正社員になりたいのになれない人の特徴

スポンサーリンク

正社員になりたいのになれない人の特徴

正社員になりたいのになれない。

そういう人はかなりの人数います。

なぜ正社員になれる人もいればなれない人もいるのでしょうか。

今回は正社員になりたいのになれない人の特徴を紹介します。

おすすめ;派遣社員として働いている人の為の転職サイト

正社員になるのは難しいのは事実

正社員になることは、簡単なことではありません。

有効求人倍率は非常に高くなっているといっても、正社員に限定すれば0.81倍と非常に低い値となっています。

0.81倍ということは、正社員を希望する人が10人いても2人は絶対に正社員になれない人がでるということ。

ただ、企業が求めている人材と、応募してきた人材のミスマッチによって正社員が足りていなくても採用しないということは多々ある為、実際に正社員になれる人はもっと少なくなります。

数字だけみれば非常に難しいということがわかります。

だからこそ、正社員になる為にはしっかり準備し、真剣に転職活動を行っていかなっくてはなりません。

正社員になれない人の特徴

いくら正社員になることが難しいとはいえ、正社員になることができる人もいれば、正社員になれない人もいます。

もちろん、学歴やこれまでの経験、年齢という要素は大きく関わります。

しかし、いくらそういった面が優れていても正社員になれない人がいるし、逆に優れていなくても正社員になれる人がいます。

両者にはどういった違いがあるのでしょうか。

正社員の仕事を甘く考えている

派遣社員や契約社員で働いていると、仕事に対して甘く考えてしまっている人が多いように見受けられます。

しかし、正社員として働くならば、これまで通りの働き方では許されません。

わからないことは誰かが教えてくれるだろう、言われたことをやるだけだから簡単だろう、ミスしても誰か助けてくれるだろう、そんな風に思っている人がいます。

甘い考えを持っている人は、仕事の質が低かったり、すぐに仕事を辞めてしまったりするので、もちろん採用はしません。

甘い考えを持っていると、志望動機や自己アピールでで見抜かれてしまうでしょう。

スキルばかりが重要だと考えている

仕事にとって大事なこと、採用試験で大切なことはスキルだ。

それは間違いではありません。

スキルがなければ採用してくれないこともあるし、資格を持っていることで有利になることもあります。

ただ、採用試験で大切なことはそれだけではありません。

自分が持っているスキルは、他の人も持っていることも多々ありますし、スキルは入社してからも身につけることができます。

ですから、スキルがある、経験があるというだけでは不十分であり、志望動機や熱意も非常に重要な評価項目と成り立つのです。

会話が成り立たない

そもそも、面接の場で会話が成り立たない人も多いです。

職種によって、求められるコミュニケーション力は違ってきますが、どんな仕事であれ、人とは関わっていく必要がありますから、会話が成り立たなければ、採用はしません。

人とコミュニケーションをとることが苦手という人も多いかもしれませんが、最低限身につけないと、正社員になることは難しいでしょう。

プライドが高い

プライドの高さが正社員になることを阻害する人もいます。

プライドが高く、せっかくのチャンスを無駄にしていませんか。

企業にとっても、ある程度プライドを持つことは必要ですが、プライドの高すぎる人とは一緒に働きたくはないです。

言ったことをやらない、仕事を選ぶ、謝らない。

そういったことが想定できる為です。

高望みしすぎている、妥協しない

どうせ正社員になるなら、年収は○○円以上、残業はしたくない、仕事は選びたい。

もちろん、自分の希望をしっかり持つことは必要なことです。

しかし、希望が高すぎれば当然、難易度も高くなってしまい正社員になることがより難しくなってしまいます。

自分の妥協できる点を持っておかなければなりません。

なぜ今の仕事をしているか理由を言えない

なぜ派遣社員として今の仕事をしているのか。

しっかり理由を言えますか?

企業は、自分のキャリアについてしっかり考えている人を採用します。

正社員に受からなかったからという理由ではなく、なぜその職種なのか、なぜその働き方なのか企業に納得してもらえる答えを持っておかなければなりません。

人のせい、会社のせいにする

なんでもかんでも、誰かのせいだ、会社が悪かったと人のせいや会社のせいにする人も嫌われます。

もちろん、事実そういうこともあるかもしれません。

しかし、人のせいにしても何もかわりません。

そこから、自分の反省点を見極め、自分を改善していく人が好まれます。

簡単に諦める

冒頭でも述べたように、正社員になることは難しいです。

その為、何社も受けているのになかなか受からないというこはよくあることです。

しかし、受からないからと諦めてしまうと、正社員になる可能性はなくなります。

受かるまで転職活動を受け続けることが大切になります。

一緒に働きたいと思わせることが大切

転職活動で最も大切なのは、企業に一緒に働きたいと思ってもらうことです。

上記で紹介した特徴を持っている人とは、一緒に働きたくないと思われてしまうのも仕方ありません。

同じ職場で働く人材として一緒に働きたい人、企業にとって働いてほしい人材、そうなることが大切です。

まずは、社会、環境のせいにするのではなく、自分が働きたいと思える人材に自分を近づける努力をしてみましょう。

正社員に向けた取り組みとしてまずやらなくてはいけないのが転職サイトと転職エージェントへの登録です。

転職サイトでまずおすすめなのがMIIDAS

登録が非常に簡単で質問事項に答えていくだけ。しかもその質問に答えるとあなたの想定年収を推定してくれます。

このサイトの最大のメリットは自分で積極的に動かなくても企業側から面接確約のオファーを貰えるという点。

他の転職サイトのように出ている求人から自分に応募するわけではなく、企業からアクションをとって貰う形になるので、ミスマッチによる無駄な応募が減り、転職活動の手間は格段に減るでしょう。

最初にとりあえず登録しておけば他の転職サイト、転職エージェントを利用しながら、良いオファーが来たら応募するという形でもOK。

手間は全くかからないのに有益性があることを考えたら、絶対に登録しておきたいサイトとなっています。

ちなみに大手企業もそこそこあります。今までどんな企業があるか気になる方は公式HPを見てみてください。

公式HP:MIIDAS

他には転職サイトならリクナビNEXT、転職エージェントならリクルートエージェントハタラクティブがおすすめです。

求人の量、質、スカウト機能の充実度、エージェント会社なら担当者の質といったものが他に比べて優れています。

リクナビNEXTは国内No.1の転職サイトであり、求人数はもちろん機能面での充実度が高いので転職を希望している人はまず登録しておくべきサイトです。

公式HP:リクナビNEXT

リクルートエージェントのメリットは非公開求人の量とエージェントの質。エージェント会社としてもNo.1となっているだけあってかなりしっかりしています。

非公開求人の紹介はもちろんですが、転職に関する様々なサポートを受けることができるので合格率に大きな差がでてしまう為です。

公式HP:リクルートエージェント

ハタラクティブは他の転職エージェントと比べて未経験可の内定難易度が低い求人が揃っているというメリットがあります。

派遣からいきなり高い経験を求められるような企業に応募したところで内定には至りません、まずは正社員になることが大事であるということを考えた時、このサイトを使う意味は十分にあると思います。

公式HP:ハタラクティブ

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ