派遣社員や契約社員の転職タイミングはいつがいい?

スポンサーリンク

派遣社員や契約社員の転職タイミングはいつがいい?

派遣社員や契約社員が転職するには、いつのタイミングがいいのか。

いつか転職したいと思っていても、なかなかタイミングがわからず、ずるずる働き続けてしまっている人もいるでしょう。

では、転職のタイミングはいつがいいのでしょうか。

おすすめ;派遣社員として働いている人の為の転職サイト

転職のタイミング

派遣社員や契約社員で働いている場合、転職のタイミングについては考えたほうがいいことや気にしなくていいことがあります。

求人の多い時期でなくても良い

一般的に、4月入社に向けた2、3月や9月入社に向けた7、8月に求人の数は多くなります。

普通であれば、この時期に転職活動を行ったほうがいいと考えがちですが、そういう必要はありません。

というのも、この時期は求人が増えるだけでなく、転職活動を行う人も増える為、倍率が低くなって入りやすくなるということがない為です。

企業が求人を増やすということは、その分辞める人も多いということです。

ですから時期によって有利、不利を考える必要がありません。

契約更改時期でなければ辞められない

派遣社員や契約社員が気を付けなくてはいけないのが、基本的に契約更改でないと辞められないということ。

最初の契約時に、「退職にする際は1ヶ月前に申し出ること」といった内容がなければ、契約中の解除をすることはできません。

正社員であれば、2週間前に申し出ればいいと法律で決められていますが、有期雇用者には適用されないことを覚えておきましょう。

その為、契約期間があと6ヶ月もある状態で転職先が決まってしまうと、転職先に待ってもらうこともできず、退職することもできず、せっかく受かったのに断ることになってしまいます。

転職活動にかかる期間として2ヶ月、更新を伝えないことを伝えるのが1ヶ月前であることを考えて、3ヶ月前くらいから始めるといいでしょう。

繁忙期は避けたほうが良い

できることならば、繁忙期を避けるという配慮をしたほうが良いでしょう。

人が一人辞めると、その分の仕事を他の人が行わなければなりません。

繁忙期に辞めてしまうと、その影響は大きいです。

派遣社員や契約社員の場合は、更新しないことを伝えることになりますが、企業は更新するものだと思っています。

もちろん、あくまで有期雇用ですし、更新するのもしないのも、労働者の自由うですから、全く気にしなくても問題はありません。

しかし、お世話になった同僚に迷惑をかけたくないと思っているならば、避けたほうがいいでしょう。

ただし、繁忙期によって転職するのがだいぶ先になってしまうようであれば、むしろ気にしないようにしてください。

転職は若い方が有利ですし、今の売り手市場がいつまでも続くとは限りませんから。

ボーナスがあるなら、ボーナスを貰ってから

派遣社員の場合、ボーナスがないことが多いので気にしなくてもいいでしょう。

しかし、契約社員の場合にはボーナスを貰ってから辞める場合と、ボーナスを貰わずに辞める場合では、かなり違ってきます。

やはり、貰えるものはもらっておいた方がいいです。

人手不足な時には絶好のチャンス

景気によって、企業全体が人手不足になる時とそうではない時があります。

特に今は、多くの企業で人手不足になっており、売り手市場となっています。

景気によって、転職のしやすさは大きく変わります。

そのうちやろうかなと思っていても、いざ始めた時には、全然転職先が見つからないということになりかねないのです。

転職活動は早めに始めておくこと

転職のタイミングは、どんな契約をしてるか、どういった業界でどういった会社に属しているかで、それぞれ変わってきます。

ただ、転職のタイミングがどうであれ、転職活動はとにかく早く始めましょう。

転職活動ではやることが多くありますし、コツもあります。

できるだけ早く初めて、企業選びをしたり、履歴書や職歴署を書くことに慣れておいたり、実際に面接に行ってみて慣れておくことも必要です。

いざ転職のタイミングだと思って転職活動を始めても、慣れていないあまりによくわからないまま、その転職のタイミングが過ぎて行ってしまうということにもなりかねません。

とにかく準備は早いに越したことはありません。

正社員に向けた取り組みとしてまずやらなくてはいけないのが転職サイトと転職エージェントへの登録です。

今はただでさえ人手不足の企業が多く過去にないくらい正社員になりやすいタイミングとなっていますから、できるだけ早く動くようにしてください。

転職サイトではリクナビNEXTMIIDAS(ミーダス) 、転職エージェントではリクルートエージェントハタラクティブがおすすめです。

求人の量、質、スカウト機能の充実度、エージェント会社なら担当者の質といったものが他に比べて優れています。

リクナビNEXTは国内No.1の転職サイトであり、求人数はもちろん機能面での充実度が高いので転職を希望している人はまず登録しておくべきサイトです。

これから転職しようと思っているならまずは情報収集から。そうなると外すことはできない転職サイトでしょう。

>>公式:リクナビNEXT<<

MIIDAS(ミーダス)は簡単な登録をするだけで自分の市場価値(年収相場)を見ることができるとともに、自分が何をしなくても多くの企業からオファーが届きます。しかもそのオファーは面接確約。

大手転職サービスDODAを運営しているインテリジェンスが運営しているので、過去の豊富なデータに基づいているので安心ですし、自分と同じようなキャリアの人がどうだったかということを見ることもできます。

>>公式:MIIDAS(ミーダス)

リクルートエージェントのメリットは非公開求人の量とエージェントの質。エージェント会社としてもNo.1となっているだけあってかなりしっかりしています。

転職したいなら転職エージェントの利用は必須。

非公開求人の紹介はもちろんですが、転職に関する様々なサポートを受けることができるので合格率に大きな差がでてしまう為です。

>>公式:リクルートエージェント<<

ハタラクティブは他の転職エージェントと比べて未経験可の内定難易度が低い求人が揃っているというメリットがあります。

派遣からいきなり高い経験を求められるような企業に応募したところで内定には至りません、まずは正社員になることが大事であるということを考えた時、このサイトを使う意味は十分にあると思います。

>>公式:ハタラクティブ<<

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ