正社員になりたくないから派遣社員、契約社員で働くリスク。いずれ後悔する可能性も多い

スポンサーリンク

正社員になりたくないから派遣社員、契約社員で働くリスク。いずれ後悔する可能性も多い

あえて派遣社員や契約社員として働く人の中で、正社員になりたくないからという理由の人もかなりいます。

確かに正社員として働くことは、責任が大きくなったり、労働時間が長くなったり、異動や転勤などをしなくてはならなくなったりと、大変なことがあるのも確かです。

その為、今という瞬間を切り取ったら派遣社員や契約社員として働いていたほうが良いと思うことも多いでしょう。

しかし、派遣社員や契約社員として働くことは、それ相応のリスクがあることを忘れてはいけません。

派遣社員、契約社員として働くことにはリスクがあること

正社員になりたくないからという理由で派遣社員や契約社員として働くこといはどういったリスクはどういったものがあるかをまずは紹介していきます。

今は良くても将来は危うい

派遣社員や契約社員は有期雇用者だから、将来もずっと働くことができるとは限らなくてことは何度も聞いたことがあるでしょう。

ただ、正社員であっても会社が倒産してしまう可能性はあって、リスクがないわけではありません。

とは言っても、やはり派遣社員や契約社員のほうが圧倒的にリスクは高いです。

景気が悪くなってきた時でも正社員はそう簡単にクビはきられません。というか切ることができません。しかし、派遣社員や契約社員は更新してもらえずに簡単に仕事を失います。

そして、再度仕事を探そうと思っても、周囲にそういった人がたくさんでてくる為、中々仕事が見つかりません。

景気が良い時期がずっと続けばまだいいのですが、必ずまた不景気になる時はきます。そしていざそうなった時には手遅れになってしまうのです。

年齢が高くなってくると正社員になりたいと思うことが多い

若い時は、派遣社員や契約社員として働いていても、同じような年齢の人とも給料は大きくは変わらないし、残業も少ないから自分の時間がとれて働きやすいと感じることが多いかもしれません。

しかし、年齢が高くなってくると徐々に正社員になりたいと感じるようになってくる人が非常に多いです。

年齢が高くなるにつれて正社員との給料格差は大きくなっていき、世間体も若い時にくらべて徐々に悪くなってきて、仕事自体も年齢が高いことを理由になかなかみつからなくなってきます。

派遣社員や契約社員は、やりたい仕事をできるなんて言う人もいますが、それは若いうちだけです、年齢が高くなってくると仕事の選択肢は少なくなり、やりたくない仕事を安い給料でしなくてはいけなくなるんです。

正社員になりたいと思った時にはもう手遅れ

正社員になりたいと思ったら正社員になればいいと思っている人もいるかもしれません。

しかし、正社員になりたいと自分が思った時にはだいたいもう手遅れです。

年齢が高くなればなるほど、派遣社員や契約社員から正社員になる難易度は非常に高くなってきて、受けても受けても全然受からないなんてことになります。

若い段階で気づくことができなければ、もう一生派遣社員や契約社員として、将来に不安を感じながら働かなくてはならなくなるのです。

20代で楽するか、40代で楽するか

結局は20代で楽するか、それとも40代で楽するかです。

ただ40代での苦しみって相当な苦しみです。

将来に不安を感じながら、それでも抜け出すこともできず、びくびく働くことは本当に辛いことです。

正社員ではできないと勘違いしていませんか?

正社員になりたくないという人に考えてほしいのが、本当に正社員だとあなたのやりたいと思った働き方ができないのかということです。

正社員であっても、限定正社員として職種や勤務地を限定した仕事もたくさんありますし、定時で帰れる仕事もあります。

よく終電まで働かされるけど残業は全てサービス残業だなんていうようなブラック企業ばかりが表にでてきますが、それは一部の企業であって、むしろまともな会社のほうが多いです。

にもかかわらず、わざわざ派遣社員や契約社員として働く理由はなんでしょうか。仕事の見つけやすさでいえば圧倒的に派遣社員や契約社員とのほうが簡単です。でもただそれだけではないでしょうか。

定年までを考えて働き方を選ぼう

もちろんみんながみんな正社員として働くことが正しいとは言いません。

人によってはわざわざ正社員の仕事を見つける手間をかける必要がないという人もいるでしょう。

ただ、もし特別な理由がないのであれば、やはり正社員で働くべきです。

20代、30代で会社生活は終わるわけではありません。60歳の定年まで働くことになる人がほとんどです。

だからこそ、定年まで考えた上で働き方を選ぶようにしてください。

正社員に向けた取り組みとしてまずやらなくてはいけないのが転職サイトと転職エージェントへの登録です。

今はただでさえ人手不足の企業が多く過去にないくらい正社員になりやすいタイミングとなっていますから、できるだけ早く動くようにしてください。

転職サイトではリクナビNEXTMIIDAS(ミーダス) 、転職エージェントではリクルートエージェントハタラクティブがおすすめです。

求人の量、質、スカウト機能の充実度、エージェント会社なら担当者の質といったものが他に比べて優れています。

リクナビNEXTは国内No.1の転職サイトであり、求人数はもちろん機能面での充実度が高いので転職を希望している人はまず登録しておくべきサイトです。

これから転職しようと思っているならまずは情報収集から。そうなると外すことはできない転職サイトでしょう。

>>公式:リクナビNEXT<<

MIIDAS(ミーダス)は簡単な登録をするだけで自分の市場価値(年収相場)を見ることができるとともに、自分が何をしなくても多くの企業からオファーが届きます。しかもそのオファーは面接確約。

大手転職サービスDODAを運営しているインテリジェンスが運営しているので、過去の豊富なデータに基づいているので安心ですし、自分と同じようなキャリアの人がどうだったかということを見ることもできます。

>>公式:MIIDAS(ミーダス)

リクルートエージェントのメリットは非公開求人の量とエージェントの質。エージェント会社としてもNo.1となっているだけあってかなりしっかりしています。

転職したいなら転職エージェントの利用は必須。

非公開求人の紹介はもちろんですが、転職に関する様々なサポートを受けることができるので合格率に大きな差がでてしまう為です。

>>公式:リクルートエージェント<<

ハタラクティブは他の転職エージェントと比べて未経験可の内定難易度が低い求人が揃っているというメリットがあります。

派遣からいきなり高い経験を求められるような企業に応募したところで内定には至りません、まずは正社員になることが大事であるということを考えた時、このサイトを使う意味は十分にあると思います。

>>公式:ハタラクティブ<<

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ