正社員の仕事が決まらない人の特徴。仕事選びに妥協は必要?

スポンサーリンク

正社員の仕事が決まらない人の特徴。仕事選びに妥協は必要?

正社員の仕事を探しているけど、なかなか決まらない。

そういった状況に陥ってしまい悩んでいませんか?

最初は転職活動頑張って正社員の仕事を見つけようと意気込んでいても、

何社も落ち続け、転職活動が長期化してしまうと、もう無理なんじゃないかと不安、焦りを感じたり、もういいやと諦めてしまったりする人も少なくはありません。

では、なぜ仕事が決まらないのでしょうか。

今回は、正社員の仕事が決まらない人の特徴や、仕事選びの際の妥協について紹介していきます。

おすすめ;派遣社員として働いている人の為の転職サイト

なぜ仕事が決まらない?

転職では、たとえ採用予定数に達していなくても能力が不十分である可能性を感じたら採用はしないことが多いですし、そもそも倍率が高いことが多いです。

その為、数社受けた程度では受からず、10社以上の会社を受ける人のほうが多いです。

派遣社員から正社員を目指して転職する場合、どうしても難易度はあがる為、もっと多くの会社を受けている人も多いでしょう。

しかし、中にはすぐに転職先を見つけることができる人もいます。

もちろん運の要素もありますが、それだけではなく、仕事が決まる人、決まらない人には違う部分があります。

仕事が決まらない人には以下の特徴を持っています。

準備が不十分

転職活動において、準備が不十分であると、せっかく受かるポテンシャルがあっても受かりません。

履歴書や面接の準備がしっかりできていますか?

志望動機、退職理由、転職理由、自己アピール。

それぞれ手を抜かずにしっかりと作り上げていますか?

転職で受かる為には、他の志望者よりも自分を採用したいと会社側に思わせなければなりません。

派遣社員であっても、正社員として他社で経験を積んできた人かもしれません。

嘘はだめですが、自分をより良く見せるすべを持たなくては受からないのです。

決して自己満足で終わらせず、転職エージェントといったものも最大限に利用しながら、しっかり準備しましょう。

反省、改善しない

転職活動は始めたばかりは慣れてなくて、何が正しくて何が間違っているかもわからないことが多いです。

しかし、たとえ落ちたとしても経験することでわかってくることもあります。

インターネットで調べれば、転職に向けて何をすればいいか書いています。

ただ、それだけでは不十分であり、自分の経験には勝りません。

ただ、その経験も反省し、次回に向けて改善しなければ何も意味はありません。

当たり前のことができていない

服装、社会人マナー、挨拶といったできて当然のことができていない場合も、実は多いです。

改めて自分の言動を振り返ってみてください。

転職では、できていて当然のことができていない時点で、能力以前の問題として落とされてしまうことも多いです。

特に派遣社員として働いている場合だと、社会人としての経験が不十分であると思われてしまうことも多々あります。

妥協できない

転職時の仕事選びでは妥協してはいけない。

そのように思っている人も多いのではないでしょうか。

妥協して選ぶと、転職したことを後悔してしまうことに繋がるということは良く言います。

確かに、現在の正社員の仕事を辞めて転職する場合には、前の仕事のほうが良かったと思うこともあるでしょう。

だた、すでに仕事を辞めてしまっている場合や派遣社員として働いている場合であれば、ある程度の妥協は必要になります。

高すぎる理想を持っていては、仕事が決まらないという状態が続いてしまいます。

妥協と言ってもなんでもいいから仕事に就けばいいというわけではありません。

自分の能力、経験や仕事選びをする際の優先順位を考えた上で、どこを妥協するか決めなくてはなりません。

妥協することを悪として捉えるのではなく、ある程度は上手く付き合っていくことが必要となるでしょう。

長期化してもあきらめない

転職活動を続けることは大変です。

会社を選び、履歴書を書き、面接を受ける。

肉体的、精神的にも疲労がたまります。

転職活動が長期化してしまうと、もう嫌だとあきらめてしまう人もいるでしょう。

もう派遣社員のままでいい、フリーターのままでいい。そう思ってしまい、転職活動を辞めてしまう人も少なくありません。

しかし、諦めてしまうと正社員になる可能性が途絶えます。

時には転職活動を休んでもいいですが、諦めて辞めてしまうことだけはやめましょう。

正社員に向けた取り組みとしてまずやらなくてはいけないのが転職サイトと転職エージェントへの登録です。

今はただでさえ人手不足の企業が多く過去にないくらい正社員になりやすいタイミングとなっていますから、できるだけ早く動くようにしてください。

転職サイトではリクナビNEXTMIIDAS(ミーダス)、転職エージェントではリクルートエージェントハタラクティブがおすすめです。

求人の量、質、スカウト機能の充実度、エージェント会社なら担当者の質といったものが他に比べて優れています。

リクナビNEXTは国内No.1の転職サイトであり、求人数はもちろん機能面での充実度が高いので転職を希望している人はまず登録しておくべきサイトです。

これから転職しようと思っているならまずは情報収集から。そうなると外すことはできない転職サイトでしょう。

>>公式:リクナビNEXT<<

MIIDAS(ミーダス)は簡単な登録をするだけで自分の市場価値(年収相場)を見ることができるとともに、自分が何をしなくても多くの企業からオファーが届きます。しかもそのオファーは面接確約。

大手転職サービスDODAを運営しているインテリジェンスが運営しているので、過去の豊富なデータに基づいているので安心ですし、自分と同じようなキャリアの人がどうだったかということを見ることもできます。

>>公式:MIIDAS(ミーダス)

リクルートエージェントのメリットは非公開求人の量とエージェントの質。エージェント会社としてもNo.1となっているだけあってかなりしっかりしています。

転職したいなら転職エージェントの利用は必須。

非公開求人の紹介はもちろんですが、転職に関する様々なサポートを受けることができるので合格率に大きな差がでてしまう為です。

>>公式:リクルートエージェント<<

ハタラクティブは他の転職エージェントと比べて未経験可の内定難易度が低い求人が揃っているというメリットがあります。

派遣からいきなり高い経験を求められるような企業に応募したところで内定には至りません、まずは正社員になることが大事であるということを考えた時、このサイトを使う意味は十分にあると思います。

>>公式:ハタラクティブ<<

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ