サラリーマンの生涯年収、派遣社員や契約社員は段違いに低い!

スポンサーリンク

サラリーマンの生涯年収、派遣社員や契約社員は段違いに低い!

派遣社員や契約社員の給料は、正社員に比べて低いのは事実です。

まだ20代であれば、その差はそこまでありませんが、40代、50代となると、その非常に大きなものとなります。

今回は、正社員の場合の生涯年収と、派遣社員や契約社員として働いた場合の生涯年収について紹介していきます。

おすすめ;派遣社員として働いている人の為の転職サイト

サラリーマンの生涯年収

まずは、サラリーマン全体の平均生涯年収について紹介していきましょう。

サラリーマンの平均年収は以下の通りとなっています。

  • 20代前半:265万円
  • 20代後半:378万円
  • 30代前半:446万円
  • 30代後半:502万円
  • 40代前半:564万円
  • 40代後半:629万円
  • 50代前半:656万円
  • 50代後半:632万円

引用:国税庁「民間給与実態調査」

各年代の平均年収×5がその年代での総収入となります。

20歳から59歳まで働いたとすると、2億360万円となります。

退職金がある場合はここに加算されるわけですが、ひとまずは加算せずにしておきます。

派遣社員や契約社員の生涯年収

もし、派遣社員や契約社員としてずっと働いていく場合の生涯年収を紹介していきましょう。

派遣社員の平均月給は以下の通りになります。

  • 20代前半:17.3万円
  • 20代後半:19.2万円
  • 30代前半:20.1万円
  • 30代後半:20.5万円
  • 40代前半:20.2万円
  • 40代後半:20.4万円
  • 50代前半:20.2万円
  • 50代後半:20.7万円

引用:厚生労働省「賃金構造基本統計調査」

これを、年収に変えると、以下の通りになります。

  • 20代前半:208万円
  • 20代後半:230万円
  • 30代前半:241万円
  • 30代後半:246万円
  • 40代前半:242万円
  • 40代後半:245万円
  • 50代前半:242万円
  • 50代後半:248万円

これを先ほどと同様に計算してみると、

20歳から59歳までで、9510万円となります。

なんと、サラリーマンの平均から1億円以上低くなるのです。

正社員の場合は退職金があることが多いですが、派遣社員の場合、退職金はありません。

すなわち、これだけなのです。

年齢が高くなるほど差がつく

正社員と派遣社員や契約社員では年齢が高くなるほど年収に差が付き、その結果これだけの生涯年収の差が生まれます。

正社員であれば年齢とともに年収は高くなっていきますが、派遣社員の場合は昇給などもありませんから変わりません。

正社員に向けた取り組みとしてまずやらなくてはいけないのが転職サイト等への登録です。

転職サイトでおすすめなのが、MIIDAS(ミーダス)リクナビNEXT

MIIDAS(ミーダス)は簡単な登録をするだけで自分の市場価値(年収相場)を見ることができるとともに、自分が何をしなくても多くの企業からオファーが届きます。

しかもそのオファーは面接確約。書類選考が必要なくなります。

大手転職サービスDODAを運営しているパーソルキャリアが運営しているので、過去の豊富なデータに基づいているので安心ですし、自分と同じようなキャリアの人がどうだったかということを見ることもできます。

最初に登録しておけばあとは待っていれば良いので、とりあえず最初にさっと登録しておきたいサイトです。

公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

そしてメインで使っていきたいのが最大手で求人数が多く、サービスも充実しているリクナビNEXT

完全無料で利用でき、登録もメールアドレスのみで可能なので簡単に終わります。

見つけた求人に応募することはもちろん、スカウト機能に登録してオファーを待ってみるのもあり(意外にたくさん来ます)。

診断テストをやってみて自分の傾向を掴んでみるのも良いでしょう。

また転職エージェントもリクルートエージェントへの登録申請ができるとともに、連携して利用することができます。

公式サイト:リクナビNEXT

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ