正社員になりたいのに諦めてしまいそうな人にが最後に見直すべきこと

スポンサーリンク

正社員になりたいのに諦めてしまいそうな人にが最後に見直すべきこと

正社員になりたいから転職活動したものの、どこからも内定を貰えなかった。そんな経験がある人は少なくないと思います。

有給求人倍率が約1.5倍と数十年ぶりの高い値になったとは言え、これはあくまで非正規社員も含めた値であり正社員に限定した正社員有効求人倍率は0.99倍となっています。

リーマンショック後には0.25倍という恐ろしい数字になっていたことを考えればかなり良いんですが、それでもまだ1倍を下回っている状態です。

実際、およそ300万人以上、非正規で働いている人のうち約15%以上の人は不本意に非正規雇用で働いているのが現状となっており、決して簡単に正社員になれるとは言い難い状態です。

では諦めるしかないのでしょうか。それではもう正社員になれるチャンスはやってきません。

正社員になりたいけどなれない、そんな時あなたならどうする?

転職活動を始めてみたものの、10社受けても内定が出ない、20社受けても内定が出ないとなってくると、徐々に正社員になれないのではないかと不安になってしまうのも当たり前のことです。

ただその時にどうするかが、さらにその先の未来がどうなるかを決めます。

あなたが持っている選択肢はたったの2つ。

  1. 正社員になることを諦め、派遣社員として働く
  2. まだ転職活動を続ける

まだ結果がでると確信があれば大変な転職活動も頑張れるかもしれませんが、これまでやってみて手ごたえを感じることができないと転職活動をすること自体が無駄な労力に思えてしまい、諦める方向に傾いてしまう気持ちは確かにわかります。

しかし諦めて辞めてしまえばそれまでです。

また次のチャンスがあるかもなんて思っても、時間がたったとしてもチャンスは来ません。

なぜなら今は世間的に著しく正社員になりやすい状態にあるからです。

先ほども述べましたが現在の正社員有効求人倍率は約1倍。これは過去20年で見ても特別高い数字であり、今以上のチャンスはないと思った方が良いです。

また非正規を続けて年齢が高くなっていくのもチャンスを失う原因になります。非正規での経験は正社員に転職する時にそこまで評価なんてしてもらえません

だからこそこれまで転職活動をやってみたけどだめだったという人も、絶対に諦めるべきではないんです。

正社員になることを諦める前にやるべきこと

自分は正社員になれない。そう決めつける前に、少なくとも以下のことはやってみて下さい。

もちろん成功確率は100%ではありません。それでもやらなくてはなりません。

1年以上転職活動を続ける

正社員になることを諦めようと思っている人はどれくらい転職活動を行い、何社受けたでしょうか。

少なくとも1年以上、100社以上は受けてからでないと諦めるべきではありません

転職活動における平均応募社数はだいたい20社程度ですが、それまで正社員として働いてこなかったという不利な点があることを考えれば、100社受けても足りないくらいです。

派遣社員だったから無理、年齢が高いから無理なんて変えようもないことに言い訳するのではなく、まずは数をこなしてください。

受かるかどうかは運や巡り合わせの部分もありますから、受ければ受けるほど採用される可能性は高まるのです。

目指す業界を変える

業界を変えてしまうというのも一つの手段です。

業界によってあまり人手不足にはなっていない業界もあれば、逆にひどく人手不足になっている業界もあって業界次第で正社員のなりやすさは大きく異なります。

また業界によって求めらている人材の傾向も違うので、色々な業界を受けてみると相性の良いところが見つかるかもしれません。

地域を変える

正社員へのなりやすさは地域によって全然違います

東京だと正社員有効求人倍率は1.2倍近くである一方で、沖縄は0.4倍程度。

もし今住んでいるところで働かなくてはならない理由がないのであれば、正社員になりやすい地域をターゲットにしてみると良いかもしれません。

こだわりを変える

仕事を選ぶ際にこだわりを持つことは大切です。どこでもいいから正社員になったとしても、長く続かなければ意味がありませんからね。

ただこだわりを持てば持つほどに選択肢は狭くなるとともに、転職が難しくなるということもよく理解しておかなければなりません。

100社受けても受からないなら自分が今こだわっていることを少し緩和してみる方向を変えてみる柔軟性を持って転職活動を進めましょう。

転職活動のやり方を変える

転職活動のやり方を変えてみるというのも一つの方法だと思います。

転職サイトで転職活動を行ってきた人はハローワークも利用してみる。逆もしかり。

転職エージェントを利用するのも一つの方法です。

以前のようにそこまで売り手市場となっていなかった時は、非正規社員が利用としても紹介できる求人がないと断られる場合も多かったんですが、今はそんなことも少なくなり、割と利用することができるようになってきました。

転職エージェントを利用できれば、転職に関する全般的なサポートを行ってくれるだけではなく、非正規社員からでも採用してもらえる可能性がある求人に絞って紹介して貰えるのでかなり成功率は高くなります。

実際30代後半でも転職エージェント経由で10社ほど受けて正社員になれたという人もいますしね。

おすすめ転職サイト、転職エージェント

正社員に向けた取り組みとしてまずやらなくてはいけないのが転職サイト等への登録です。

転職サイトでおすすめなのが、dodaMIIDAS(ミーダス)ハタラクティブ

dodaは最大手の転職サイトであり、転職エージェントサービスも利用できる転職サービス。

求人数が多くスカウト機能も充実、幅広い年齢層、職種を網羅しているまず使うべきサービスです。

転職エージェントサービスの評判も良く、非公開求人数は10万件以上。転職活動全般を無料でサポートしてくれるので、ぜひ使ってみることをお勧めします。

公式サイト:doda

MIIDAS(ミーダス)は簡単な登録をするだけで自分の市場価値(年収相場)を見ることができるとともに、自分が何をしなくても多くの企業からオファーが届きます。

しかもそのオファーは面接確約。書類選考が必要なくなります。

大手転職サービスdodaを運営しているパーソルキャリアが運営しているので、過去の豊富なデータに基づいているので安心ですし、自分と同じようなキャリアの人がどうだったかということを見ることもできます。

最初に登録しておけばあとは待っていれば良いので、とりあえず最初にさっと登録しておきたいサイトです。

公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

ハタラクティブは派遣社員や契約社員などの非正規社員はもちろん、フリーターや既卒など職歴がない人も利用可能な転職エージェント。

未経験業界への転職実績が多く、転職内定率も8割超えのかなり使える転職エージェントです。

求人も実際に確認した上で紹介してくれるのでブラック企業はほぼなく、求人票だけではわからない仕事環境についても教えて貰えます。

応募書類のチェックから面接対策など転職活動全般をサポートしている転職エージェントは就職・転職を成功させる為には是が非でも利用すべきものサービスです。

公式サイト:ハタラクティブ

 

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ