派遣社員や契約社員として働くことの何が問題?恥ずかしいことなの?

スポンサーリンク

派遣社員や契約社員として働くことの何が問題?恥ずかしいことなの?

よく、派遣社員や契約社員として働くことに問題があると捉えられることが多いです。

また、派遣社員や契約社員として働いている人やその家族は恥ずかしいと考えてしまう人もいます。

一つの働き方として、非常に多くの人が派遣社員や契約社員として働いる中で、このように感じてしまうのはなぜでしょうか。

派遣社員や契約社員として働くことの問題点

まずは、世間一般的に派遣社員や契約社員として働くことが問題と考えられる理由を紹介します。

有期雇用であること

派遣社員や契約社員として働くことで最も問題だと考えられるのは、有期雇用であることです。

無期雇用である正社員に比べると、雇用の安定性は劣るのは確かです。

正社員といっても、会社が倒産したり、リストラにある可能性は否定できません。

しかしながら、それは不明確な未来です。

一方、派遣社員や契約社員は、ほぼ確実に今の仕事を辞めなくてはいけない日が来るのです。

辞めた時、また新たな仕事が見つかるという保証はありません。

その結果、将来が不安、将来が心配と思い、問題視されることが多いです。

待遇が悪いこと

派遣社員や契約社員であっても、専門性を持ち高い給料を得ている人はいまし。

しかし、大半は低い給料でボーナスも無く働いています。

手取り20万円には満たないことも多く、一人で生活するのが精いっぱい、結婚なんてできないという人も多いです。

正社員の場合は年齢が高くなるにつれて給料はあがっていきますが、派遣社員として働いている場合は昇給もなく、格差がどんどん増えていきます。

任される仕事のレベルが低いこと

派遣社員や契約社員であっても、高い専門性を持ち、責任のある難しい仕事をしている人もいるでしょう。

しかし、大半は誰にでもできる雑用や簡単な仕事を与えられることが多く、本人の成長にも繋がらないという問題が挙げられます。

正社員として働く場合、経験を重ねるにつれスキルを身に着けていき、徐々に難易度の高い仕事、責任の重い仕事をするようになっていきます。

しかし、派遣社員や契約社員として働いていると有期雇用であるが故に長く働くことができない為、簡単な仕事しか与えることができないことが多々あります。

派遣社員や契約社員として働くのは恥ずかしいこと?

次に、派遣社員や契約社員として働いていることが恥ずかしいと感じてしまう理由を紹介していきます。

世間からのイメージは悪いのは事実

多くの人が派遣社員や契約社員として働くことに恥ずかしいと感じる原因が、世間からのイメージの悪さによるものです。

派遣社員や契約社員として働くのは上述したような問題があるということもあり、ニュース等でも非正規社員の割合が4割も!だとか、非正規社員としてして働いている人の苦悩といったものを放送している為、イメージの悪化を加速させています。

そういう世間の考え方がある中で、自分がその立場で働くことに恥ずかしさや劣等感を感じている人は多いでしょう。

正社員になれなかった人というイメージ

派遣社員や契約社員を働くことに対して、実際はメリットもあるものの、上述した問題点ばかりに着目されがちです。

その為、わざわざ派遣社員や契約社員として働く意味がないと捉える人も少なくありません。

その結果、派遣社員や契約社員として働いている人は、正社員として働くことができなかった人というイメージがついてしまっています。

自分の理想との違い

恥ずかしさの原因が、周囲からどう見られるかではなく、自分の理想との違いから感じている人も多いのではないでしょうか。

本当は正社員として働きたいと考えているけれど、働くことができていない。

やりたいことを実現できていない。

年収が低いといったことでも理想との違いから恥ずかしさを感じてしまっていることもあります。

働く形態は人それぞれ。

派遣社員や契約社員として働くことに上述した問題を取り上げられます。

しかし、これらの問題は必ずしも全員に当てはまるわけではないことを忘れてはいけません。

自分の希望とマッチしているか

派遣社員や契約社員の働き方が、自分の希望とマッチしていれば、それはそれで良いことです。

定時に帰りたい、転勤はできない、フルタイムでは働くことができない、数年後には自分で事業することを考えているなど、働く上での制約は人それぞれです。

ですから、正社員として働くことが正しくて派遣社員や契約社員として働くことには問題があるなんてことはありません。

ただ、正社員として働くことを望んでいるならば、現状に問題があると自分自身でしっかり捉える必要があります。

問題があるかないかは、自分自身が決めることですし、もし自分で決めたことならば恥ずかしいと思う必要のないことです。

明確な将来を見据えているか

現時点での希望は大切にしたいものですが、同時に将来についても明確に見据えているかということも大切なことです。

何か将来やりたいことがあって、その為に派遣社員や契約社員として働いているのであればいいです。

ただ、今はやることがわからないから、とりあえず非正規社員として働いているという状態であれば、正社員として働いた方が良いでしょう。

明確な将来を見据えた上で選択しているならば、今の働き方を大事にしてその将来に向かって進めばいいだけです。

あなたがすべきこと

もしもあなたが自分の希望とマッチしていない働き方をしているならば、粘り強くその働き方を目指して動き続けなければいけません。

もしもあなたが自分の希望とマッチした働き方をしているならば、周囲にどう思われようが気にせずに、その働き方を大切にすればいいです。

周囲にどう思われたからと言って、ニュースで問題だ問題だと騒がれたって、自分が納得できるものであればいいのです。

正社員に向けて

正社員に向けた取り組みとしてまずやらなくてはいけないのが転職サイトと転職エージェントへの登録です。

今はただでさえ人手不足の企業が多く過去にないくらい正社員になりやすいタイミングとなっていますから、できるだけ早く動くようにしてください。

転職サイトではリクナビNEXTMIIDAS(ミーダス) 、転職エージェントではリクルートエージェントハタラクティブがおすすめです。

求人の量、質、スカウト機能の充実度、エージェント会社なら担当者の質といったものが他に比べて優れています。

リクナビNEXTは国内No.1の転職サイトであり、求人数はもちろん機能面での充実度が高いので転職を希望している人はまず登録しておくべきサイトです。

これから転職しようと思っているならまずは情報収集から。そうなると外すことはできない転職サイトでしょう。

>>公式:リクナビNEXT<<

MIIDAS(ミーダス) は簡単な登録をするだけで自分の市場価値(年収相場)を見ることができるとともに、自分が何をしなくても多くの企業からオファーが届きます。しかもそのオファーは面接確約。

大手転職サービスDODAを運営しているインテリジェンスが運営しているので、過去の豊富なデータに基づいているので安心ですし、自分と同じようなキャリアの人がどうだったかということを見ることもできます。

>>公式:MIIDAS(ミーダス) <<

リクルートエージェントのメリットは非公開求人の量とエージェントの質。エージェント会社としてもNo.1となっているだけあってかなりしっかりしています。

転職したいなら転職エージェントの利用は必須。

非公開求人の紹介はもちろんですが、転職に関する様々なサポートを受けることができるので合格率に大きな差がでてしまう為です。

>>公式:リクルートエージェント<<

ハタラクティブは他の転職エージェントと比べて未経験可の内定難易度が低い求人が揃っているというメリットがあります。

派遣からいきなり高い経験を求められるような企業に応募したところで内定には至りません、まずは正社員になることが大事であるということを考えた時、このサイトを使う意味は十分にあると思います。

>>公式:ハタラクティブ<<

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ