派遣の仕事が楽しい、でも今のままで大丈夫?

スポンサーリンク

派遣の仕事が楽しい、でも今のままで大丈夫?

何事も仕事は楽しいほうがいいです。

派遣の仕事であっても、楽しくできるにこしたことはありません。

しかし、今の現状で満足してしまっていいのでしょうか。

おすすめ;派遣社員として働いている人の為の転職サイト

派遣の仕事が楽しいことは大きなリスクになることも

嫌々会社に行くよりも、仕事が楽しいと感じ、毎日充実して過ごすことは非常に良いことです。

しかし、派遣社員の場合は、それが大きなリスクともなりえます。

楽しいからと仕事を続けているといつの間にか転職できない年齢に

派遣の仕事が楽しいと、いつかは正社員になりたいと考えていても、ついつい転職活動することを先延ばしになってしまいます。

その状態が続いてしまうと、いつの間にか転職できない年齢になってしまうこともあり得ます。

正社員になりたいと思っているならば、若い方が有利であり、年齢が高くなるnつれてどんどん不利になっていきます。

油断していると、時間はあっという間にすぎ、手遅れになってしまうこともあるのです。

楽しい仕事は続かない

派遣の仕事が楽しい、今の職場は最高だ。

そう思っていても、派遣社員は同じ職場で最大でも3年しか働くことができません。

3年後には、違う職場に変わらなければなりません。

同じ仕事ができるとは限らないし、職場の雰囲気が良いとも限りません。

決していつまでも楽しいと思える状態は続かないのです。

年齢が高くなるといづらい

派遣社員として働いている場合、年齢が高くなると辛くなってきます。

紹介される仕事も年齢が高くなるにつれて徐々に少なくなってきて、、選択肢が少なくなってしまいますし、

職場でも、年齢が高い人へのあたりは厳しくなります。

また、年収は同年代の正社員との差がどんどん開いていきます。

そんな状況で楽しいと思うにはなかなか厳しいものがあります。

そもそも仕事がなくなる可能性も

派遣の仕事が楽しいと思えたとしても、いつまでも仕事があるとは限りません。

今でこそ景気が良く、企業も仕事が増えている為、派遣として働く機会も多くあります。

しかし、いつまでもこの状態は続きません。

いつか不景気になり、仕事が少なくなり、選択肢がなくなったり、そもそも仕事に就くことすらできない状態になることも考えられます。

もちろん、正社員であっても会社が倒産したり、リストラされることもあります。

しかし、まず着られるのは派遣社員ですし、正社員として働いていれば、その経歴によって転職することも派遣社員に比べれば楽です。

将来どうなりたいかを考える

派遣社員として働くのは、正社員で働くよりも楽しいと思えることが多いかもしれません。

就職するには難しすぎる大企業で働くことができ、規模の大きい仕事に関わることができたり、

正社員がサポートしてくれて、精神的ストレスが少なかったり、

一つの会社で働き続けない為、様々な仕事、会社を経験することができたり。

派遣社員として働くメリットも大きいのは事実です。

しかし働く時には、今だけのことだけではなく、将来についてもしっかり考えてみてください。

今は楽しくても、5年後、10年後には辛いことに変わっていて、なおかつ抜け出せない状況に置かれてしまうこともあるのです。

その時にはきっと、なぜもっと昔に行動しなかたんだろうと後悔してしまうことになるでしょう。

もちろん、派遣として働くことが悪いわけではありません。

しっかり考えて、派遣として働くことを選んでいるならば、それは良いことです。

ただ、現状が楽しいからと甘んじることだけは避けるようにしましょう。

正社員に向けた取り組みとしてまずやらなくてはいけないのが転職サイト等への登録です。

転職サイトでおすすめなのが、MIIDAS(ミーダス)リクナビNEXT

MIIDAS(ミーダス)は簡単な登録をするだけで自分の市場価値(年収相場)を見ることができるとともに、自分が何をしなくても多くの企業からオファーが届きます。

しかもそのオファーは面接確約。書類選考が必要なくなります。

大手転職サービスDODAを運営しているパーソルキャリアが運営しているので、過去の豊富なデータに基づいているので安心ですし、自分と同じようなキャリアの人がどうだったかということを見ることもできます。

最初に登録しておけばあとは待っていれば良いので、とりあえず最初にさっと登録しておきたいサイトです。

公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

そしてメインで使っていきたいのが最大手で求人数が多く、サービスも充実しているリクナビNEXT

完全無料で利用でき、登録もメールアドレスのみで可能なので簡単に終わります。

見つけた求人に応募することはもちろん、スカウト機能に登録してオファーを待ってみるのもあり(意外にたくさん来ます)。

診断テストをやってみて自分の傾向を掴んでみるのも良いでしょう。

また転職エージェントもリクルートエージェントへの登録申請ができるとともに、連携して利用することができます。

公式サイト:リクナビNEXT

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ