新卒で派遣社員、契約社員として働く場合は転職を考えておくべき

スポンサーリンク

新卒で派遣社員、契約社員として働く場合は転職を考えておくべき

希望している、希望していないにかかわらず、新卒で派遣社員、契約社員として働く人もいるでしょう。

その選択は、間違っているわけではありません。

ただし、希望せずに派遣社員、契約社員として働く場合には転職することは考えておく必要があります。

おすすめ:派遣社員として働いている人の為の転職サイト

新卒で派遣社員、契約社員で働くことは間違ったことではない

新卒で派遣社員、契約社員として働くのはもったいない、まずは正社員として働くべきといった意見もあります。

新卒カードを失うと挽回のチャンスが無いなんて話もあります。

しかし、派遣社員、契約社員として働くことは言うほど間違ったことではありません。

派遣社員や契約社員として働く人は、希望してなった人もいれば、本当は正社員として働きたかったけれど、就職先が決まらなかった為に働かざるを得なかったという人がいます。

希望して働いた場合

以前の記事、「派遣社員で働くことのメリット、デメリット。働きたくて働いていますか?」で紹介していますが、

派遣社員や契約社員として働くことにメリットはあります。

その中で、一時的な時給の高さや、仕事が楽だからといった点で選んでしまうと、後悔してしまうことにつながりますが、

将来の目的、キャリアプランがしっかりしているなら必ずしも間違った選択とは言えません。

とは言え、リスクもあります。

やはり、今の日本は新卒至上主義ですし、派遣社員や契約社員を長くしていると、正社員に転職しづらいのは事実です。

そういったデメリットも知ったうえで選択する必要はあります。

希望していないけれど働く場合

就職を失敗し、正社員になることができなかった。

そういった人も少なくありません。

その場合の選択肢として、わざと留年して次の年に再挑戦するか、既卒として就職活動を行うか、派遣社員や契約社員として働くかという選択です。

上記でも述べたように、新卒としてのほうが就職しやすいのは事実です。

その為、わざと留年するという選択肢がいいかもしれませんが、その場合には学費がもう1年分かかるなど、金銭的な問題が生じ、それを選択することができない人も多いです。

となると、残り2つの選択肢になりますが、既卒として就職することは現状では非常に難しくなっています。

それよりも、派遣社員や契約社員として働きながら転職活動をしたほうが楽なのは確かです。

特に、社会人1年目から3年目を対象にした、第二新卒の場合には、派遣社員であろうと契約社員であろうと、正社員に転職することは可能となっている為、絶対にいいのです。

こういった理由から新卒で派遣社員、契約社員として働くことは間違えていることではなく、

まだチャンスは大いに残されています。

最大の間違いは何も考えず働き続けること

新卒で派遣社員、契約社員として働くことは間違いではありません。

しかし、その状態で何もせずに働き続けることは、間違いです。

それは希望して働いている場合にしろ、希望せずに働いている場合も同じ。

派遣社員、契約社員として働きだすと、正社員よりも労働時間が短いとはいえ、平日の8時間、昼休憩の1時間を加えると9時間は拘束されます、

通勤時間をいれるともっとでしょう。

そうなってくると、疲れたと感じ、家に帰ってきてからだらだらと過ごしてしまいがち。

そして、派遣社員や契約社員¥として働いた本来の目的を忘れてしまったり、とりあえずは仕事があるからとなにもしなかったりとなってしまいます。

もし、そのまま働き続け、3年過ぎると正社員に転職することが一気に難しくなります。

新卒後の社会人1年目から3年目は第二新卒として転職活動を行うことができますj。

第二新卒で求められるのは、仕事の経験やスキルではなく、ビジネスマナーやポテンシャルです。

その為、前職がなんであろうと転職でそこまで不利になりません。

しかし、3年間が過ぎ、第二新卒として転職できなくなった場合、

求められるのは仕事の経験やスキルです。

そうなると、派遣社員や契約社員で働いていたことが不利になることが多いです。

どうしても経験が足りない、スキルが不足しているとみられがちです。

新卒で派遣社員や契約社員として働きだしてから、できるだけ早く転職活動を始めればいいのですが、

流れに身をまかせたまま、派遣社員の契約期間ぎりぎりである3年間を働いてしまうころは非常にまずいことなのです。

できるだけ早く転職活動を

上記で述べた通り、3年以内に転職することが必要であることを知っておきましょう。

その上で、できるだけ早く転職活動を行わなければなりません。

確かに仕事をしながら転職活動を行うのは大変です。プライベートの時間も減ってしまいます。

しかし、将来のことを考えた時、絶対にすぐに転職活動を始める必要があるのです。

正社員に向けた取り組みとしてまずやらなくてはいけないのが転職サイトと転職エージェントへの登録です。

転職サイトでまずおすすめなのがMIIDAS

登録が非常に簡単で質問事項に答えていくだけ。しかもその質問に答えるとあなたの想定年収を推定してくれます。

このサイトの最大のメリットは自分で積極的に動かなくても企業側から面接確約のオファーを貰えるという点。

他の転職サイトのように出ている求人から自分に応募するわけではなく、企業からアクションをとって貰う形になるので、ミスマッチによる無駄な応募が減り、転職活動の手間は格段に減るでしょう。

最初にとりあえず登録しておけば他の転職サイト、転職エージェントを利用しながら、良いオファーが来たら応募するという形でもOK。

手間は全くかからないのに有益性があることを考えたら、絶対に登録しておきたいサイトとなっています。

ちなみに大手企業もそこそこあります。今までどんな企業があるか気になる方は公式HPを見てみてください。

公式HP:MIIDAS

他には転職サイトならリクナビNEXT、転職エージェントならリクルートエージェントハタラクティブがおすすめです。

求人の量、質、スカウト機能の充実度、エージェント会社なら担当者の質といったものが他に比べて優れています。

リクナビNEXTは国内No.1の転職サイトであり、求人数はもちろん機能面での充実度が高いので転職を希望している人はまず登録しておくべきサイトです。

公式HP:リクナビNEXT

リクルートエージェントのメリットは非公開求人の量とエージェントの質。エージェント会社としてもNo.1となっているだけあってかなりしっかりしています。

非公開求人の紹介はもちろんですが、転職に関する様々なサポートを受けることができるので合格率に大きな差がでてしまう為です。

公式HP:リクルートエージェント

ハタラクティブは他の転職エージェントと比べて未経験可の内定難易度が低い求人が揃っているというメリットがあります。

派遣からいきなり高い経験を求められるような企業に応募したところで内定には至りません、まずは正社員になることが大事であるということを考えた時、このサイトを使う意味は十分にあると思います。

公式HP:ハタラクティブ

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ