派遣社員を辞める理由、後腐れなく辞めるには?

スポンサーリンク

派遣社員を辞める理由、後腐れなく辞めるには?

遣社員の場合、同じ職場で働くことができる最長期間である3年間働き、辞めることのがすんなり辞めることができる方法であると言えます。

しかし、様々な理由で契約途中で辞めなければならなかったり、契約更新を断ることもあるでしょう。

では、どうすれば後腐れなく辞めることができるでしょうか。

今回は派遣社員が辞める理由を紹介していきます。

おすすめ;派遣社員として働いている人の為の転職サイト

派遣社員を辞める正直な理由

派遣社員を辞める理由は人それぞれ。

前向きな理由から辞めたいと考える人もいれば、後ろ向きな理由から辞めたいと考える人もいます。

前向きな理由には、

  • やりたいことが見つかった
  • 正社員の仕事が見つかった
  • 転職活動に集中する

といったものがあるでしょう。

後ろ向きな理由には、

  • 仕事がおもしろくない
  • 人間関係が上手くいかない
  • 給料が低い
  • 労働環境が悪い

といったものがあります。

前向きな理由であれば、会社にも言いやすいですが、後ろ向きな理由だと、そのままは言いにくいもの。

無駄ないざこざを避け、スムーズに辞める為には、どのような辞める理由がいいのでしょうか。

派遣社員を辞める時の会社に言う理由

正社員の場合、スムーズに辞める為にもあまり後ろ向きな理由を言わずに、自身のステップアップの為だなどの前向きな理由にしたほうがいいです。

例えば、給料が低い、労働時間が長いと言った不満を辞める理由として言ってしまうと、言う相手はこれからもその会社で働き続ける人ですから、不快感を与えてしまうのは確かです。

ただ、派遣社員の場合、正社員と違って有期雇用であり、また直接雇用でもありません。

辞めることを伝えるのも、派遣先の会社では無く、派遣元の会社です。

正社員と同じように考える必要はありません。

派遣社員を辞める場合、タイミングとして以下の2つがあります。

  • 契約満了時に更新しない
  • 契約中に辞める

それぞれの場合で、区別する必要があります。

契約満了時に更新しない場合

契約満了時に更新しない場合でも、多くの場合は更新するのが当然のように扱われます。

ただ、更新するか、更新しないかは自由なので、本音の理由を言っても問題ありません。

言う相手も、働いている上司ではなく、派遣元の会社ですから、正社員の時のようにわずらわしさを感じる必要もありません。

もし、その後もその派遣会社で仕事を欲しいなら、むしろ正直に言うことで、次に派遣される会社を選ぶ際に、その希望を考慮してくれるという場合もあります。

中には契約更新しないことに対して不満を表す派遣会社もありますが、あくまで雇用期間として、一定期間設けている以上は文句は言えません。

もし3年働いてほしいのであれば、契約期間を3年にすればいいだけなのに、3ヶ月という短い期間にしているのは派遣会社なのですから。

派遣元の会社に辞める理由を伝えた後に、派遣先の会社からも理由を聞かれる場合もあります。

やりたい仕事があるといった前向きな転職理由がいいですが、そこまで神経質になる必要はなく、正直な理由を話してもいいです。

派遣先の上司とは雇用条件も、全然違います。

給料が低いといっても、その上司が不快感を感じることはありません。

契約期間中に辞める場合

契約期間中に辞める場合には、注意が必要です。

契約期間中に辞めることは、派遣元、派遣先の会社双方に迷惑をかける行為です。

もし辞める理由が、パワハラやサービス残業といった、働く上での問題の場合には、派遣元の会社に正直に伝えて構いません。

また健康面、家族の介護といった理由でも問題ないでしょう。

ただ、仕事がつまらない、おもしろくないといった、すぐに辞める理由としては弱い場合いは、そのまま伝えるのはNGです。

それくらいならせめて契約期間は続けてほしいと思われます。

また、正社員への転職の為に辞める場合にも注意は必要です、

基本的に、派遣社員のように期間を定めた労働契約は、やむを得ない事情が無い限り辞めることができません。

その為、問題なく辞める方法として、契約期間満了までは働くか、やむを得ない事情を話すかです。

やむを得ない事情というのは、自分、家族の病気といったものです。

ただ、そのようなウソをつくのが嫌だという人もいるでしょう。

その場合、思い切って正直に正社員が決まったということを言ってみても多くの場合は、理解を示してくれます。

できれば契約満了時に辞めたほうがいい

もし、本当にやむを得ない事情や、派遣先の会社でサービス残業といって行為がない限りは契約満了までは働いたほうが、辞める時はスムーズに辞めることができます。

契約期間が3ヶ月程度であれば、できるだけ頑張ってみたほうがいいでしょう。

正社員に向けた取り組み

正社員に向けた取り組みとしてまずやらなくてはいけないのが転職サイトと転職エージェントへの登録です。

転職サイトでまずおすすめなのがMIIDAS

登録が非常に簡単で質問事項に答えていくだけ。しかもその質問に答えるとあなたの想定年収を推定してくれます。

このサイトの最大のメリットは自分で積極的に動かなくても企業側から面接確約のオファーを貰えるという点。

他の転職サイトのように出ている求人から自分に応募するわけではなく、企業からアクションをとって貰う形になるので、ミスマッチによる無駄な応募が減り、転職活動の手間は格段に減るでしょう。

最初にとりあえず登録しておけば他の転職サイト、転職エージェントを利用しながら、良いオファーが来たら応募するという形でもOK。

手間は全くかからないのに有益性があることを考えたら、絶対に登録しておきたいサイトとなっています。

ちなみに大手企業もそこそこあります。今までどんな企業があるか気になる方は公式HPを見てみてください。

公式HP:MIIDAS

他には転職サイトならリクナビNEXT、転職エージェントならリクルートエージェントハタラクティブがおすすめです。

求人の量、質、スカウト機能の充実度、エージェント会社なら担当者の質といったものが他に比べて優れています。

リクナビNEXTは国内No.1の転職サイトであり、求人数はもちろん機能面での充実度が高いので転職を希望している人はまず登録しておくべきサイトです。

公式HP:リクナビNEXT

リクルートエージェントのメリットは非公開求人の量とエージェントの質。エージェント会社としてもNo.1となっているだけあってかなりしっかりしています。

非公開求人の紹介はもちろんですが、転職に関する様々なサポートを受けることができるので合格率に大きな差がでてしまう為です。

公式HP:リクルートエージェント

ハタラクティブは他の転職エージェントと比べて未経験可の内定難易度が低い求人が揃っているというメリットがあります。

派遣からいきなり高い経験を求められるような企業に応募したところで内定には至りません、まずは正社員になることが大事であるということを考えた時、このサイトを使う意味は十分にあると思います。

公式HP:ハタラクティブ

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ