派遣社員の残業、断っていいの?サービス残業をさせられたら?

スポンサーリンク

派遣社員の残業、断っていいの?サービス残業をさせられたら?

派遣社員といえど、派遣先の会社が忙しいと残業することを命じられるなんてことはよくある話。

もちろん給料が増えるから働きたいという人もいますが、定時で帰りたいという人にとっては苦痛なだけ。

正社員に比べて労働時間が少ないという点に惹かれて働いているにも関わらず、残業があると派遣社員として働いている意味もなくなります。

では、派遣社員として働いている場合、残業を指示されたら断ることができるのでしょうか。

おすすめ:派遣社員として働いている人の為の転職サイト

派遣社員の残業規定

派遣社員として働いている場合の残業は、派遣元とどういう労働契約になっているかによります。

まず、派遣社員であれ、正社員であれ、法定労働時間(1日8時間、1週間40時間)を超えて労働することができません。

しかし、時間外労働協定、いわゆる36協定を結んでいる場合のみ、残業することは許されます。

参考:厚生労働省「労働時間・休日」

派遣社員の場合、雇用契約は派遣元の会社と結びますから、派遣元の会社で36協定が結ばれていれば残業することが可能、結ばれていないのであれば、そもそも不可能であるということになります。

また、36協定が結ばれている場合でも、就業条件明示書に残業についての記載がなければ残業することができません。

まとめると、残業するには、

  • 派遣元での36協定が締結されている
  • 就業条件明示書に記載されている

この2点が必要となるのです。

もし、この2点がないのであれば、残業しなくてもよいというより、残業してはいけないのです。

残業は断ってもいい?断ってはいけない?

では、もし上記2つのルールが守られていて、残業することはできるけれど、断りたいとなった場合にはどうでしょう。

実は、基本的には残業を断ることはできません。

正当な理由無く残業の指示を断ることは、業務命令違反とされ、懲戒解雇等の対象となります。

派遣社員の場合であれば、契約解除となっていまいます。

ただ、全ての場合において断ることができないのではなく、体調不良など正当な理由がある場合は可能です。

しかし、毎日断るなんてことはできませんから、指示されたら残業を引き受けることが基本になります。

サービス残業は絶対NG

もし、2つのルールが締結されていないにも関わらず、残業を強要してきたり、残業させているにも関わらず、残業していることになっていない、いわゆるサービス残業を強要されているのであれば、すぐにでも派遣元の担当者に相談しましょう。

会社に風土として、正社員のサービス残業が当たり前のようになっているところも数多くあります。

しかし、それに付き合う必要はありません。

周りが残業していると断りづらいし、派遣元に相談すると、働きにくくなるなどを考えてしまうかもしれませんが、そこは勇気をもって相談しましょう。

サービス残業は、正社員であってもしてはいけないもの。

とはいえ正社員の人は、まだ今後の昇格などがあるなど、多少は見返りがあるかもしれません。(そんんな会社いやですが)

しかし、派遣社員にとってサービス残業はなんの意味もない、ただただ損するもの。

場合によっては、派遣先を変えてもらうなどの対応もする必要があるでしょう。

残業についてのまとめ

まずは、36協定と就業条件明示書を確認し、自分が残業可能か不可能かを確認しましょう。

もし可能であれば、残業もする必要がでてきます。

しかし、サービス残業はもちろんNG。派遣元の会社に相談し、しっかり対応してもらいましょう。

正社員に向けて

派遣社員として働く以上は将来への不安はあると思います。いつまでもあがらない給料、いつ仕事がなくなるかもしれない恐怖をずっと持ち続けることになります。

だからこそ、とにかくできるだけ早く正社員になることを考えてください。

正社員に向けた取り組みとしてまずやらなくてはいけないのが転職サイトと転職エージェントへの登録です。

今はただでさえ人手不足の企業が多く過去にないくらい正社員になりやすいタイミングとなっていますから、できるだけ早く動くようにしてください。

転職サイトではリクナビNEXTMIIDAS(ミーダス)、転職エージェントではリクルートエージェントハタラクティブがおすすめです。

求人の量、質、スカウト機能の充実度、エージェント会社なら担当者の質といったものが他に比べて優れています。

リクナビNEXTは国内No.1の転職サイトであり、求人数はもちろん機能面での充実度が高いので転職を希望している人はまず登録しておくべきサイトです。

これから転職しようと思っているならまずは情報収集から。そうなると外すことはできない転職サイトでしょう。

>>公式:リクナビNEXT<<

MIIDAS(ミーダス)は簡単な登録をするだけで自分の市場価値(年収相場)を見ることができるとともに、自分が何をしなくても多くの企業からオファーが届きます。しかもそのオファーは面接確約。

大手転職サービスDODAを運営しているインテリジェンスが運営しているので、過去の豊富なデータに基づいているので安心ですし、自分と同じようなキャリアの人がどうだったかということを見ることもできます。

>>公式:MIIDAS(ミーダス)

リクルートエージェントのメリットは非公開求人の量とエージェントの質。エージェント会社としてもNo.1となっているだけあってかなりしっかりしています。

転職したいなら転職エージェントの利用は必須。

非公開求人の紹介はもちろんですが、転職に関する様々なサポートを受けることができるので合格率に大きな差がでてしまう為です。

>>公式:リクルートエージェント<<

ハタラクティブは他の転職エージェントと比べて未経験可の内定難易度が低い求人が揃っているというメリットがあります。

派遣からいきなり高い経験を求められるような企業に応募したところで内定には至りません、まずは正社員になることが大事であるということを考えた時、このサイトを使う意味は十分にあると思います。

>>公式:ハタラクティブ<<

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ