派遣と請負の違い、それぞれのメリット、デメリットは?

スポンサーリンク

派遣と請負の違い、それぞれのメリット、デメリットは?

派遣とよく混同されるものに、請負という形で働く方法があります。

派遣社員と請負社員では、働き方や雇用関係が異なる為、どちらで働くのがいいかは、それぞれ知っておくといいでしょう。

おすすめ;派遣社員として働いている人の為の転職サイト

派遣と請負の違い

では、まず派遣と請負の違いについて紹介していきます。

仕組み

派遣の場合、派遣元の会社が派遣先の会社に人材を派遣することになります。

一方で、請負の場合、請負先の会社が業務自体を発注し、請負元の会社と契約し、仕事を完成させます。

働き方

派遣にしろ、請負にしろ、雇用先と勤務先が違うという点は同じです。

ですから、勤務先で、その会社の正社員の人と同じ場所で働くことになります。

ただ、派遣社員の場合は、その会社の上司から指示や命令を受けることになります。

しかし、請負社員の場合、勤務先にはある一定の仕事を請け負っている為、勤務先の人が指示や命令することはできません。

できるのは、自分が雇用されている請負元会社のみになります。

雇用関係

派遣の場合、雇用関係は派遣元の会社と労働者間にあり、請負の場合は請負元の会社と労働者間にあることになります。

派遣の場合、派遣社員として働くことになるのが多いですが、

請負の場合、請負元の会社に正社員、もしくは契約社員として働く場合が多いです。

ただ、そもそも雇用関係が生じない場合もあります。

請負社員として、雇用されるのではなく、個人として仕事を請け負うという形をとる場合もあり、その場合には雇用関係は生まれません。

派遣社員、請負社員のメリット、デメリット

派遣社員、請負社員として働く場合にはそれぞれメリット、デメリットがあります。

派遣社員の場合、派遣元会社と雇用関係がある為、ある基準を満たせば社会保険に入ることができますし、仕事も派遣会社が持っている様々な仕事から自分の希望にあわせて選ぶことができます。

また、給料は働いた分だけ発生するので、働いたのにお金を貰えないということもありません。

しかし、逆を言えば、どれだけ成果を出しても、時給通りのお金しか貰うことができないということです。

請負元会社に契約社員として働いている場合は、一つの仕事を最初から最後までやることで、スキルを身につけやすいという面があります。

しかし、その仕事が終わると契約が終わり、また自分で次の仕事を探さなくてはいけないということになります。

請負社員として、請負元会社と雇用関係がない場合はさらに注意が必要です。

雇用関係はなく、あくまで仕事単位での契約となる為、最初の契約次第では、時給がかなり低くなる場合があります。

労働派遣法のように保護されるものも無いため、特に不利になってしまうことも多いです。

しかし、仕事が早く終わらせることができれば、少ない労力で派遣で働く以上にお金をもらうこともできます。

また請負社員として働くと、健康保険や年金といった社会保険にも自分で加入しなくてはなりません。

請負社員として働く場合は特に注意

請負社員は、法律で保護されていない為、不利なことも多く、

実態は派遣社員として働くにも関わらず、労働者にとって不利にできる業務請負とする偽装請負を行う場合もあります。

もちろん、一長一短がありますから、それぞれの働き方についてしっかり理解し、自分にあった働くようにします。

正社員に向けた取り組みとしてまずやらなくてはいけないのが転職サイト等への登録です。

転職サイトでおすすめなのが、MIIDAS(ミーダス)リクナビNEXT

MIIDAS(ミーダス)は簡単な登録をするだけで自分の市場価値(年収相場)を見ることができるとともに、自分が何をしなくても多くの企業からオファーが届きます。

しかもそのオファーは面接確約。書類選考が必要なくなります。

大手転職サービスDODAを運営しているパーソルキャリアが運営しているので、過去の豊富なデータに基づいているので安心ですし、自分と同じようなキャリアの人がどうだったかということを見ることもできます。

最初に登録しておけばあとは待っていれば良いので、とりあえず最初にさっと登録しておきたいサイトです。

公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

そしてメインで使っていきたいのが最大手で求人数が多く、サービスも充実しているリクナビNEXT

完全無料で利用でき、登録もメールアドレスのみで可能なので簡単に終わります。

見つけた求人に応募することはもちろん、スカウト機能に登録してオファーを待ってみるのもあり(意外にたくさん来ます)。

診断テストをやってみて自分の傾向を掴んでみるのも良いでしょう。

また転職エージェントもリクルートエージェントへの登録申請ができるとともに、連携して利用することができます。

公式サイト:リクナビNEXT

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ