企業が派遣社員を雇う理由。スキルも身につかない、直接雇用なんてありえない企業もあるので大企業の場合は特に注意が必要、

スポンサーリンク

企業が派遣社員を雇う理由。スキルも身につかない、直接雇用なんてありえない企業もあるので大企業の場合は特に注意が必要、

企業が派遣社員を活用する理由。今回はそのことに触れていきたいと思います。

企業もそれなりのお金をだして派遣社員を雇っているんだからそこそこ仕事もあるのが当たり前だし、その仕事をしていればスキルアップ、あわよくば直接雇用されるかもしれないなんてことを考えている人もいるかもしれませんが、実はそんな可能性が全くない場合もあるので注意が必要です。

派遣社員を雇う理由は人手不足だけではない

メインの理由

派遣社員をわざわざ雇う理由の一番の理由は当然人手不足です。

正社員を雇用すれば人手不足解消にはつながるものの、簡単に人員の調整ができなくなってしまうという欠点があります。

その点派遣社員であれば有期雇用であるので一時的な人手不足に対応しやすいというメリットがあります。

また、派遣会社に取られる分を考えてもコストの面でも安くなります。

正社員を雇うとなると採用活動、入社後の研修、ボーナス、福利厚生など毎月の給料以外にも様々なことにお金がかかってしまうので、派遣社員のほうが安いのです。

大企業だとそれ以外の理由も

上述した理由が基本的な派遣社員を雇う理由。ただ、こんなまっとうな理由だけではないのです。

特に大企業では上述した理由以外である場合も多数あります。

よく派遣されたけど仕事がないなんて不満を聞きますが、それは単に人手不足だからではないことが多いです。

大企業に多い派遣社員採用理由

実際、大企業ではこんな理由で派遣社員を雇っています。

部署の予算消化

大企業となると、各部署に毎年決められた予算が割り当てられています。

この予算ですが、毎年しっかり使い切れないと次の年に予算を減らされる可能性がある為、別に絶対必要ではなくても消化する為にとりあえず派遣社員を雇うなんてこともありうることなんです。

派遣会社との付き合い

大企業ともなると、派遣会社との付き合いというものもあって毎年一定数以上を受け入れているなんて場合もあります。

普段から関係を作っておき、大企業側は景気の良い時に派遣社員が足りない時でも一定数は派遣してもらい、派遣会社側は逆に景気が悪い時でも派遣社員を受け入れてもらうという双方のメリットがあるのです。

人手不足のアピール

派遣社員を雇っていることが人手不足のアピールになっているなんて場合もありますね。

採用比率が多いので、人事もこの部署には人が足りていないから異動や新入社員の配置を増やそうなんていうことにつながる場合もありますし、逆に低いと人が余っていると思われて異動させられたり、新入社員の配置人数を減らされたりなんてこともあるみたいです。

念のため、とりあえず

もう理由にもなっていないですが、念のためにだとか、とりあえずなんて言う風に雇っている場合もあります。

私が以前いた会社では、派遣社員をいれるかどうかの権限が課長にあって、その課長がとりあえず増やしておく?みたいなことを周囲に聞いていましたね。

そんな会社に派遣されてしまうと・・・

人手不足で望まれて入社すれば幸せですよ。もしも周囲に望まれてもいないのに派遣されると割と大変です。

仕事がなさすぎて辛い

まず一つ目が仕事がなさすぎて辛いということ。

ただでさえ派遣社員として周囲に知り合いがいない中で過ごすのが辛いのに、それでいて仕事もないとなると苦痛以外の何物でもありません。

時間もたつのが遅いし、周囲から冷たい目で見られるし、1ヶ月すら耐えることはできませんね。

直接雇用はありえない

そもそも派遣社員から直接雇用されることなんてほとんどない話ではあるんですが、今回紹介した理由によって企業が派遣社員を受け入れているのであれば可能性は間違いなくゼロです。

もしかしたら大企業の正社員になれるかもなんて淡い期待をもってもすぐに無理だということに気づくでしょう。

スキルがまったくみにつかない

たいした仕事もさせてもらえず、たまに簡単に雑務を命じられるくらい。それではスキルなんて身につくわけがありませんね。

正社員に向けてまずは派遣社員でスキルをみにつけたいなんて考えていても3年働いたことでなんのスキルも身についていなくて貴重な時間を無駄にしただけだったなんてことになりかねません。

だめだと判断したら長居はしない

なかなか企業がどういった理由で派遣社員を受け入れているかはわかりませんから、やむを得ずそういった会社で働いてしまう可能性はあります。

ただ、もしそんな会社になったら派遣会社や派遣先企業の顔色をうかがうことなく、最初の更新をせずにさっさと辞めるようにしましょう。

一番のミスは無駄な時間を過ごしてしまうことです。よく気を付けてください。

正社員に向けた取り組みとしてまずやらなくてはいけないのが転職サイトと転職エージェントへの登録です。

今はただでさえ人手不足の企業が多く過去にないくらい正社員になりやすいタイミングとなっていますから、できるだけ早く動くようにしてください。

転職サイトではリクナビNEXTMIIDAS(ミーダス)、転職エージェントではリクルートエージェントハタラクティブがおすすめです。

求人の量、質、スカウト機能の充実度、エージェント会社なら担当者の質といったものが他に比べて優れています。

リクナビNEXTは国内No.1の転職サイトであり、求人数はもちろん機能面での充実度が高いので転職を希望している人はまず登録しておくべきサイトです。

これから転職しようと思っているならまずは情報収集から。そうなると外すことはできない転職サイトでしょう。

>>公式:リクナビNEXT<<

MIIDAS(ミーダス)は簡単な登録をするだけで自分の市場価値(年収相場)を見ることができるとともに、自分が何をしなくても多くの企業からオファーが届きます。しかもそのオファーは面接確約。

大手転職サービスDODAを運営しているインテリジェンスが運営しているので、過去の豊富なデータに基づいているので安心ですし、自分と同じようなキャリアの人がどうだったかということを見ることもできます。

>>公式:MIIDAS(ミーダス)

リクルートエージェントのメリットは非公開求人の量とエージェントの質。エージェント会社としてもNo.1となっているだけあってかなりしっかりしています。

転職したいなら転職エージェントの利用は必須。

非公開求人の紹介はもちろんですが、転職に関する様々なサポートを受けることができるので合格率に大きな差がでてしまう為です。

>>公式:リクルートエージェント<<

ハタラクティブは他の転職エージェントと比べて未経験可の内定難易度が低い求人が揃っているというメリットがあります。

派遣からいきなり高い経験を求められるような企業に応募したところで内定には至りません、まずは正社員になることが大事であるということを考えた時、このサイトを使う意味は十分にあると思います。

>>公式:ハタラクティブ<<

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ