40代で派遣社員の実態。もう正社員になることはできないのか。

スポンサーリンク

40代で派遣社員の実態。もう正社員になることはできないのか。

非正規労働者の割合が増えている中、40代で派遣社員として働いている人も少なくありません。

ただ、その実態は厳しいのが現実です。

今回は、40代派遣社員の実態や正社員になることについて紹介します。

40代派遣社員の実態

40代の派遣社員として働いている人は少なくありません。

20代から派遣社員として働いている人もいれば、倒産やリストラによって派遣社員として働かざるを得なかった人もいます。

派遣先を選べなくなってくる

若い頃は、少し条件を厳しくしても派遣先は見つかったが、年齢が高くなるに連れて選択肢が狭くなってしまったと感じている人は多いようです。

どうしても、若い人のほうが覚えが早い、扱いやすいといった点から企業も若い人を好み、年齢が高い人を敬遠してしまいがちです。

派遣法上では、年齢に制限することが禁止されていますが、実態は年齢によって制限されているように感じます。

若いころに比べて年収が下がった

正社員であれば、年齢が高くなるにつれて年収が増えていきますが、派遣社員の場合には若いころよりも低くなってしまうことが多いです。

上記で述べたように、選択肢がせまくなってしまうのがその原因です。

中には、専門知識を重宝されて高い時給で働くことができる人もいますが、それはほんの一握りです。

ちなみに、正社員の40代前半の年収が564万円、40代後半の年収が629万円であるのに対し、

非正規雇用者の年収は40代前半で242万円、40代後半で245万円程度となっています。

結婚できない

40代で派遣社員、男性の人で、独身の人は非常に多いです。

結婚できない理由として挙げているのが、

  • 給料が低くて家族を養えない
  • 世間体が悪く結婚できない

といった2点が主な理由となっています。

将来への大きな不安

40代で派遣社員として働いている人の中で、将来に大きな不安を抱えている人が非常に多いです。

老後が見えてきたが、貯金も少なく、退職金もない働き方に、老後どう暮らしていけばいいのかと大きな不安を抱えています。

40代派遣社員が正社員になることはできるか

40代で派遣社員として働いている人の中で、何とか正社員になりたいと考えている人もいるでしょう。

中には、転職活動したけど全然受からず、あきらめてしまっている人も多いかもしれません。

かなり厳しいのは事実

40代で派遣社員から正社員になろうと考えた場合、厳しいのは間違いありません。

40代では正社員からの転職ですら難しく、派遣社員からとなるとなおさらです。

中には100社受けても受からなかったという人もいます。

書類選考に全く受からないなんてことも多いでしょう。

企業側は、どうしても若い人材をほしがります。

今後長く働ける、覚えが早い、扱いやすいといった理由です。

また、40代で派遣社員として働いている人に対し、不信感を覚える人も少なくありません。

職は選ばない

40代で正社員を目指す場合、これまでの職歴やプライドといったものを捨てる必要があります。

40代であっても、正社員として雇用してもらえる可能性がある業界はありますから、そういった業界を重点的に受けることが必要です。

特に、建築業界や介護業界、IT業界、運送業界などは、人手不足が顕著な為、他に比べると受かる可能性はまだ高いです。

若いころであれば、職にこだわってもいいでしょう。

しかし40代でそれでは通用しないのです。

とにかく受け続ける

受かりやすい業界であっても、落ち続けることは覚悟しなくてはいけません。

多くの人が数十社受けて諦めてしまいます。

しかし、諦めた時点で正社員の道は途絶えてしまいます。

何があってもとにかく受け続けてください。

先が見えなくても受け続けてください。

転職活動をやり続けることで見えてくるものもあります。

正社員に向けた取り組みとしてまずやらなくてはいけないのが転職サイトと転職エージェントへの登録です。

今はただでさえ人手不足の企業が多く過去にないくらい正社員になりやすいタイミングとなっていますから、できるだけ早く動くようにしてください。

転職サイトではリクナビNEXTMIIDAS(ミーダス) 、転職エージェントではリクルートエージェントハタラクティブがおすすめです。

求人の量、質、スカウト機能の充実度、エージェント会社なら担当者の質といったものが他に比べて優れています。

リクナビNEXTは国内No.1の転職サイトであり、求人数はもちろん機能面での充実度が高いので転職を希望している人はまず登録しておくべきサイトです。

これから転職しようと思っているならまずは情報収集から。そうなると外すことはできない転職サイトでしょう。

>>公式:リクナビNEXT<<

MIIDAS(ミーダス) は簡単な登録をするだけで自分の市場価値(年収相場)を見ることができるとともに、自分が何をしなくても多くの企業からオファーが届きます。しかもそのオファーは面接確約。

大手転職サービスDODAを運営しているインテリジェンスが運営しているので、過去の豊富なデータに基づいているので安心ですし、自分と同じようなキャリアの人がどうだったかということを見ることもできます。

>>公式:MIIDAS(ミーダス) <<

リクルートエージェントのメリットは非公開求人の量とエージェントの質。エージェント会社としてもNo.1となっているだけあってかなりしっかりしています。

転職したいなら転職エージェントの利用は必須。

非公開求人の紹介はもちろんですが、転職に関する様々なサポートを受けることができるので合格率に大きな差がでてしまう為です。

>>公式:リクルートエージェント<<

ハタラクティブは他の転職エージェントと比べて未経験可の内定難易度が低い求人が揃っているというメリットがあります。

派遣からいきなり高い経験を求められるような企業に応募したところで内定には至りません、まずは正社員になることが大事であるということを考えた時、このサイトを使う意味は十分にあると思います。

>>公式:ハタラクティブ<<

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ