてはなりません。

しかし、休業扱いにしてしまえば支払うのは平均賃金の60%でもいいのです。

ということは休業を命じ、同時に30日後の解雇予告を行うと、会社側は60%支払うだけでいいことになります。

この方法は、残念ながら違法ではありません。

契約更新しない際も解雇予告が必要な場合も

契約の途中解除ではなく、契約満了時に契約を更新しない場合にも30日前に契約終了を伝える必要があります。

ただ、全ての場合ではなく、3回以上契約が更新されている場合や1年を超えて継続勤務している人の場合です。

参考:厚生労働省「労働契約の終了に関するルール

失業手当

派遣社員であっても、雇用保険に加入していれば失業手当をもらうことができます。

途中の契約解除であれば、会社都合の退職となり、3ヶ月の給付制限期間無く受給することができますj。

ただし、被保険者期間が6ヶ月以上必要等の条件もあります。

解雇時には正しく対応を

万が一解雇された場合には、ただ受け入れるだけでなく正しく対応しなくてはいけません。

本来であれば、こちら側がなにも言わなくても、法律を守り適切に対応するのが会社の務めですが、残念なことにそういったことをしない会社も多いのです。

もし労働者が知らなければ、ただ損をするだけになります。労働者として、正しい知識を身につけ、正しく対応してい行きましょう。

ただ、やはり派遣である以上不安定であるというのは確かなことであり、正社員に向けた取り組みも進めていきましょう。

正社員に向けた取り組みとしてまずやらなくてはいけないのが転職サイトと転職エージェントへの登録です。

転職サイトでまずおすすめなのがMIIDAS

登録が非常に簡単で質問事項に答えていくだけ。しかもその質問に答えるとあなたの想定年収を推定してくれます。

このサイトの最大のメリットは自分で積極的に動かなくても企業側から面接確約のオファーを貰えるという点。

他の転職サイトのように出ている求人から自分に応募するわけではなく、企業からアクションをとって貰う形になるので、ミスマッチによる無駄な応募が減り、転職活動の手間は格段に減るでしょう。

最初にとりあえず登録しておけば他の転職サイト、転職エージェントを利用しながら、良いオファーが来たら応募するという形でもOK。

手間は全くかからないのに有益性があることを考えたら、絶対に登録しておきたいサイトとなっています。

ちなみに大手企業もそこそこあります。今までどんな企業があるか気になる方は公式HPを見てみてください。

公式HP:MIIDAS

他には転職サイトならリクナビNEXT、転職エージェントならリクルートエージェントハタラクティブがおすすめです。

求人の量、質、スカウト機能の充実度、エージェント会社なら担当者の質といったものが他に比べて優れています。

リクナビNEXTは国内No.1の転職サイトであり、求人数はもちろん機能面での充実度が高いので転職を希望している人はまず登録しておくべきサイトです。

公式HP:リクナビNEXT

リクルートエージェントのメリットは非公開求人の量とエージェントの質。エージェント会社としてもNo.1となっているだけあってかなりしっかりしています。

非公開求人の紹介はもちろんですが、転職に関する様々なサポートを受けることができるので合格率に大きな差がでてしまう為です。

公式HP:リクルートエージェント

ハタラクティブは他の転職エージェントと比べて未経験可の内定難易度が低い求人が揃っているというメリットがあります。

派遣からいきなり高い経験を求められるような企業に応募したところで内定には至りません、まずは正社員になることが大事であるということを考えた時、このサイトを使う意味は十分にあると思います。

公式HP:ハタラクティブ

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ