派遣を辞めて正社員になったことを後悔、正社員とは言ってもしっかり選ばなくてはだめ

スポンサーリンク

派遣を辞めて正社員になったことを後悔、正社員とは言ってもしっかり選ばなくてはだめ

派遣としてではなく正社員として働きたい。そう考えている人はたくさんいると思います。

しかし自分の置かれている状況を理解せず、正社員ならばなんでもいいやと適当に仕事を決めてしまうと、せっかく正社員になれてもその選択を後悔してしまうことになりかねないということには注意しなくてはなりません。

派遣を辞めて正社員になったことを後悔

新卒から派遣として働いていた私は2年たった時に転職活動をして正社員になりました。

派遣社員といっても常用型派遣という形で、派遣会社に正社員として採用される形。一応ボーナスもあるので登録型派遣よりは待遇面ではましでした。

しかし常用型派遣であっても、不景気になって派遣の仕事がなくなると仕事がなくなってしまい休業扱いになったり、場合によっては退職を余儀なくされる場合もあるという話を聞いていたので不安は大きかったです。

そこで2年たったあたりで転職活動を開始。常用型派遣という形ではなく、普通に正社員として採用されることを目指しました。

結果的に中小企業ではあるものの正社員として内定をゲット。待遇面でも良くなったので一応その時は満足でした。

しかし仕事はきつく、残業時間も派遣の頃が月20時間程度だったのが毎月60時間以上に。しかし残業代は月10時間までしか支払われずにほとんどがサービス残業となってしまうような会社で、数ヶ月経つともう仕事を辞めたいと思うようにしかなりませんでした。

そしてもっと最悪だったのが派遣の頃の同期の話。

数人いた同期はほとんどが3年派遣として一つの会社で働いていましたが、その期間満了後に正社員になることができた人も少なくありませんでした。

大手自動車会社に派遣されていた人は、そこそこ大手のグループ会社の採用試験に応募し採用。同じ仕事で紹介文もあったので割と簡単に決まったそうです。

電機メーカーに派遣されていた人でそのままその会社の正社員登用試験に応募し合格、無事正社員になれました。

他の人も途中で転職した私に比べると、待遇面でも会社の規模もずっと良い会社。急いで正社員になったことが、むしろ悪い結果をもたらしてしまいました。

もちろん自分がそのまま派遣の仕事を続けていたとして正社員になれたとは限りません。

ただ今自分の置かれている状況を考えてみると、あの時に無理に正社員にならなければ、もう少しゆっくり考えればと思っているのが本音です。

正社員になればいいというわけではない

ただどこでもいいからと正社員になってしまうと、今回紹介した人のように後悔することになってしまう場合もあります。

一度実行してしまうと、そのことは職歴をして最後まで残りますし、そのせいで本来あったはずのチャンスを逃してしまうなんて場合もあります。

またブラック企業と呼ばれるようなところは山ほどあり、そういった会社に入ったところで 長続きはせず、

ただ勘違いしてはいけないのが、不安定な派遣社員から正社員になることを目指して取り組んだこと自体は間違いではないということ。

もしかしたらもっと良い企業に入れるかもしれない、いつかチャンスが訪れるかもしれないと考えてずるずる派遣を続けた結果、年齢だけを重ねて正社員になることができなくなってしまう可能性だってあるわけです。

確かに運よく良い結果になった人はいるでしょう。派遣社員や契約社員から大手の正社員登用試験に合格できた人もいるのは事実です。

しかしその何倍も正社員登用試験に受からなかった人はいますし、さらには受けることすらできなかった人もたくさんいます。

大切なのは自分にとって将来のリスクが最も低くなるのはどういった行動をとることなのかということ。

淡い期待で派遣社員を続けたり、どこでもいいから正社員になればいいやというのではなく、自分の置かれている環境や年齢といったことを考慮にいれた上で、どういった選択をすべきなのかということをしっかり考えるようにして下さい。

少なくとも今は正社員有効求人倍率もかなり高く正社員になりやすい状態。このチャンスを無駄にしないようにしていきましょう。

おすすめ転職サイト、転職エージェント

転職サイトではリクナビネクストMIIDAS 、転職エージェントではリクルートエージェントがおすすめです。

求人の量、質、スカウト機能の充実度、エージェント会社なら担当者の質といったものが他に比べて優れています。

まずは最大手で求人数が多く、サービスも充実しているリクナビネクストに登録しておきましょう。

完全無料で利用でき、登録もメールアドレスのみで可能なので簡単に終わります。

また転職エージェントもリクルートエージェントへの登録申請ができるとともに、連携して利用することができます。

公式サイト:リクナビネクスト

転職サイトはそれぞれ扱っている求人が異なる(リクナビなら8割以上が独占求人)複数登録しておくのも良いでしょう。

おすすめなのがMIIDAS

登録が非常に簡単で質問事項に答えていくだけ。しかもその質問に答えるとあなたの想定年収を推定してくれます。

このサイトの最大のメリットは自分で積極的に動かなくても企業側から面接確約のオファーを貰えるという点。

他の転職サイトのように出ている求人から自分に応募するわけではなく、企業からアクションをとって貰う形をとります。

公式サイト:MIIDAS

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ