派遣社員が仕事を辞めたいと思ったら?辞め方や今後のこと

スポンサーリンク

派遣社員が仕事を辞めたいと思ったら?辞め方や今後のこと

派遣社員として働き始めたばかりけれど、派遣の仕事を辞めたいと思ってしまうこともあるでしょう。

派遣社員だからという理由で辛い立場に置かれてしまうこともありますし、正社員としてその会社で働いている人にはわからない悩みも多いです。

では、契約期間内で辞める場合、どのように辞めればいいのでしょうか。

今回は派遣社員が仕事を辞めたいと思う理由、辞め方、そして辞めた後のことについて紹介していきます。

おすすめ:派遣社員として働いている人の為の転職サイト

派遣社員が仕事を辞めたいと思う理由

派遣社員だからこそ辛い思いをすることは本当に多いです。

人間関係が上手くいかない

企業に派遣されるわけですから、何もわからない、誰も知らない環境です。

できあがっている人間関係の中にゼロから飛び込んでいくわけですから本当に大変です。

派遣先の人が良い人であればいいのですが、そうでない場合には本当に大変です。

ひどい場合だと、派遣社員だということで馬鹿にしてきたり、嫌がらせをしてくる場合さえあるのです。

仕事量が多く、責任も重い。割りに合わない

派遣社員として働くメリットに、正社員に比べてそこまで責任が重くなく、仕事に対するストレスが軽いという点があります。

また、仕事量も少なく、残業も少ない為、私生活との両立ができるという点があります。

その代わりに、正社員に比べて給料は少なく安定していません。

しかし、派遣先によっては正社員同等の仕事を任せたり、責任の重い仕事を押し付けたりする場合もあります。

ただ、そういった場合でも給料が増えるなんてことは無く、これでは割りに合いませんし、派遣社員として働くメリットがなくなってしまいます。

正社員への転職が決まった

正社員として働きたいけれど派遣社員で働いている人も少なくなくありません。

そういった人の中で、派遣社員として働きながら正社員を目指して転職活動を続ける人も多いです。

転職活動を進めていく中で正社員に受かると、派遣社員を辞めざるを得なくなるでしょう。

社員の心無い言葉

「なんで派遣社員やってるの?」、「なんで正社員にならないの?」、「派遣社員だと給料少ないでしょ?」

平然とこういった言葉をかけてくるデリカシーのかけらもない人も中にはいます。

派遣社員として働きたくて働いている人もいますが、中には正社員になりたいけれど派遣社員として働かざるを得ない人もいます。

そういった人がいるかもしれない中でこういった言葉をかける神経がわかりませんが、現にいます。

こんなことを言われたらもうその会社にいたくなくなるのも仕方ありません。

ひどい労働環境

辞めたいと思う理由に派遣先の労働環境が著しく悪いことが原因であることがあります。

サービス残業が当たり前のようになっていたり、有給休暇が全然使えない環境であったりすると、派遣社員としてその会社に派遣された場合に同じ目にあってしまうことがあります。

派遣先を契約期間の途中で辞める場合の辞め方

一般的に派遣社員は3ヶ月更新であることが多いです。

派遣社員は最大3年まで働くことが可能ですが、3ヶ月更新を繰り返し続け、結果3年になります。

もし、辞めたいと思った時、契約更新時期が近いのであれば、更新をしないということを選べばいいです。

今回は更新時期まで待てずに契約期間の途中で辞める場合の辞め方を紹介します。

まずは派遣元に相談

辞めたいと思った時、何も連絡せずにいきなり行かなくなるのはもちろんNGです。

派遣先の会社だけではなく、派遣元の会社にも相談します。

また、派遣先の上司に辞めたいと伝えるのもNGです。

派遣社員として働いている場合、雇用関係は派遣元の会社とあります。

派遣先の会社とは雇用関係はありませんから、辞めたいと最初に伝えても意味はありません。

まずは派遣元の担当に相談しましょう。

辞めたいと思う理由が明確である場合、派遣先の会社がその対策を実施してくれる可能性があります。

また、どうしても辞めたいという場合でも、正当な理由であればまた次の派遣先を紹介してくれる際にスムーズに行きます。

実際に辞める場合には、必要な書類がありますし、また派遣先の会社にも礼儀として直接伝える必要があります。

そういったことは派遣元の指示に従えばいいです。

派遣元に伝えるのは最低でも2週間前、できれば1か月前

法律上、退職する場合には2週間には言う退職を申し出る必要があります。

ですから、最低でも2週間前は守らなくてはなりません。

ただ、基本的には1ヶ月前には退職することを伝えたほうが良いとされています。

というのも、契約途中の為、派遣元の会社は派遣先の会社に代わりの人間を派遣する必要がでてきます。

その為の準備が必要になるのです。

ただ、あまりにもひどい状況で2週間前に辞めたいのであればそれでもいいです。

たまに、就業規則は1か月前だからダメと言ってくる会社もあるみたいですが、守られるべきは法律であり、その就業規則は無効ですから気にする必要はありません。

派遣元の信用を落とさないように

派遣先の会社はあくまで、派遣元の会社と契約をしています。

そして、派遣社員であるあなたは派遣元の会社の代表として派遣されているわけです。

ですからあなたが、ひどい辞め方をすれば派遣元の信用が落ちるということに繋がってしまうのです。

ですから、たとえ登録制であっても一社会人として最低限の礼儀は守るようにしましょう。

辞めた後について

契約期間中に辞めたとしても、その理由が正当であれば何ら問題はありません。

確かに、契約期間をまっとうした上で辞めたほうがいいことはいいのですが、そうでなくても問題なく次の派遣先を紹介してくれることがほとんどです。

次の契約を更新しないことを早めに伝えたり、辞めることを1ヶ月前から伝えておけば、辞める前に次の派遣先も紹介してくれ、空白期間無く働くことも可能です。

ただ、絶対ではない為、辞める旨を伝える際に、次はどうしたいかをしっかり派遣元の会社に伝える必要があります。

しかし、退職まで余裕のない辞め方をしてしまったり、派遣元の会社に正当とは思われない理由で辞めてしまうと不利になってしまい、次の仕事を紹介されにくくなります。

辞めることは悪いことではない

辞め方は最低限のルールを守る必要がありますが、派遣社員を辞めることは何ら問題のあることではありません。

派遣社員のメリットは自由に働くことができる点です。

そのメリットのかわりに給料を低く抑えられているのです。

派遣先の会社は、すぐ辞めるというリスクを下げたいのであれば正社員を雇えばいいだけです。

派遣社員として働いているのであれば、そのメリットを最大限に生かした働き方をしましょう。

ただ、派遣で働く以上は不安定な働き方であるという自覚は必要。いつかは正社員と考えているならば、できるだけ早く行動することをおすすめします。

正社員に向けた取り組みとしてまずやらなくてはいけないのが転職サイトと転職エージェントへの登録です。

今はただでさえ人手不足の企業が多く過去にないくらい正社員になりやすいタイミングとなっていますから、できるだけ早く動くようにしてください。

転職サイトではリクナビNEXTMIIDAS(ミーダス)、転職エージェントではリクルートエージェントハタラクティブがおすすめです。

求人の量、質、スカウト機能の充実度、エージェント会社なら担当者の質といったものが他に比べて優れています。

リクナビNEXTは国内No.1の転職サイトであり、求人数はもちろん機能面での充実度が高いので転職を希望している人はまず登録しておくべきサイトです。

これから転職しようと思っているならまずは情報収集から。そうなると外すことはできない転職サイトでしょう。

>>公式:リクナビNEXT<<

MIIDAS(ミーダス)は簡単な登録をするだけで自分の市場価値(年収相場)を見ることができるとともに、自分が何をしなくても多くの企業からオファーが届きます。しかもそのオファーは面接確約。

大手転職サービスDODAを運営しているインテリジェンスが運営しているので、過去の豊富なデータに基づいているので安心ですし、自分と同じようなキャリアの人がどうだったかということを見ることもできます。

>>公式:MIIDAS(ミーダス)

リクルートエージェントのメリットは非公開求人の量とエージェントの質。エージェント会社としてもNo.1となっているだけあってかなりしっかりしています。

転職したいなら転職エージェントの利用は必須。

非公開求人の紹介はもちろんですが、転職に関する様々なサポートを受けることができるので合格率に大きな差がでてしまう為です。

>>公式:リクルートエージェント<<

ハタラクティブは他の転職エージェントと比べて未経験可の内定難易度が低い求人が揃っているというメリットがあります。

派遣からいきなり高い経験を求められるような企業に応募したところで内定には至りません、まずは正社員になることが大事であるということを考えた時、このサイトを使う意味は十分にあると思います。

>>公式:ハタラクティブ<<

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ