派遣社員の定義は?正社員、契約社員との違い

スポンサーリンク

派遣社員の定義は?正社員、契約社員との違い

派遣社員の定義をご存知ですか?

雇用形態には様々な形があります。

派遣社員以外に、正社員、契約社員、パート、アルバイトなど。

特に、派遣社員と契約社員は混同しがちです。

今回、派遣社員の定義について紹介していきます。

おすすめ;派遣社員として働いている人の為の転職サイト

派遣社員とは?

派遣社員とは、いわゆる非正規雇用の一つえあり、その名の通り、派遣されて働く社員のことを指します。

人材派遣会社は、人手不足などを理由に他の企業から人材を派遣するように依頼にされます。

そして、その人材派遣会社に登録しとこよている人材をその企業に派遣します。

その人材こそが派遣社員です。

派遣社員は、雇用関係を人材派遣会社と結びます。

ですから、給料、有給休暇、社会保険、福利厚生といったものも、派遣先の会社ではなく、人材派遣会社との労働契約によって決まります。

ただし、仕事上で指揮命令を行うのは派遣先の会社になります。

労働者派遣法第2条では、労働者派遣を以下のように定義しています。

自己の雇用する労働者を、当該雇用関係の下に、かつ、他人の指揮命令を受けて、当該他人のために労働に従事させることをいい、当該他人に対し当該労働者を当該他人に雇用させることを約してするものを含まないものとする。

自己(人材派遣概査)の雇用する労働者を、雇用関係はそのままで、他人(派遣先の会社)の為に、従事させることとなっています。

正規社員と非正規社員

派遣社員の定義の中で、非正規社員という言葉がでてきました。

働き方の分け方に正規社員と非正規社員があります。

正規社員とは

正規社員とは、雇用関係を実際に働いている会社と直接結んでいる社員であり、かつ雇用期間の定めが無い社員を指します。

いわゆる正社員のことです。

会社によっては、社員の中には将来的に管理職になることを期待されている総合職や、総合職を補助する業務をすることが多い一般職、現場作業に従事する現業職などがありますが、これらは全て正規社員です。

非正規社員とは

非正規社員とは、上記で紹介した非正規社員のことを指します。

すなわち、正社員以外の派遣社員、契約社員は非正規社員となります。

派遣社員は、実際に働いている企業と直接雇用関係を結んでませんし、契約期間もある有期雇用です。

契約社員は、派遣社員と違い、働いている企業と直接雇用関係を結びます。しかし、正社員と違い有期雇用である為、非正規社員となります。

正社員、派遣社員、契約社員の違いのまとめ

では、正社員、派遣社員、契約社員のそれぞれの違いをまとめておきましょう。

正社員とは

正社員とは、企業と直接雇用関係を結んだ、無期雇用である社員です。

派遣社員とは

派遣社員とは、働いている企業とは直接雇用の関係がない、有期雇用である社員です。

契約社員とは

契約社員とは、働いている企業と直接雇用の関係があるが、有期雇用である社員です。

働き方は自由に選ぶべき

それぞれの働き方には、メリットもデメリットもあります。

正社員が良くて、派遣社員はだめだなんてことはあrませんから、自分が望んでいる働き方を選ぶべきです。

しかし、正社員の求人倍率が低く、正社員で働きたくても働くことができずに派遣社員として働いているという人が多いのも現実としてあります。

ただ、その社会を嘆き、社会を批判したところで変わりません。

もし、自分の望んでいない働き方をしているのであれば、そこを抜け出す為にはどうすればいいかを考え行動していきましょう。

正社員に向けた取り組みとしてまずやらなくてはいけないのが転職サイト等への登録です。

転職サイトでおすすめなのが、MIIDAS(ミーダス)リクナビNEXT

MIIDAS(ミーダス)は簡単な登録をするだけで自分の市場価値(年収相場)を見ることができるとともに、自分が何をしなくても多くの企業からオファーが届きます。

しかもそのオファーは面接確約。書類選考が必要なくなります。

大手転職サービスDODAを運営しているパーソルキャリアが運営しているので、過去の豊富なデータに基づいているので安心ですし、自分と同じようなキャリアの人がどうだったかということを見ることもできます。

最初に登録しておけばあとは待っていれば良いので、とりあえず最初にさっと登録しておきたいサイトです。

公式サイト:MIIDAS(ミーダス)

そしてメインで使っていきたいのが最大手で求人数が多く、サービスも充実しているリクナビNEXT

完全無料で利用でき、登録もメールアドレスのみで可能なので簡単に終わります。

見つけた求人に応募することはもちろん、スカウト機能に登録してオファーを待ってみるのもあり(意外にたくさん来ます)。

診断テストをやってみて自分の傾向を掴んでみるのも良いでしょう。

また転職エージェントもリクルートエージェントへの登録申請ができるとともに、連携して利用することができます。

公式サイト:リクナビNEXT

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ