正社員の仕事が見つからない!どうすれば正社員になれる?

スポンサーリンク

正社員の仕事が見つからない!どうすれば正社員になれる?

今は派遣社員として働いているけれど、いい加減正社員になりたい。

しかし、探しても探しても正社員の仕事が見つからない、受けても全然受からない。

そして結局派遣社員を続けてしまう。

そんな人も少なくはないでしょう。

ではどうすれば正社員になることができるのでしょうか。

おすすめ:派遣社員として働いている人の為の転職サイト

正社員になることは難しい?

正社員になれない、正社員になることが難しい。

よく言われますが、客観的に見てみましょう。

厚生労働省の「一般職業紹介状況(平成28年2月分)」によれば、有効求人倍率は1.28倍と、非常に高い数値となっています。

しかしながら、正社員に限定した正社員有効求人倍率は0.81倍となっています。

正社員になりたい人100人いても、企業は81人しか求めていない為、19人は正社員になることができないのです。

現実的には、企業は誰でもいいわけではなく人選しますし、労働者も正社員であればどの企業、どんな仕事であってもいいと思っているという人は少なく、ある程度絞ります。

その為、企業と労働者の中でミスマッチが起こる為、実際に正社員に働ける人は正社員有効求人倍率以下の割合となるのです。

こう考えたら正社員になることは確かに難しいと言えるでしょう。

ただ、だからといって正社員になれないかと言うとそんなことはありません。

先ほど紹介した通り有効求人倍率は低いとは言え、なれる人の方が多いです。

非正規雇用が4割以上ということに惑わされてはいけない

ニュースなどで、非正規雇用者が全労働者の4割以上になっているということを見たことがある人もいるでしょう。

多くの人が正社員になれず、低賃金で働いていると。

確かに、非正規雇用者の割合は非常に高いです。

ただ、非正規雇用で働いている人すべてが正社員になりたいけれど、派遣社員などの非正規雇用者として働いているわけではありません。

以前の記事、「派遣社員や契約社員などの非正規社員として働く理由には何がある?」で紹介していますが、

非正規雇用者のうち、正社員の仕事がない為に、非正社員として働いている人の割合は、全体のうち15.1%です。

4割のうちの1.5割ですから、正社員になりたくてもなれない人は全労働者のうちでたった6%なのです。

派遣社員や契約社員として働いている人の中で、転職活動をする前から4割という数字に圧倒され、何もせずにいる人もいます。

しかしそれは非常にもったいないことなのです。

正社員になる為には

では、具体的にどうすれば正社員になることができるでしょうか。

いくつか紹介していきます。

とにかく転職活動を始める

正社員に向けた取り組みとしてまずやらなくてはいけないのが転職サイトと転職エージェントへの登録です。

今はただでさえ人手不足の企業が多く過去にないくらい正社員になりやすいタイミングとなっていますから、できるだけ早く動くようにしてください。

転職サイトではリクナビNEXTMIIDAS(ミーダス)、転職エージェントではリクルートエージェントハタラクティブがおすすめです。

求人の量、質、スカウト機能の充実度、エージェント会社なら担当者の質といったものが他に比べて優れています。

リクナビNEXTは国内No.1の転職サイトであり、求人数はもちろん機能面での充実度が高いので転職を希望している人はまず登録しておくべきサイトです。

これから転職しようと思っているならまずは情報収集から。そうなると外すことはできない転職サイトでしょう。

>>公式:リクナビNEXT<<

MIIDAS(ミーダス)は簡単な登録をするだけで自分の市場価値(年収相場)を見ることができるとともに、自分が何をしなくても多くの企業からオファーが届きます。しかもそのオファーは面接確約。

大手転職サービスDODAを運営しているインテリジェンスが運営しているので、過去の豊富なデータに基づいているので安心ですし、自分と同じようなキャリアの人がどうだったかということを見ることもできます。

>>公式:MIIDAS(ミーダス)

リクルートエージェントのメリットは非公開求人の量とエージェントの質。エージェント会社としてもNo.1となっているだけあってかなりしっかりしています。

転職したいなら転職エージェントの利用は必須。

非公開求人の紹介はもちろんですが、転職に関する様々なサポートを受けることができるので合格率に大きな差がでてしまう為です。

>>公式:リクルートエージェント<<

ハタラクティブは他の転職エージェントと比べて未経験可の内定難易度が低い求人が揃っているというメリットがあります。

派遣からいきなり高い経験を求められるような企業に応募したところで内定には至りません、まずは正社員になることが大事であるということを考えた時、このサイトを使う意味は十分にあると思います。

>>公式:ハタラクティブ<<

条件を求めすぎない、まずは正社員になること

仕事を選ぶ、会社を選ぶ上で賃金や労働条件、仕事内容など、理想とする条件はあるでしょう。

しかし、全てが理想通りにいくわけはありません。

自分では譲れないもの、譲ってもいいものをしっかり層別して、時にはゆるめることも必要なのです。

特に、派遣社員や契約社員から正社員になることは難しいとされていますから、好条件の企業に応募しても、受かることはできません。

まずは、たとえ自分の希望とは違っても正社員になること。

その企業で正社員として働いた後でさらなるステップアップを考えればいいのです。

何事も一歩一歩段階を経ていきましょう。

とにかく受け続けること

派遣社員や契約社員として働いている人は、直接雇用という甘い罠があるせいか。仕事に慣れて働きやすくなっているせいか、転職活動を始めるのは契約期間が終わりそうになった頃の人が多いです。

しかし、結局決まらずにまた非正規社員として働きだしてしまうということになります。

転職活動の期間はあ程度の期間はかかるものですし、受かるまで行わなくてはいけません。

タイミングなんて考えずに、もし正社員に転職したいのであれば、すぐに転職活動を始め、受かるまで行わなくてはいけません。

とにかく情報収集

ハローワークだけで求人情報を探したり、転職サイトだけで求人情報を探していても、自分にあった仕事、受かる企業を見つけることは難しいです。

経験年数などから、受けることができる企業がないなんてこともあるでしょう。

転職を考えるなら、多くの求人を見なくてはいけません。

そのためには、複数の転職サイトを見ることも必要ですし、転職サイトのスカウト機能や、転職エージェントの非公開求人案件を紹介してもらわなくてはなりません。

確かに、複数の転職サイトを管理したり、わざわざ転職エージェントと面談したりするのは面倒かもしれませんが、それはやらなくてはいけません。

正社員になることは可能

すでに正社員になることは無理だとあきらめてしまっている人もいるかもしれません。

しかし、そこで転職活動をやめてしまうと終わりです。

確かにたくさん落ちるかもしれませんし、転職活動が長期化するかもしれません。

ただ、いつかは正社員になることも可能なのです。

実際、40歳以上で正社員の経験がない人が派遣社員から正社員になることができたという例もたくさんあります。

まずはとにかく、やり続けましょう。

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ