正社員と、派遣社員や契約社員の決定的な違い。非正規から抜け出せない理由とは

スポンサーリンク

正社員と、派遣社員や契約社員の決定的な違い。非正規から抜け出せない理由とは

一度非正規社員になってしまうと、非正規から抜け出すことは難しいということを頻繁に耳にします。

正社員を目指して転職活動を行う場合、ライバルとなる応募者は、前職が正社員だった人もいれば、派遣社員や契約社員といった人もいます。

そういう中で、どうしても前職が派遣社員や契約社員といった非正規社員の場合、評価が低くなってしまう為、前職が正社員の人ばかりが受かるということになります。

その結果、非正規社員はなかなか正社員になることができず、非正規雇用から抜け出せなくなってしまうのです。

では、なぜ人事は正社員に比べ、派遣社員や契約社員で働いていたことの評価を下げてしまうのでしょうか。

おすすめ;派遣社員として働いている人の為の転職サイト

派遣社員や契約社員の評価を下げられる理由

派遣社員や契約社員だって立派な仕事、正社員に比べて評価を下げられるなんてことに納得いかない人も多いかもしれません。

しかし、実際には下げられてしまうことが多々あるのが現実です。

その理由は以下のようなイメージを持たれてしまうことが理由としてあげられます。

仕事の経験が不十分で、スキルがない

派遣社員の仕事は、正社員に比べると責任は軽く、簡単な仕事であることが多いです。

かつ派遣社員は、長くても3年、契約社員だと長くても5年しか同じ職場で働くことができません。

その結果、仕事の経験は少なく、正社員に比べてスキルがないというイメージを持たれてしまっています。

また、正社員ほど教育制度も充実していない為、スキルは身につかないということもあります。

辞め癖がついている

派遣社員や契約社員は、有期雇用であり、仕事を辞めたければ契約を延長しなければいいだけです。

有期雇用者である非正規雇用者のメリットの一つです

ただ、これがあるがゆえに、仕事はすぐ辞めればいいと思っているのではないかと思われてしまいます。

また、本当は契約を延長しなかった理由が派遣先の都合によるものであっても、履歴書上ではころころ仕事が変わっているように見られてしまうこともあります。

正社員を雇う場合、長期的に働いてくれるか、ストレス耐性が強いかというのは評価する際の重要な要素です。

この部分でマイナスイメージを持たれてしまいます。

考え方が甘い

仕事に対する考え方、将来に関する考え方が甘いと思われてしまうのも、評価を下げられてしまうことの原因の一つです。

なぜ派遣社員や契約社員として働いていたのか、考え方が甘いんではないか。

たとえ正当な理由があっても、そう思われてしまうことはあります。

仕事に対しても、責任ない仕事をしてきた結果、仕事に対する厳しさがないとも思われてしまいます。

正社員になれなかった人

派遣社員や契約社員は、過去に就職活動をしても正社員になれなかった人というイメージを持たれてしまうこともあります。

そうなると、何らかの問題があるのではないか、他社の人事がそれを見抜いた結果受からなかったのだろうと思われてしまいます。

転職活動で正社員に勝つには

派遣社員や契約社員で働いていたって、責任の重い仕事をした経験もあって、正社員以上に仕事ができる人なんてたくさんいます。

辞め癖なんてないし、仕事に対して厳しく考えている人がたくさんいます。

しかし、採用試験で人事は一人ひとりについて、これまでの経歴を無視で見極めることはせず、一般的な意見を参考にしてしまいます。

あなたがどんな人物であれ、まずは派遣社員や契約社員の全体像からイメージされてしまいます。

上記であげた内容は、人によって全く事実ではないこともたくさんあります。

それでも、最初からそいうイメージを持たれてしまう結果、転職活動がうまくいかないのです。

その中で、転職活動を上手くやるにはどうすればいいのでしょうか。

まずは、上記のイメージを覆さなくてはなりません。

書類選考、面接において、そのイメージを覆し、人事にこの人を採用したいと思わせる必要があります。

もし、なかなか正社員へ転職できないと悩んでいたら、このことを意識するようにしてみてください。

正社員に向けた取り組みとしてまずやらなくてはいけないのが転職サイトと転職エージェントへの登録です。

今はただでさえ人手不足の企業が多く過去にないくらい正社員になりやすいタイミングとなっていますから、できるだけ早く動くようにしてください。

転職サイトではリクナビNEXTMIIDAS(ミーダス) 、転職エージェントではリクルートエージェントハタラクティブがおすすめです。

求人の量、質、スカウト機能の充実度、エージェント会社なら担当者の質といったものが他に比べて優れています。

リクナビNEXTは国内No.1の転職サイトであり、求人数はもちろん機能面での充実度が高いので転職を希望している人はまず登録しておくべきサイトです。

これから転職しようと思っているならまずは情報収集から。そうなると外すことはできない転職サイトでしょう。

>>公式:リクナビNEXT<<

MIIDAS(ミーダス) は簡単な登録をするだけで自分の市場価値(年収相場)を見ることができるとともに、自分が何をしなくても多くの企業からオファーが届きます。しかもそのオファーは面接確約。

大手転職サービスDODAを運営しているインテリジェンスが運営しているので、過去の豊富なデータに基づいているので安心ですし、自分と同じようなキャリアの人がどうだったかということを見ることもできます。

>>公式:MIIDAS(ミーダス) <<

リクルートエージェントのメリットは非公開求人の量とエージェントの質。エージェント会社としてもNo.1となっているだけあってかなりしっかりしています。

転職したいなら転職エージェントの利用は必須。

非公開求人の紹介はもちろんですが、転職に関する様々なサポートを受けることができるので合格率に大きな差がでてしまう為です。

>>公式:リクルートエージェント<<

ハタラクティブは他の転職エージェントと比べて未経験可の内定難易度が低い求人が揃っているというメリットがあります。

派遣からいきなり高い経験を求められるような企業に応募したところで内定には至りません、まずは正社員になることが大事であるということを考えた時、このサイトを使う意味は十分にあると思います。

>>公式:ハタラクティブ<<

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ