派遣の仕事を紹介してもらえない、なかなか決まらない時の対処法とは

スポンサーリンク

派遣の仕事を紹介してもらえない、なかなか決まらない時の対処法とは

一時期に比べれば、派遣の仕事は非常に見つかりやすくなっているといえます。

リーマンショック後は本当にひどく、仕事がなくて大変な思いをした派遣社員はたくさんいました。

ただ最近では好景気の影響から、人手不足となる企業が多く、むしろ派遣社員が見つからずに困っている企業が多いです。

しかし、それでも仕事がなかなか決まらない人もいます。

そこで今回は、派遣の仕事を紹介してもらえない対処法を紹介していきます。

おすすめ;派遣社員として働いている人の為の転職サイト

派遣の仕事が決まらないのはなぜ?

登録すればとりあえず仕事はできるはず。そう考えていたのに全然仕事を紹介して貰えない。

その場合、どういった原因があるのでしょうか。

派遣会社に仕事がない

今は人手不足の企業が多く、仕事がないなんてことはないと思っているかもしれませんが、必ずしも仕事があるとは限りません。

地域や職種によっては、登録者の数に対し、仕事がないということもありますし、派遣会社によっても変わってきます。

仕事がなければ、仕事を紹介できないのも仕方がありません。

場合によっては年齢で弾かれてしまうこともあります。

希望条件が高すぎる

いくら仕事が豊富でも、希望条件が高すぎる人に対しては仕事を紹介することができません。

条件は、スキルや経験にマッチしたものでなければいけませんが、時に持っているスキルにそぐわない条件を希望してしまう人もいます。

派遣先会社もできる限り人件費は抑えたいですから、適した条件を希望しなければいけません。

派遣会社からの信用が低い

派遣会社からの信用が低い場合も、仕事を紹介されないことに繋がります。

例えば、派遣先の会社でトラブルを起こしたり、すぐに辞めた経験がある人は紹介しにくいです。

派遣社員のトラブルは、派遣会社の信用低下につながってしまいますから、当然であるといえます。

また、信用は実際に働いてトラブル等を起こした場合だけでなく、コミュニケーション力、身だしなみ等も見られます。

どうせ派遣だからと安易に考えてしまうと、仕事を紹介してもらえなくなってしまいます。

仕事を紹介して貰う為に必要なこと

できることなら、多くの仕事を紹介して貰えるようになり、その中から自分が働きたいと思える仕事を選びたいですよね。

その為には、以下のことに気を付けてください。

登録面談時の振る舞い

派遣会社への登録面談時の立ち振る舞いは、仕事を紹介してもらいやすくなるかどうかに直接つながります。

挨拶、言葉遣い、身だしなみはもちろんのこと、コミュニケーション力がないとは思われないようにしましょう。

希望条件に幅を持たせる

条件が高すぎたり、職種を限定しすぎると、仕事の選択肢が狭くなり、仕事をなかなか紹介してもらえません。

できる限り、幅を持たせるようすることが必要となります。

時には妥協も必要です。

だからと言って、曖昧にしすぎると、それはそれで紹介しにくくなってしまいますから、注意が必要です。

こちらからも連絡をする

なかなか派遣先から連絡がこない。そんな時にはこちらからも連絡をしてみるといいでしょう。

そうすることで、仕事のやる気があることを伝えることができ、優先的に仕事を紹介してくれることになります。

最低限のビジネスマナーを

仕事を紹介して貰ったけど、断ることもあるでしょうし、こちらから連絡することもあるでしょう。

その時には、ビジネスマナーには注意が必要です。

言葉遣い、お礼といったことはしっかりしましょう。

連絡はとりやすいようにしておく

派遣会社は連絡がとりにくい人を敬遠します。

もちろん、電話にでることができないタイミングもあると思いますが、その場合でも、留守電を設定しておいたり、必ず折り返すようにしたりすることが大切です。

また、メールは最低でも1日1回は見るように心がけましょう。

違う派遣会社を利用する

派遣会社は1社に固執する必要はありません。

もしなかなか仕事が決まらないならば、違う派遣会社に登録してみるのもいいでしょう。

派遣会社によっては仕事が豊富である場合もあるし、すでに信用が低くなってしまった場合は有効な手となります。

紹介されない理由は必ずある

もし、仕事を紹介されない、決まらないという状態が続いているのであれば、何かしらの理由があります。

まずはどこに問題があるのか、自分なりに考えてみてください。

もう一つ考えておきたいのは、派遣として働く限り、いつか仕事がなくなる可能性もあるということです。

リーマンショックの時のように、そもそも派遣会社がないという日がくることも大いにありえます。

その場合に備えて、正社員の仕事を探し続けるということも必要となります。

正社員に向けた取り組みとしてまずやらなくてはいけないのが転職サイトと転職エージェントへの登録です。

今はただでさえ人手不足の企業が多く過去にないくらい正社員になりやすいタイミングとなっていますから、できるだけ早く動くようにしてください。

転職サイトではリクナビNEXTMIIDAS(ミーダス) 、転職エージェントではリクルートエージェントハタラクティブがおすすめです。

求人の量、質、スカウト機能の充実度、エージェント会社なら担当者の質といったものが他に比べて優れています。

リクナビNEXTは国内No.1の転職サイトであり、求人数はもちろん機能面での充実度が高いので転職を希望している人はまず登録しておくべきサイトです。

これから転職しようと思っているならまずは情報収集から。そうなると外すことはできない転職サイトでしょう。

>>公式:リクナビNEXT<<

MIIDAS(ミーダス)は簡単な登録をするだけで自分の市場価値(年収相場)を見ることができるとともに、自分が何をしなくても多くの企業からオファーが届きます。しかもそのオファーは面接確約。

大手転職サービスDODAを運営しているインテリジェンスが運営しているので、過去の豊富なデータに基づいているので安心ですし、自分と同じようなキャリアの人がどうだったかということを見ることもできます。

>>公式:MIIDAS(ミーダス)

リクルートエージェントのメリットは非公開求人の量とエージェントの質。エージェント会社としてもNo.1となっているだけあってかなりしっかりしています。

転職したいなら転職エージェントの利用は必須。

非公開求人の紹介はもちろんですが、転職に関する様々なサポートを受けることができるので合格率に大きな差がでてしまう為です。

>>公式:リクルートエージェント<<

ハタラクティブは他の転職エージェントと比べて未経験可の内定難易度が低い求人が揃っているというメリットがあります。

派遣からいきなり高い経験を求められるような企業に応募したところで内定には至りません、まずは正社員になることが大事であるということを考えた時、このサイトを使う意味は十分にあると思います。

>>公式:ハタラクティブ<<

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ