派遣社員の給料、正社員より高いこともあるって本当?

スポンサーリンク

派遣社員の給料、正社員より高いこともあるって本当?

派遣社員として働く理由の一つに、正社員として働くよりも給料が多いからと理由をあげる人がいます

実際のところはどうなんでしょうか。

おすすめ:派遣社員として働いている人の為の転職サイト

 派遣社員の給料はどれくらい?

派遣として働く場合、給料はどれくらいになるのでしょうか。

派遣社員の1ヶ月の給料

登録型派遣の場合、基本的には時給制。働けば働いた分だけ給料が貰えます。

時給は職種や経験の有無によってもかなり違い1000円~2500円程度となっています。

IT系の職種は時給が高く平均時給は2000円を超えており、工場での作業は低めの傾向があり。平均時給は1200円程度となっています。

では、2000円の場合を考えてみましょう。

一般的な労働時間である1日8時間、月20日勤務とした場合にが1ヶ月の給料が32万円となります。

これって割と高い給料ですよね。残業があれば給料はもっと高くなります。

大卒の初任給は平均で20万円ほどだし、30万円に届くまではそれなりに長く務めなくてはならないことが多いです。

時給が1500円だとしても24万円ですから、正社員でもそれより少ない人はたくさんいます。

しかし、安易にこれだけで考えてはいけません。

休日の多い月に注意

1ヶ月の間に休みが少なければいいですが、休みが多い月だと給料は一気に下がってしまいます。

あくまで時給制なので、休日が多いと労働時間は減り、給料は下がってしまいます。

1月の正月休み、5月のGW、8月のお盆休み。

例えば稼働日数が17日になると、時給2000円の場合は27万2千円、時給1500円の場合は20万4千円となります。

正社員の場合、月の休みが多かろうが少なかろうが、毎月の基本給は変わりません。

派遣社員の応募時に月給○○円と書いている場合のほとんどは、労働日数が22日と最大である場合が多く、毎月その額を貰えるわけではないということに注意しなくてはいけません。

派遣社員の給料が正社員の給料が高いのは少しの間だけ

上記で紹介したように、場合によっては正社員よりも派遣社員のほうが給料が高いことはあります。

しかし、それは少しの間だけなのです。

昇給がないからいつかは逆転

派遣社員には昇給がありません。しかし正社員には昇給があります。

派遣社員が30万円を貰い続けている一方、正社員は20万⇒30万⇒40万と昇給していく可能性があります。

年齢が高ければ高いほど、その差は顕著となっていきます。

ボーナスによる違い

派遣社員にはボーナスがありません。一方正社員にはボーナスがあることが多いです。

もし給料20万、ボーナスが年間3ヶ月分だとした場合には年収が300万円となります。

一方時給1500円の派遣で、年間休日数が120日の場合には294万円となります。

実は毎月の給料が派遣社員のほうが高くても年収で考えると正社員のほうが高いのです。

手当てによる違い

正社員の場合、基本給や残業手当以外にも住宅手当や扶養手当などがあります。

派遣社員にはそういったものが無いため、基本給以外の面で大きく差がつくこともあります。

退職金の有無

正社員の場合、退職金があることが多いです。でないところもありますが。

派遣社員はもちろんありません。

まだ先の話かもしれませんが、生涯年収として考えた場合には差がつく要因となります。

目先の給料で決めてはいけない

給料が派遣社員のほうがいいから派遣という働き方を選ぶ。

それで本当にいいですか?

確かに、一瞬はそうかもしれません。

しかし、その考え方で派遣という道を選ぶと将来後悔することに繋がります。

給料を考えるのであれば、正社員として働くほうが絶対にいいです。

もちろん、中には正社員で働きたくても働けない人も多いでしょう。

しかし、あきらめずに正社員を目指して転職活動を行かなければ正社員になることはできません。

もし正社員になりたいのであれば、あきらめずに正社員を目指していきましょう。

正社員に向けた取り組みとしてまずやらなくてはいけないのが転職サイトと転職エージェントへの登録です。

今はただでさえ人手不足の企業が多く過去にないくらい正社員になりやすいタイミングとなっていますから、できるだけ早く動くようにしてください。

転職サイトではリクナビNEXTMIIDAS(ミーダス)、転職エージェントではリクルートエージェントハタラクティブがおすすめです。

求人の量、質、スカウト機能の充実度、エージェント会社なら担当者の質といったものが他に比べて優れています。

リクナビNEXTは国内No.1の転職サイトであり、求人数はもちろん機能面での充実度が高いので転職を希望している人はまず登録しておくべきサイトです。

これから転職しようと思っているならまずは情報収集から。そうなると外すことはできない転職サイトでしょう。

>>公式:リクナビNEXT<<

MIIDAS(ミーダス)は簡単な登録をするだけで自分の市場価値(年収相場)を見ることができるとともに、自分が何をしなくても多くの企業からオファーが届きます。しかもそのオファーは面接確約。

大手転職サービスDODAを運営しているインテリジェンスが運営しているので、過去の豊富なデータに基づいているので安心ですし、自分と同じようなキャリアの人がどうだったかということを見ることもできます。

>>公式:MIIDAS(ミーダス)

リクルートエージェントのメリットは非公開求人の量とエージェントの質。エージェント会社としてもNo.1となっているだけあってかなりしっかりしています。

転職したいなら転職エージェントの利用は必須。

非公開求人の紹介はもちろんですが、転職に関する様々なサポートを受けることができるので合格率に大きな差がでてしまう為です。

>>公式:リクルートエージェント<<

ハタラクティブは他の転職エージェントと比べて未経験可の内定難易度が低い求人が揃っているというメリットがあります。

派遣からいきなり高い経験を求められるような企業に応募したところで内定には至りません、まずは正社員になることが大事であるということを考えた時、このサイトを使う意味は十分にあると思います。

>>公式:ハタラクティブ<<

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ