派遣社員の実態、仕事内容や給料、職場環境など

スポンサーリンク

派遣社員の実態、仕事内容や給料、職場環境など

派遣社員として働いていると、様々なことに不満を感じる人が多いのは事実です。

もちろん、良い職場、良い環境で働くことができている人もいますが、全員が良い状態で働くことができているわけではないのが実態です。

これから派遣社員で働こうと考えている人は、その実態について良く理解しておきましょう。

派遣社員の実態

今回は、派遣社員の実態として、仕事内容や職場環境、給料といった面に触れていきます。

派遣社員の仕事内容

派遣社員の場合、仕事内容が契約時点で決まっている場合がほとんどです。

しかし、実際は契約している内容とは違う仕事をさせられている場合も多々あります

中には最初に聞いていた仕事を全くさせて貰えず、やりたくない仕事をやらされているという場合もあります。

他にも正社員と全く同じ仕事をし、思い責任を負わせられているという場合なんかもあります。

派遣社員の場合、最初に決めた労働条件の範囲外の仕事をする必要はありません

もちろん、その場に応じて雑用等はしたほうが良いですが、あまりにも最初聞いていた仕事と違うのであれば断るべきです。

ただ、実際はそうであってもしぶしぶ仕事を続けているという人がほとんどです。

派遣社員の給料

派遣社員の給料は、未経験の仕事であれば時給1000円から1500円程度経験があれば1500円から2000円程度が相場になります。

時給は、地域や職種によって大きく変わります。

事務などできる人が多い仕事の時給は低く、逆にエンジニアなどの専門知識やスキルが必要となる仕事の場合には給料が高くなります。

年収で見ると、20代は正社員よりも高くなる場合がまれにありますが、30代、40代と年齢が高くなると正社員の方が年収は高くなり、その差がどんどん広がっていきます

基本的に、正社員に比べると派遣社員の給料は低くボーナスもありません。

派遣社員の平均年収はフルタイムで働いた場合は200万円から300万円程度となります。

仕事内容が正社員と全く同じなのに、給料が全然違うという不満を持つ人は多いです。

参考:派遣社員、契約社員の平均年収の実態、正社員とはこれだけ違う

派遣社員の職場環境

職場環境はほぼ派遣先の企業次第です。

運よく良い企業に巡り合えればいいですが、運悪く最悪な職場環境の会社に派遣されてしまうこともあります。

良い職場環境の例としては、派遣社員だからといって差別することはなかったり、飲み会参加への無理強いがない、パワハラ等がないといったことが挙げられますが当然そんな企業ばかりではありません。

派遣社員に対して平気で差別発言したり、給料が低いのに毎月の飲み会を強要し当然支払わせたり、なんて場合もあります。

派遣社員として長く働く場合、一つの職場では最大で3年しか働くことができないことから、複数の会社を経験することになるでしょう。

ですから、少なくとも一度はそういった企業にあたってしまう可能性があります。

もしも働いてみて不満があったら

仕事ですから、多少は不満があっても目をつむって働く必要があります。

ただ、あきらかに仕事内容が契約内容と全く違ったり、職場環境が悪すぎる場合には、放っておかずに派遣元の会社に相談するようにしてください

無理に働き続けて、精神的ストレスから体を壊してしまうことがないように注意しましょう。

ただ、正社員との格差はどうしてもあるのが実態です。

ですから、その点に不満を感じているならば、できるだけ早く正社員を目指した転職活動をはじめてみてください

正社員に向けた取り組みとしてまずやらなくてはいけないのが転職サイト等への登録です。

転職サイトでおすすめなのが、MIIDAS(ミーダス)リクナビNEXT

MIIDAS(ミーダス)は簡単な登録をするだけで自分の市場価値(年収相場)を見ることができるとともに、自分が何をしなくても多くの企業からオファーが届きます。

しかもそのオファーは面接確約。書類選考が必要なくなります。

大手転職サービスDODAを運営しているパーソルキャリアが運営しているので、過去の豊富なデータに基づいているので安心ですし、自分と同じようなキャリアの人がどうだったかということを見ることもできます。

最初に登録しておけばあとは待っていれば良いので、とりあえず最初にさっと登録しておきたいサイトです。

公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

そしてメインで使っていきたいのが最大手で求人数が多く、サービスも充実しているリクナビNEXT

完全無料で利用でき、登録もメールアドレスのみで可能なので簡単に終わります。

見つけた求人に応募することはもちろん、スカウト機能に登録してオファーを待ってみるのもあり(意外にたくさん来ます)。

診断テストをやってみて自分の傾向を掴んでみるのも良いでしょう。

また転職エージェントもリクルートエージェントへの登録申請ができるとともに、連携して利用することができます。

公式サイト:リクナビNEXT

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ