派遣って底辺なの?派遣が底辺だと思われてしまう4つの理由

スポンサーリンク

派遣って底辺なの?派遣が底辺だと思われてしまう4つの理由

派遣社員なんて底辺がつく仕事だ。

どうしてもそういうイメージを持っている人はいます。

では、なぜそういうイメージがついているのでしょうか。

おすすめ:派遣社員として働いている人の為の転職サイト

派遣が底辺だと思われてしまっている理由

派遣社員が底辺と思われてしまう理由にはいくつかあります。

年収が低い

派遣社員は基本的に年収が正社員に比べると低いです。

男性に限定すると正社員の平均年収は532万円。

一方で、男性派遣社員の平均年収は222万円となっており、大きな差があります。

参考:派遣社員、契約社員の平均年収の実態、正社員とはこれだけ違う

年収は、数字として明確にでるので非常に比較しやすい指標である為、この年収の差が底辺だと思われてしまう理由に挙げられます。

確かに、派遣社員の給料だと自分一人で暮らすので精一杯であり、結婚すらできないという状態になってしまっている人も少なくありません。

仕事が楽

派遣社員のイメージとして、仕事が楽であるという面があります。

確かに正社員に比べると責任は軽かったり、求められるスキルもそれほど高くないということが多いです。

その為、派遣社員は簡単な仕事しかできない人だというイメージがついてしまいます。

派遣の種類によっては非常に難易度の高い仕事を与えられる場合もありますが、多くの人がイメージする派遣の仕事は簡単な仕事です。

その為、派遣社員は簡単な仕事しかできない人だというイメージがついてしまいます。

正社員になれなかった人

正社員になりたかったけれどなれなかった為、しぶしぶ派遣社員として働いている人も多くいます。

やはり正社員になることは、派遣社員になることに比べて遥かにハードルは高いのは確かです。

中には、派遣社員の働き方を好んで行っている人もいるでしょう。

ただ、正社員として働いている人にとっては、なかなか受け入れがたくなってしまうのが現状で、単になれなかったんだと思われてしまいます

簡単に無職になってしまう

派遣社員である限り、やはり正社員に比べると無職になる可能性が高いです。

3年たったから辞めざるを得ず、次の仕事ををしようにもなかなか仕事を紹介されないということになった時、無職になってしまいます。

もちろん大企業の正社員であってもいつ潰れるかはわかりませんが、確率で考えたらやはり派遣社員の安定はかなり低いほうだといえます。

人間は見下したがる

人はいつも人間を見下したがります。

ですから、派遣社員という自分より年収が低い、仕事があまりできないという人間をターゲットにして、底辺だと見下すのです。

そんなことを言ってくる人にいちいち気にする必要がありません。

特に目的があって派遣社員という働き方を選ぶんだのであれば、誰かに何を言われても気にする必要はありません。

正社員になりたいのであれば、何社落ちようが、粘り強く転職をおこなっていきましょう。

正社員に向けた取り組みとしてまずやらなくてはいけないのが転職サイト等への登録です。

転職サイトでおすすめなのが、MIIDAS(ミーダス)リクナビNEXT

MIIDAS(ミーダス)は簡単な登録をするだけで自分の市場価値(年収相場)を見ることができるとともに、自分が何をしなくても多くの企業からオファーが届きます。

しかもそのオファーは面接確約。書類選考が必要なくなります。

大手転職サービスDODAを運営しているパーソルキャリアが運営しているので、過去の豊富なデータに基づいているので安心ですし、自分と同じようなキャリアの人がどうだったかということを見ることもできます。

最初に登録しておけばあとは待っていれば良いので、とりあえず最初にさっと登録しておきたいサイトです。

公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

そしてメインで使っていきたいのが最大手で求人数が多く、サービスも充実しているリクナビNEXT

完全無料で利用でき、登録もメールアドレスのみで可能なので簡単に終わります。

見つけた求人に応募することはもちろん、スカウト機能に登録してオファーを待ってみるのもあり(意外にたくさん来ます)。

診断テストをやってみて自分の傾向を掴んでみるのも良いでしょう。

また転職エージェントもリクルートエージェントへの登録申請ができるとともに、連携して利用することができます。

公式サイト:リクナビNEXT

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ