派遣の時期が長い為、転職回数が多い。これって不利になる?

スポンサーリンク

派遣の時期が長い為、転職回数が多い。これって不利になる?

転職回数が多すぎると、転職する際に不利になってしまうというのはよく聞くことであり、そして事実です。

しかし、派遣社員の場合は、有期雇用であり、特に問題は無くても仕事によって数か月で終わってしまうものもあり、派遣先が何社にもなることはよくあることです。

おすすめ;派遣社員として働いている人の為の転職サイト

転職回数について企業が見ること

まず、転職回数について、なぜ企業が転職の際に気にするかということを紹介します。

企業は転職回数から、長期的に働くことができる人材か、一つの仕事の経験が長いかということを見ています。

転職回数が多い場合、ストレス耐性が弱く、すぐに辞める人材なのではないかと思ってしまい、採用してもする辞めてしまうリスクが高い為、採用時には不利になってしまいます。

また、一つ一つの仕事を3年以内に辞めてしまっているろ、スキルが身についていないと判断されることが多く、こちらの考え方kらも不利になってしまいます。

転職回数が多いことが不利になる理由は上記2つのことが理由として挙げられます。

派遣社員の転職回数について

では、次に実際に派遣社員の転職回数が転職で不利になるかについて考えてみましょう。

派遣社員の職歴書

まずは、簡単に派遣社員の職歴書ですが、

2つの派遣会社に登録し、1つめの会社で2社、2つ目の会社で3社経験したとします。

その場合、職歴書に書くのは以下の通りとなrます。

平成○年○月 〇〇株式会社に派遣登録

平成○年○月   ○○株式会社○○部 派遣勤務(○○まで)

平成○年○月   ○○株式会社○○部 派遣勤務(○○まで)

平成○年○月 〇〇株式会社 退職

平成○年○月 ◇◇株式会社に派遣登録

平成○年○月   ○○株式会社○○部 派遣勤務(○○まで)

平成○年○月   ○○株式会社○○部 派遣勤務(○○まで)

平成○年○月   ○○株式会社○○部 派遣勤務(○○まで)

平成○年○月 ◇◇株式会社 退職

合計で5社経験していることになり、それを転職回数と考えると、多いほうであるとなってしまいます。

転職で不利になる場合、ならない場合

転職回数が5回だと転職の際には不利になることが多いですが、派遣社員の場合は違います。

不利になる場合もあれば、不利にならない場合もあります。

そもそも、派遣社員は3年までしか働けないのですから、派遣社員として働いている期間が長ければ、様々な会社を経験することは当然のことです。

企業もバカではありませんから、転職回数だけを見て不利にするなんていうことはしません。

むしろ、派遣社員で見られるのは、在籍年数です。

例えば、1社につき3年働いていることは、むしろ辞める人材ではなく続く人材であると見てもらえます。

さらに、派遣先の企業も限界まで契約延長をしているということから、仕事ぶりを認めてもらうこともあります。

しかし、在籍年数が短い会社があまりにも多数あると、しっかり正当な理由を言わなければ、辞めやすい人間と見られてしまいます。

また、スキルの面でも3年働いているという実績を認めてくれる場合もあります。

ですから、派遣社員としての転職回数が多いからといって心配する必要はまったくないのです。

まとめ

まず、派遣社員の場合は、派遣先を辞めることが、自分自身の責任では無いことも多い為、特に気にする必要はありません。

しかし、1社1社の派遣期間が短い場合は注意が必要です。

すぐに辞めるかもしれない、スキルが身についていないと思われがちです。

派遣期間が短い、特に半年以内に辞めた場合には、なぜ辞めたのかという理由は必ず準備しておきましょう。

派遣社員が正社員に転職することは難しい為、一つひとつにしっかりとした準備をすることに心がけてください。

正社員に向けた取り組みとしてまずやらなくてはいけないのが転職サイトと転職エージェントへの登録です。

今はただでさえ人手不足の企業が多く過去にないくらい正社員になりやすいタイミングとなっていますから、できるだけ早く動くようにしてください。

転職サイトではリクナビNEXTMIIDAS(ミーダス) 、転職エージェントではリクルートエージェントハタラクティブがおすすめです。

求人の量、質、スカウト機能の充実度、エージェント会社なら担当者の質といったものが他に比べて優れています。

リクナビNEXTは国内No.1の転職サイトであり、求人数はもちろん機能面での充実度が高いので転職を希望している人はまず登録しておくべきサイトです。

これから転職しようと思っているならまずは情報収集から。そうなると外すことはできない転職サイトでしょう。

>>公式:リクナビNEXT<<

MIIDAS(ミーダス)は簡単な登録をするだけで自分の市場価値(年収相場)を見ることができるとともに、自分が何をしなくても多くの企業からオファーが届きます。しかもそのオファーは面接確約。

大手転職サービスDODAを運営しているインテリジェンスが運営しているので、過去の豊富なデータに基づいているので安心ですし、自分と同じようなキャリアの人がどうだったかということを見ることもできます。

>>公式:MIIDAS(ミーダス)

リクルートエージェントのメリットは非公開求人の量とエージェントの質。エージェント会社としてもNo.1となっているだけあってかなりしっかりしています。

転職したいなら転職エージェントの利用は必須。

非公開求人の紹介はもちろんですが、転職に関する様々なサポートを受けることができるので合格率に大きな差がでてしまう為です。

>>公式:リクルートエージェント<<

ハタラクティブは他の転職エージェントと比べて未経験可の内定難易度が低い求人が揃っているというメリットがあります。

派遣からいきなり高い経験を求められるような企業に応募したところで内定には至りません、まずは正社員になることが大事であるということを考えた時、このサイトを使う意味は十分にあると思います。

>>公式:ハタラクティブ<<

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ