仕事が覚えられない。どうすれば早く仕事を覚えられる?

スポンサーリンク

仕事が覚えられない。どうすれば早く仕事を覚えられる?

派遣社員として働いていると、新しい職場で新しい仕事を覚える機会は多くなります。

ただ、やはり何も知らない仕事を覚えることは大変です。

なかなか仕事が覚えられないと悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

派遣社員は辛い、仕事を覚えることができない理由とは

仕事を覚えなくては、仕事を進めることができなくて上司に怒られたり、周囲から冷たい目で見られてしまい辛い思いをしてしまいます。

ではなぜ仕事を覚えることができないのでしょうか。

おすすめ:派遣社員として働いている人の為の転職サイト

個人的な問題

まず、仕事を覚えることができな原因の一つに、個人的な問題があります。

能力不足

記憶力が悪かったり、集中力がなかったりと、仕事が覚えられない原因がその人の能力不足に起因する場合もあります。

何度聞いても忘れてしまったり、聞いたことが頭に残っていなかったりすることで、仕事を覚えるのが遅いのです。

この場合には、メモをとるといった工夫が必要です。

経験不足

また、仕事を覚える早さは経験にも深く影響します。

たとえ同じ仕事ではなくとも、仕事を覚えることに慣れていれば、仕事を覚えるスピードは早くなっていきます。

仕事を覚えるにもコツは必要です。

努力不足

仕事を覚えることには、それなりに努力が必要です。

全くわからない仕事をゼロから覚え、それなりに仕事をこなせるようになるには、仕事を覚えようとする意思、工夫が必要となります。

興味不足

仕事に興味を持てれば持てるほど、仕事を覚えるのは早いし、興味がないと仕事を覚えることができなくなります。

派遣社員だと、有期雇用があるがゆえに興味を持とうという意欲も持てない人が多く、それが原因で仕事が覚えられないのです。

職場の問題

仕事が覚えられないのが、職場に原因がある場合もあります。

特に派遣社員は仕事が覚えるには適さない状況に置かれることが多いです。

仕事を覚えるチャンスがない

いくら口で説明してもらっても、実際にやってみなければ覚えることができません。

よくあるのが、最初一気に説明されたけれど、使うチャンスがないまま時間がたって、忘れた頃にやるように指示されたけれどできないという状態になってしまうということ。

これでは、普通の人であればできないのも当然です。

ただ、派遣社員の場合、周囲に数年経験した前回の派遣社員と比べられたり、その度に仕事を教えている暇がないからまとめて一気に教える選択しをとられるため、この状態に陥ることが多いです。

教育制度が不十分

派遣社員の場合、正社員に比べて教育制度が不十分であることがほとんどです。

仕事内容だけでなく、会社の仕組みといった面でも、教えてもらわなくてはわからないことがたくさんあります。

しかし、多くの会社でその部分が不十分である結果、周囲に仕事を覚えるのが遅いと思われてしまうことにつながります。

仕事を教えてくれない

派遣社員に仕事を教えない。

様々な理由から、こういたことになることも少なくありません。

忙しくて教える暇がない、どうせ短期雇用だから教えても仕方ない、どうせできるようにならない。

派遣社員にとっては、これは非常に辛い状況です。

教えてくれないまま時間がたてば、仕事を覚えるのが遅いと思われてしまうのです。

自分から積極的に聞きにいくことができればいいのですが、派遣社員という立場では、なかなか難しい部分もあるでしょう。

辞めるという選択肢

仕事を覚えることができない。

そう感じてしまった時の選択肢として、仕事を辞めるという選択肢があります。

有期雇用である派遣社員であるからこそ、契約期間が終われば、延長しない選択をすることができます。

しかし、派遣社員として働く限りは、同様のことで再度悩むこともあるでしょう。

ですから、まずはなぜ今の職場で仕事をなかなか覚えることができなかったのかをしっかり考えてみましょう。

また、正社員の道を選ぶのも一つの方法です。

正社員であれば、どんどん経験、知識が積みあがっていくことで、仕事もやりやすくなります。

確かに最初は大変ですが、数年後にはよかったと思えるでしょう。

正社員に向けた取り組みとしてまずやらなくてはいけないのが転職サイトと転職エージェントへの登録です。

今はただでさえ人手不足の企業が多く過去にないくらい正社員になりやすいタイミングとなっていますから、できるだけ早く動くようにしてください。

転職サイトではリクナビNEXTMIIDAS(ミーダス)、転職エージェントではリクルートエージェントハタラクティブがおすすめです。

求人の量、質、スカウト機能の充実度、エージェント会社なら担当者の質といったものが他に比べて優れています。

リクナビNEXTは国内No.1の転職サイトであり、求人数はもちろん機能面での充実度が高いので転職を希望している人はまず登録しておくべきサイトです。

これから転職しようと思っているならまずは情報収集から。そうなると外すことはできない転職サイトでしょう。

>>公式:リクナビNEXT<<

MIIDAS(ミーダス)は簡単な登録をするだけで自分の市場価値(年収相場)を見ることができるとともに、自分が何をしなくても多くの企業からオファーが届きます。しかもそのオファーは面接確約。

大手転職サービスDODAを運営しているインテリジェンスが運営しているので、過去の豊富なデータに基づいているので安心ですし、自分と同じようなキャリアの人がどうだったかということを見ることもできます。

>>公式:MIIDAS(ミーダス)

リクルートエージェントのメリットは非公開求人の量とエージェントの質。エージェント会社としてもNo.1となっているだけあってかなりしっかりしています。

転職したいなら転職エージェントの利用は必須。

非公開求人の紹介はもちろんですが、転職に関する様々なサポートを受けることができるので合格率に大きな差がでてしまう為です。

>>公式:リクルートエージェント<<

ハタラクティブは他の転職エージェントと比べて未経験可の内定難易度が低い求人が揃っているというメリットがあります。

派遣からいきなり高い経験を求められるような企業に応募したところで内定には至りません、まずは正社員になることが大事であるということを考えた時、このサイトを使う意味は十分にあると思います。

>>公式:ハタラクティブ<<

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ