契約社員を辞めたい。転職理由や辞めるタイミング、上司へ伝える際の退職理由

スポンサーリンク

契約社員を辞めたい。転職理由や辞めるタイミング、上司へ伝える際の退職理由

契約社員として働き始めたものの、色々と不満が募って辞めたい感じてしまっている人は多いですよね。

派遣と違って、仕事を辞めた場合にはまた自分で転職活動をしなくてはいけなくなるので退職のハードルは若干高いものの、それでも耐えることができずに辞める人も一定数います。

そこで今回は契約社員が転職する理由や、辞める場合に知っておきたいタイミング、上司に退職を伝える際の退職理由について触れていくことにします。

会社を辞めたい!契約社員の転職理由で多いのは?

契約社員として働いている人が辞める理由には以下のようなものがよくあります。

人間関係が上手くいかない

正社員にしろ派遣社員にしろよくあるのが人間関係が上手くいかないという理由。

人間関係によるストレスは大きいものがあり、耐え切れずに退職が余儀なくなるというのも少ない話ではありません。

契約社員の場合だと、正社員の人たちから一線を置かれてはぶかれたり、情報等も伝えられなかったりするなんてこともあるみたいで、かなり辛い思いをしているという人も私の身近にいます。

仕事の責任が重すぎる

契約社員なら正社員に比べて仕事の責任は軽いというのが通常なんですが、職場によってはかなりの責任を負わされてしまうなんて場合もあるみたいです。

元々仕事でプレッシャーを感じたくない、気楽に働きたいと考えて契約社員にとって、想像以上に責任が重い仕事を任せられるとストレスはかなり大きなものになってしまいます。

正社員と同じ仕事なのに待遇は低い

現在、正社員と非正規社員の待遇の差が問題となっており、仕事内容が同じならば不合理な待遇差は解消されていくべきだという同一労働同一賃金の考えを国が取り組んでいます。

ただ現在の労働環境を見ればそれが実現できているとはまだ言えず、給料の低い契約社員が正社員同様の仕事をさせられているという場合は少なくありません。

実際に働いている側としては正直やっていられないですよね。給料が低いのに仕事の負担が大きいとなれば、不満も感じますしモチベーションも下がります。

将来への不安

契約社員は有期雇用であり、いつまでもその仕事を続けることができません。

5年を超えて雇い続けた場合、労働者が希望すれば無期雇用に転換することになるというルールがある為、ほとんどの場合は5年以内に契約を打ち切られることになってしまいます。

それ故に将来に不安を感じている人も少なくはなく、より安定して働ける環境を求めて転職を選ぶ人は多いでしょう。

仕事がつまらない

契約社員として働く場合、仕事は雑務が基本となる場合も多いです。

仕事の責任は軽く、頭も使わないので楽だと感じる人がいる一方で毎日同じ仕事の繰り返しにやりがいを感じることができずに仕事がつまらないと感じ、辞めたいと考える人も多いです。

実際雑務ばかりを仕事としていると、合わない人にはかなり辛いです。

契約社員が仕事を辞めるタイミング

ではもし契約社員が仕事を辞めるとした場合、辞めるタイミングはいつがいいのでしょうか。

基本は契約更新のタイミング

契約社員が辞めるタイミングは、基本的に契約期間が満了し更新するタイミングです。

民法では仕事を辞める場合には14日前に伝えれば良いと定められていますが、これは正社員など無期雇用契約を結んでいる人にあてはまるものであり、契約社員のような有期雇用者は契約期間はまっとうしなくてはいけなくなっています。

ですので、契約更新の1ヶ月前程度に更新意思を確認された際に拒否するというのが基本的な退職のタイミングとなります。

ただし契約期間が1年以上の場合は正社員同様に14日前に退職を伝えれば良しとされます。

契約途中の場合

例えば半年契約でまだ1ヶ月しかたっていない場合、契約満了まであと5ヶ月間も働き続けるなんていうのは正直かなりしんどいですよね。

ただ法律上は健康問題や家族の介護など正当な理由がなければ退職することはできません。

しかし、実際のところは上司に退職を告げると退職を了承してくれる場合がほとんどです。

正当な理由がなくても双方の合意があれば退職することは可能ですから、契約途中に退職しようと思えば上司から合意を得ることが最重要になります。

会社側にとって、辞めたいと思い続けている人間を無理やり長期間働かせ続けるなんてことはあまりしません。モチベーションが低く、それによってパフォーマンスが落ちている人間に対して給料を働き続けることもよろしいとは言えませんし、労働者の立場にもたって考えてくれることが多いです。

上司に伝える場合の退職理由

では最後に、上司に伝える場合の退職理由として適切なものを紹介していきましょう。

契約更新のタイミングで辞める場合

契約更新のタイミングで辞める場合、退職理由は別になんでもいいと言えばいいのですが、会社を批判する内容、会社や上司に対する文句などは無駄にトラブルを発生させることになるので避けたほうが良いですね。

トラブルにはならない理由としては、以下のものが良いと思います。

  • 正社員の仕事を探す
  • 違う仕事にチャレンジしてみる

このような前向きな理由であれば、割と応援してくれる場合が多いですね。あとは結婚されている女性の方だと家事に専念するなんていう理由も特にトラブルにはならないでしょう。

契約途中で退職する場合

契約途中で退職する場合、先ほども紹介したように上司にも合意してもらう必要があるのでちょっと気を使わなくてはなりません。

上司との関係が良好であれば、正社員の仕事が決まったからといえば背中を押してくれる場合もありますが、あまり関係やよくなかったり職場の仕事が忙しい場合なんか辞められては困ると言われてしまう場合もあります。

上司にイラっとさせず、それでいて辞めるのもしかたないなと思わせる理由を上司との関係や上司の性格なども考慮にいれて考えるようにしましょう。

正社員に向けて転職活動をする場合

正社員に向けた取り組みとしてまずやらなくてはいけないのが転職サイトと転職エージェントへの登録です。

今はただでさえ人手不足の企業が多く過去にないくらい正社員になりやすいタイミングとなっていますから、できるだけ早く動くようにしてください。

転職サイトではリクナビNEXTMIIDAS(ミーダス)、転職エージェントではリクルートエージェントハタラクティブがおすすめです。

求人の量、質、スカウト機能の充実度、エージェント会社なら担当者の質といったものが他に比べて優れています。

リクナビNEXTは国内No.1の転職サイトであり、求人数はもちろん機能面での充実度が高いので転職を希望している人はまず登録しておくべきサイトです。

これから転職しようと思っているならまずは情報収集から。そうなると外すことはできない転職サイトでしょう。

>>公式:リクナビNEXT<<

MIIDAS(ミーダス)は簡単な登録をするだけで自分の市場価値(年収相場)を見ることができるとともに、自分が何をしなくても多くの企業からオファーが届きます。しかもそのオファーは面接確約。

大手転職サービスDODAを運営しているインテリジェンスが運営しているので、過去の豊富なデータに基づいているので安心ですし、自分と同じようなキャリアの人がどうだったかということを見ることもできます。

>>公式:MIIDAS(ミーダス)

リクルートエージェントのメリットは非公開求人の量とエージェントの質。エージェント会社としてもNo.1となっているだけあってかなりしっかりしています。

転職したいなら転職エージェントの利用は必須。

非公開求人の紹介はもちろんですが、転職に関する様々なサポートを受けることができるので合格率に大きな差がでてしまう為です。

>>公式:リクルートエージェント<<

ハタラクティブは他の転職エージェントと比べて未経験可の内定難易度が低い求人が揃っているというメリットがあります。

派遣からいきなり高い経験を求められるような企業に応募したところで内定には至りません、まずは正社員になることが大事であるということを考えた時、このサイトを使う意味は十分にあると思います。

>>公式:ハタラクティブ<<

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ