派遣社員や契約社員などの非正規社員として働く理由には何がある?

スポンサーリンク

派遣社員や契約社員などの非正規社員として働く理由には何がある?

派遣社員や契約社員といった非正規社員。

あえてこの働き方をする人もいれば、本来は正社員として働きたいけれど、非正規社員として働かざるを得ない人もいるでしょう。

今回は、派遣社員や契約社員が、その雇用形態で働く理由について紹介します。

おすすめ:派遣社員として働いている人の為の転職サイト

非正規社員として働く理由

総務省統計局の「労働力調査」に、派遣社員や契約社員といった非正規社員として働く理由が掲載されています。

非正規社員として働く理由(全体)

非正規社員として働いている人が、その雇用形態を選んだ理由は以下の通りとなっています。

  • 自分の都合のよい時間に働きたい…26.0%
  • 家計の補助…21.3%
  • 家事、育児、介護等との両立の為…12.6%
  • 通勤時間が短い…4.0%
  • 専門的な技能等をいかせるから…7.7%
  • 正社員の仕事がない…15.9%
  • その他…12.5%

非正規社員として働く理由(男性)

非正規社員として働く理由は、男性と女性で大きく違います。

まずは男性を見てみましょう。

  • 自分の都合のよい時間に働きたい…23.9%
  • 家計の補助…13.0%
  • 家事、育児、介護等との両立の為…0.8%
  • 通勤時間が短い…3.6%
  • 専門的な技能等をいかせるから…11.8%
  • 正社員の仕事がない…26.1%
  • その他…20.8%

非正規社員として働く理由(女性)

次に女性を見てみましょう。

  • 自分の都合のよい時間に働きたい…26.9%
  • 家計の補助…25.0%
  • 家事、育児、介護等との両立の為…17.8%
  • 通勤時間が短い…4.3%
  • 専門的な技能等をいかせるから…5.9%
  • 正社員の仕事がない…11.3%
  • その他…8.8%

働く理由から見る問題点

上記の結果を見て、様々な問題点が見て取れます。

非正規社員への偏見

派遣社員や契約社員として働いている人に対して、正社員になれなかった人という偏見を持っている人も少なくはありません。

特に男性はそういった目で見られることも多く、時には派遣先で馬鹿にされたりなんてことも聞きます。

しかし、実際は男性でも73.9%は派遣社員や契約社員といった非正規社員として、働きたくて働いているのです。

正社員になりたくてもなれない人は多い

非正規社員の人の多くが、その雇用形態を好んで選んではいますが、それでも正社員になりたくてもなれない人は数多くいます。

全体では15.9%、男性に限れば26.1%と、4人に1人の割合の人が仕方がなく非正規社員になっているのです。

正社員の有効求人倍率は低く、1.0倍を下回っています。

当然、正社員になりたくてもなれない人はでてきてしまいます。

非正規雇用の良い面、悪い面

融通の利いた働き方ができる非正規雇用自体は決して悪いものではありません。

正社員として働いてしまうと両立できなかったことが、非正規社員として働くことで両立できることは非常に優れている点です。

非正規雇用=悪という図式は間違った考え方です。

しかし、この非正規雇用は企業にとっても融通が利く為、増加してしまいます。

それにによって、本来は正社員として働きたい人が、非正規社員として働かざるを得ないということが起きてしまっているというのもまた事実。

この働き方をあらためて考えていかなければいけません。

正社員に向けた取り組みとしてまずやらなくてはいけないのが転職サイトと転職エージェントへの登録です。

転職サイトでまずおすすめなのがMIIDAS

登録が非常に簡単で質問事項に答えていくだけ。しかもその質問に答えるとあなたの想定年収を推定してくれます。

このサイトの最大のメリットは自分で積極的に動かなくても企業側から面接確約のオファーを貰えるという点。

他の転職サイトのように出ている求人から自分に応募するわけではなく、企業からアクションをとって貰う形になるので、ミスマッチによる無駄な応募が減り、転職活動の手間は格段に減るでしょう。

最初にとりあえず登録しておけば他の転職サイト、転職エージェントを利用しながら、良いオファーが来たら応募するという形でもOK。

手間は全くかからないのに有益性があることを考えたら、絶対に登録しておきたいサイトとなっています。

ちなみに大手企業もそこそこあります。今までどんな企業があるか気になる方は公式HPを見てみてください。

公式HP:MIIDAS

他には転職サイトならリクナビNEXT、転職エージェントならリクルートエージェントハタラクティブがおすすめです。

求人の量、質、スカウト機能の充実度、エージェント会社なら担当者の質といったものが他に比べて優れています。

リクナビNEXTは国内No.1の転職サイトであり、求人数はもちろん機能面での充実度が高いので転職を希望している人はまず登録しておくべきサイトです。

公式HP:リクナビNEXT

リクルートエージェントのメリットは非公開求人の量とエージェントの質。エージェント会社としてもNo.1となっているだけあってかなりしっかりしています。

非公開求人の紹介はもちろんですが、転職に関する様々なサポートを受けることができるので合格率に大きな差がでてしまう為です。

公式HP:リクルートエージェント

ハタラクティブは他の転職エージェントと比べて未経験可の内定難易度が低い求人が揃っているというメリットがあります。

派遣からいきなり高い経験を求められるような企業に応募したところで内定には至りません、まずは正社員になることが大事であるということを考えた時、このサイトを使う意味は十分にあると思います。

公式HP:ハタラクティブ

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ