正社員として働くことは辛い理由。どう受け入れるか。

スポンサーリンク

正社員として働くことは辛い理由。どう受け入れるか。

正社員として働くと辛いことばかり。

そう考えて、正社員ではなく派遣社員や契約社員を選ぶ人もいます。

では、どういった点が正社員は辛いのでしょうか。

おすすめ;派遣社員として働いている人の為の転職サイト

正社員として働くことが辛い理由

では、いくつか正社員が辛い理由を紹介します。

残業を断れない

正社員として働いていると、上司に残業を命じられると、基本的には断ることができません。

労使間で36協定を結んでいると、会社は従業員に残業を強制することができ、従業員は最もな理由がない限り、断ることはできません。

その結果、労働時間は長くなり、仕事以外の自分の時間が無くなってしまうことになります。

残業が多い、休日出勤が多いという理由から辛いと思っている人は多いでしょう。

責任が重い

正社員として働いていると、それなりに責任の重い仕事を任せられることがあります。

その結果、プレッシャーを感じたり、体調が多少悪くても会社に行かなかったりします。

失敗によって、上司に怒られることが怖い、周囲に責められるのが怖い思う人も少なくないでしょう。

仕事に慣れてきても、より責任の重い仕事を与えられるようになり、仕事のプレッシャーからはなかなか解放されません。

上司を選べない

正社員として働いていると、上司は基本的に選べません。

嫌な上司に当たってしまうと、ただ耐えるしかありません。

派遣社員であれば、契約延長しなければいいかもしれませんが、正社員で働いているとそうもいきません。

異動希望をだすという手はありますが、そう簡単に希望は通りません。

上司が変わるか、自分が変わるまで、下手したら数年は待たなければなりません。

転勤を断れない

支店が多い会社だったり、グローバル企業だと、転勤が断れないという面もあります。

中には家を買ったばかりなのに、転勤を命じられてしまう人もかなりいます。

基本的に、転勤は断ることができません。

元々の労働契約で転勤ありとなっているからです。

もし、最もな理由がなく断り続けると、解雇になることすらあるのです。

これもまた、正社員の辛さといえるでしょう。

人と比較される

正社員として働くと、どうしても人と比較されることは多くあります。

たとえ出世に興味がないとしても、周囲とは比較されるでしょう。

それが、ボーナス査定にも繋がります。

良い評価を得られればまだ良いですが、悪い評価になってしまうとモチベーションは下がってしまいます。

この辛さをどう受け入れるか

こう考えると、正社員で働くことは辛いように感じます。

まあ実際、辛いことは多いです。

だからと言って、派遣社員として働いてしまうと、今度は給料が上がらない、雇用が不安定といった面から、仕事自体ではないことで多大な辛さを感じることになります。

では、どう受け入れていけばいいのでしょうか。

私としては無理に受け入れる必要はないと思います。

それ以上に正社員として働く楽しさもまたあります。

そこに気づければ、多少辛いことも、自然と我慢できるようになります。

それでもどうしても受け入れられないだろうということには、あえて避けてみてもいいです。

例えば上記であげた内容で、どれかを避けることができることもあります。

転勤が嫌なら、転勤のない仕事を選べばいいし、残業が嫌なら、多少給料が下がっても残業が少ない会社で働けばいい。

全てを理想通りとはいきませんが、何かを犠牲にすれば、何かを得られます。

まずは正社員は辛いから嫌だと思うのではなく、正社員として働くメリットを考えてみましょう。

正社員に向けた取り組みとしてまずやらなくてはいけないのが転職サイトと転職エージェントへの登録です。

今はただでさえ人手不足の企業が多く過去にないくらい正社員になりやすいタイミングとなっていますから、できるだけ早く動くようにしてください。

転職サイトではリクナビNEXTMIIDAS(ミーダス) 、転職エージェントではリクルートエージェントハタラクティブがおすすめです。

求人の量、質、スカウト機能の充実度、エージェント会社なら担当者の質といったものが他に比べて優れています。

リクナビNEXTは国内No.1の転職サイトであり、求人数はもちろん機能面での充実度が高いので転職を希望している人はまず登録しておくべきサイトです。

これから転職しようと思っているならまずは情報収集から。そうなると外すことはできない転職サイトでしょう。

>>公式:リクナビNEXT<<

MIIDAS(ミーダス) は簡単な登録をするだけで自分の市場価値(年収相場)を見ることができるとともに、自分が何をしなくても多くの企業からオファーが届きます。しかもそのオファーは面接確約。

大手転職サービスDODAを運営しているインテリジェンスが運営しているので、過去の豊富なデータに基づいているので安心ですし、自分と同じようなキャリアの人がどうだったかということを見ることもできます。

>>公式:MIIDAS(ミーダス) <<

リクルートエージェントのメリットは非公開求人の量とエージェントの質。エージェント会社としてもNo.1となっているだけあってかなりしっかりしています。

転職したいなら転職エージェントの利用は必須。

非公開求人の紹介はもちろんですが、転職に関する様々なサポートを受けることができるので合格率に大きな差がでてしまう為です。

>>公式:リクルートエージェント<<

ハタラクティブは他の転職エージェントと比べて未経験可の内定難易度が低い求人が揃っているというメリットがあります。

派遣からいきなり高い経験を求められるような企業に応募したところで内定には至りません、まずは正社員になることが大事であるということを考えた時、このサイトを使う意味は十分にあると思います。

>>公式:ハタラクティブ<<

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ